ことわざ「海老で鯛を釣る」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「海老(えび)で鯛(たい)を釣る」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「海老で鯛を釣る」の意味をスッキリ理解!

海老(えび)で鯛(たい)を釣る:少しの労力・品物・元手で、多くの収益を得ること

「海老で鯛を釣る」の意味を詳しく

「海老で鯛を釣る」は、少しの労力・品物・元手で、多くの収益を得ることを意味することわざです。「海老」は、「少しの労力・品物・元手」のたとえです。また、「鯛」は「価値あるもの・多くの収益」のたとえです。

同じ意味で、「海老で鯛」「海老鯛」「雑魚(ざこ)で鯛釣る」と表現することもできます。

このことわざにおける「海老」は、「伊勢海老」のような高価な食材ではなく、釣りのエサで使う小さな海老です。「海老」を高価なものと解釈し、「海老で鯛を釣る」を「多くの収益のためには、相応の労力・品物が必要」という意味で使用するのは誤りです。

ちなみに、「海老」は「蝦(えび)」と表記することもできます。「海老」は、海底を歩くタイプのエビ、「蝦」は、海中を泳ぐタイプのエビを意味します。

スポンサードリンク

「海老で鯛を釣る」の使い方

  1. 商品を買った人に対し、総額10万円の懸賞を実施したところ、売り上げが500万円のびた。海老で鯛を釣ったような気持ちになった。
  2. 気まぐれで宝くじを1枚買ったら、思いがけず当選した。まさに、海老で鯛を釣ることに成功した。
  3. 私のことが好きな男の子に、100円のチョコをあげた。すると、ホワイトデーに、彼は1万円相当のアクセサリーを買ってくれた。これが海老で鯛を釣るということか。

「海老で鯛を釣る」は、例文のように「思いがけず、大きく得をした場面」で用いられます。

「海老で鯛を釣る」の由来

「海老で鯛を釣る」の由来は、小さくて安い海老をエサにして高級魚の鯛を釣りあげることです。

この様子が、「少しの労力・品物・元手で、多くの収益・収穫を得ること」に重ねられ、ことわざになりました。

ちなみに、実際の釣りでも、鯛のエサとして海老を使うことがあります。

スポンサードリンク

「海老で鯛を釣る」の類義語

「海老で鯛を釣る」には以下のような類義語があります。

  • 麦飯で鯛を釣る:「海老で鯛を釣る」と同義
  • 瓜を投じて玉を得る:「海老で鯛を釣る」と同義
  • 蝦蛄(しゃこ)で鯛を釣る:「海老で鯛を釣る」と同義
  • 鼻糞(はなくそ)で鯛を釣る:価値のないもので、大きな利益を得ること
  • 濡れ手で粟(あわ):容易に大きな利益を得ること
  • 一攫千金(いっかくせんきん):一度に、大きな利益を得ること
  • 一粒万倍(いちりゅうまんばい):ほんのわずかなものが、大きく成長すること

「一粒万倍」は、一粒の種が稲穂となり、万倍もの米になることを表すことわざです。

「海老で鯛を釣る」の対義語

「海老で鯛を釣る」には以下のような対義語があります。

  • 牛刀(ぎゅうとう)をもって鶏を割(さ)く:小さな作業に、必要以上に大きな手間をかけること
  • 労多くして功少なし:非常に苦労したものの、得たものは少ないということ
  • 大山鳴動(たいざんめいどう)して鼠(ねずみ)一匹:事前の騒ぎは大きかったものの、結果は小さいこと
スポンサードリンク

「海老で鯛を釣る」の英語訳

「海老で鯛を釣る」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Throw a sprat to catch a whale.
    (小さなニシンを投げてクジラを捕る。)
  • Venture a small fish to catch a great one.
    (大きな魚を捕まえるため、小さな魚を賭けよ。)

“sprat” は、ニシン類の魚という意味です。

まとめ

以上、この記事では「海老で鯛を釣る」について解説しました。

読み方 海老(えび)で鯛(たい)を釣る
意味 少しの労力・品物・元手で、多くの収益を得ること
由来 小さくて安い海老をエサにして高級魚の鯛を釣りあげること
類義語 麦飯で鯛を釣る、瓜を投じて玉を得る、蝦蛄で鯛を釣るなど
対義語 牛刀をもって鶏を割く、労多くして功少なし、大山鳴動して鼠一匹など
英語訳 Venture a small fish to catch a great one.(大きな魚を捕まえるため、小さな魚を賭けよ。)

「海老で鯛を釣る」は、「狙って利益を出した」というよりは、「予想以上に利益が出た」場合に使用します。意味としては、「棚から牡丹餅」に近いかもしれません。

非常に認知度が高いことわざなので、日常生活の中で自然に使えるように、覚えておきましょう。

スポンサードリンク