故事成語「偕老同穴」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「偕老同穴(かいろうどうけつ)」です。

なかなかなじみのない言葉ですが、今でも使われている故事成語です。

今のうちに、きちんと使い方を把握しておきましょう!

意味や由来、使い方、類義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「偕老同穴」の意味をスッキリ理解!

偕老同穴:夫婦の信頼関係が非常にかたいこと

「偕老同穴」の意味を詳しく

「偕老同穴」とは、生きている間は共に暮らして年をとり、死んだあとは同じ墓に入るという意味の言葉です。

そこから、「夫婦の仲が良い」「夫婦の信頼関係が厚い」などの意味に発展していきました。

1文字目の「偕」という漢字は「共に」という意味です。そのため前半の「偕老」が「共に暮らして一緒に年を取っていく」という意味になります。

また「同穴」の「穴」というのはお墓のことを指しています。そのため後半部分が「同じ墓に入る」という意味になるのです。

スポンサードリンク

「偕老同穴」の使い方

  1. 思い出の場所で、偕老同穴の契りを結ぶ。
  2. 彼は、死んだ妻との偕老同穴を全うした。
  3. 偕老の契りを結ぼう。

「偕老同穴」という言葉は、➊のように「偕老同穴の契りを結ぶ」という形で使われることがとても多いです。

また、➌のように「偕老」の部分だけを用いることも多くあります。意味は「偕老同穴」とほとんど同じです。

ただし、「同穴」のみを使うことはほとんどないので注意しましょう。

「偕老同穴」の由来

「偕老同穴」のもとになったのは「詩経(しきょう)」という中国最古の詩編です。

その詩篇の中に出てくる「執子之手、與子偕老」と「穀則異室、死則同穴」という表現から生まれました。

「執子之手、與子偕老」は書き下し文にすると「子の手を執りて、子と偕(とも)に老いん」となります。

また、「穀則異室、死則同穴」は書き下し分にすると「穀(い)きては則ち室を異にするも、死すれば則ち穴を同じくす」となります。

ここの「偕老」と「同穴」の部分から取ってこの故事成語ができました。

スポンサードリンク

「偕老同穴」の類義語

  • 鴛鴦之契(えのうのちぎり):夫婦の仲が非常に硬いこと。
  • 関雎之化(かんしょのか):夫婦の関係がとてもよく、家庭顔が穏やかであること。
  • 琴瑟調和(きんしつちょうわ):夫婦の仲がよいこと。

「偕老同穴」の英語訳

「偕老同穴」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • “pledge to live faithfully together till death” (偕老同穴を契る)

また、インターネットなどで調べると “a Venus flower basket” という表現も出てきますが、こちらは「海綿動物の一種」の方の意味になってしまうので気を付けましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「偕老同穴」について解説しました。

読み方 偕老同穴(かいろうどうけつ)
意味 夫婦の仲がとても良いこと
由来 中国の詩編の表現から
類義語 鴛鴦之契、関雎之化、琴瑟調和
英語訳 pledge to live faithfully together till death(偕老同穴を契る)

この「偕老同穴」という言葉は、夫婦の仲の良さを表す言葉として、現在でも結婚式のスピーチなどで使われることのある言葉です。しっかりと理解しておきましょう!

スポンサードリンク