「重複(ちょうふく)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「重複(ちょうふく)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「重複」の意味をスッキリ理解!

重複(ちょうふく):同じ物事が二重に重なること

「重複」の意味を詳しく

「重複」とは、同じ物事が二重に重なることです。「ちょうふく」とも「じゅうふく」とも読みます。くだけた表現では、「かぶる」と言い換えることができます。

「重」という字には「かさねる」という意味があります。

また、「複」という字にも「かさねる」「かさなる」という意味があります。

同じ意味の重ね合わせにより、「かさなる」という意味になります。

「重複」の使い方

  1. 同じ人が重複して二度お申し込みをすることはできませんので、ご注意ください。
  2. データが重複していることに気がつき、慌てて修正をした。

上記の例文のように、「重複」は「データ」や「お申し込み」など、なんらかの情報がかさなっている場合に多く使われます。

①の例文では、同じ人物が二回以上の登録をすることについて、「重複」という表現をしています。

②の例文では、ひとつのデータが複数回分として扱われていることについて、「重複」という言葉が使われています。

同じデータが複数回分カウントされてしまうことは、公平性を欠いたり正確な統計ができなくなったりする原因となります。そのため、上記の例文のように、「重複」はネガティブなニュアンスで使われがちです。

「重複」の類義語

重複には以下のような類義語があります。

  • 繰り返し:同じことを続けたり、複数回行ったりすること
  • 反復:同じことを何度も続けること
  • 二言(にごん):二回同じことを言うこと、一度言ったことと相反することを言うこと

「繰り返し」「反復」とは、同じことを複数回続けることです。

「繰り返し」は、一度再生した動画をもう一度再生するときなど、最低二回同じことをしたときに使われます。

それに対し、「反復」は二回よりも多く、数え切れないほど同じ動作を繰り返す場合に使われます。

何度も続ける場合には「繰り返し」も「反復」も使うことができます。しかし、繰り返す回数が二回である場合には「反復」は使わず「繰り返し」を使いましょう。

 

「二言」は二回同じことを言うことです。

また、自分の以前の発言と矛盾するような発言をすることについても「二言」といいます。こちらの意味の方が多く使われますが、文脈に応じて判別しましょう。

「重複」の対義語

重複には以下のような対義語があります。

  • 単一(たんいつ):ただひとつのもの

「重複」が二つ物事が重なることを表すのに対し、「単一」はただそれひとつだけであることを表します。

「単独である」というニュアンスもあります。

「重複」の英語訳

重複を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • double
    (二重)
  • repetition
    (繰り返し)

doubleは、「二重」という意味の英単語です。「二つ」「二倍」という意味や「重なり」という意味もあります。「三重」としたい場合にはtripleとしましょう。

repetitionには、「繰り返し」という意味があります。doubleは、「まったく同じものが二つ存在する」というニュアンスで、repetitionは「複数の同じものを繰り返す」というニュアンスです。

言いたい内容に合わせて使い分けましょう。

まとめ

以上、この記事では「重複」について解説しました。

読み方重複(ちょうふく)
意味同じ物事が二重に重なること
類義語繰り返し、反復、二言
対義語単一
英語訳double(二重)

「重複」は、日常的に使う言葉です。しっかりと意味を覚えておきましょう。