四字熟語「夫唱婦随(ふしょうふずい)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「夫唱婦随(ふしょうふずい)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「夫唱婦随」の意味をスッキリ理解!

夫唱婦随(ふしょうふずい):夫が言い出し、妻がそれに従うこと。また、夫婦の仲が良いこと

「夫唱婦随」の意味を詳しく

「夫唱」の「唱」という漢字は、あることを言い出すという意味です。また、「婦随」の「随」という漢字は、「従う」「寄り添う」という意味があります。

つまり、夫唱婦随とは「夫が考えを主張し、妻がそれに従うこと」という意味です。

また、「夫の考えに妻が従うと、夫婦関係がうまくいく」という考え方から、「夫婦の仲が良いこと」という意味ももちます。

ちなみに、「夫倡婦随」とも表記します。

スポンサードリンク

「夫唱婦随」の使い方

  1. 女性の社会進出が一般的になった今、夫唱婦随は時代に沿わないという意見もある。
  2. 隣の家のご夫婦は、夫唱婦随でとても微笑ましい。

①では「夫が言い出し、妻がそれに従うこと」という意味で使用しています。男女平等が進む現代では、むしろ「夫」と「婦」を反対にして、「婦唱夫随」という表記の仕方も主張されます。

②では「夫婦の仲が良いこと」という意味で使用しています。

「夫唱婦随」の由来

夫唱婦随の出典は、古代中国の思想書『関尹子(かんいんし)』の「三極(さんきょく)」です。

同書には、「天下の理は、夫は倡え(となえ)、婦は随う(したがう)」という一文があります。これは、「夫が言い出し、妻がそれに従う」という意味です。この一文から、夫唱婦随という四字熟語がうまれました。

スポンサードリンク

「夫唱婦随」の類義語

夫唱婦随には以下のような類義語があります。

  • 陽唱陰和(ようしょういんわ):夫が言い出し、妻がそれに従うこと。また、夫婦仲が良いこと
  • 夫婦円満(ふうふえんまん):夫婦の仲が良く、争いごとがないさま
  • 嫁鶏随鶏(かけいずいけい):妻が夫に従うこと
  • 関関雎鳩(かんかんしょきゅう):夫婦の仲が良いこと
  • 鴛鴦之契(えんおうのちぎり):夫婦の絆がとても堅いこと
  • 連理之枝(れんりのえだ):男女、特に夫婦の仲が良いこと
  • 偕老同穴(かいろうどうけつ):夫婦の契り(ちぎり)が堅いこと。夫婦が添い遂げること

上記に挙げた類義語の中には、動物の名前が入っているものが多くあります。夫婦の関係を表す時に、動物の名前を使うのです。

まず、「嫁鶏随鶏」の「嫁鶏」は、雌のニワトリのことです。雌のニワトリが、雄のニワトリに従うさまから、妻が夫に従うという意味をもちます。

次に、「関関雎鳩」の「関関」は、鳥が仲良く鳴き交わす声を表します。また、「雎鳩」はミズドリの名前で、ミサゴともいいます。つがいのミサゴが仲良く鳴き交わしていることから、夫婦の仲が良いという意味をもちます。

そして、「鴛鴦之契」の「鴛鴦」は、雄と雌のおしどりのことです。雌と雄がいつも一緒にいる鳥ということから、夫婦の仲が良いことのたとえとされています。

 

「連理之枝」は、もとは別の根から生えていた二本の枝が、繋がって一つになった枝のことです。このことから、夫婦の仲が良いことを表します。

「偕老同穴」の「偕老」は、一緒に年を取るという意味です。また、「同穴」は同じ墓に入るという意味です。

「夫唱婦随」の英語訳

夫唱婦随を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • the wife to follow the husband’s lead
    (妻は夫に従う)

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「夫唱婦随」について解説しました。

読み方 夫唱婦随(ふしょうふずい)
意味 夫が言い出し、妻がそれに従うこと。また、夫婦の仲が良いこと
由来 『関尹子(かんいんし)』「三極(さんきょく)」
類義語 陽唱陰和、夫婦円満、連理之枝など
英語訳 the wife to follow the husband’s lead(妻は夫に従う)

類義語でも挙げた通り、夫婦の関係を表す四字熟語は、夫唱婦随のほかにも多くあります。

夫婦の関係を一つの言葉で断定することはできませんが、その時々に合った四字熟語を使えるとよいですね。

スポンサードリンク