「ユニーク」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ユニーク」です。

「ユニーク」の意味・つく言葉・使い方・語源・類義語・対義語について分かりやすく解説します。

「ユニーク」とは?

ユニーク(unique):ひとつしかなく、独特であること

「ユニーク」の意味を詳しく

「ユニーク」には以下の3つの意味があります。

「ユニーク」の意味
  1. 独特な、風変わりな
  2. ひとつしかない
  3. 【IT用語】ただひとつに定まる

それぞれの意味について詳しく見ていきましょう。

意味①:独特な、風変わりな

「ユニーク」は「独特な」「風変わりな」という意味で用いられることが多いです。

他の人とは変わった人や、変わった物事に対して使われることが多い言葉です。

「ユニーク」は良い意味でも悪い意味でも用いられます。

どちらかというと、良い意味で使われることが多いでしょう。

「ユニーク」に「面白い」という意味はない

よく勘違いされますが、「ユニーク」に「面白い」という意味はありません。

風変わりな人や物事は「面白い」ことが多いため、誤用されるようになったと考えられます。

「ユニーク」はあくまで「独特な」人やもののことを表すので注意しましょう。

意味②:ひとつしかない

「ユニーク」には「ひとつしかない」という意味もあります。

これが「ユニーク」のもともとの意味で、①の意味の「独特な」「風変わりな」という意味も、「ひとつしかない」という意味から派生して生まれました。

意味③:【IT用語】ただひとつに定まる

「ユニーク」はIT用語として使われると「ただひとつに定まる」という意味になります。

同じものがほかにない状態のことを表します。

 

たとえば、電車で一駅ごとに運賃が異なれば、切符に書かれた運賃を見るだけでどこの駅まで乗ろうとしているのかわかります。

これが「ただ一つに定まる」状態です。

一方、同じ運賃の駅がいくつかあれば、切符に書かれた運賃を見てもどこの駅まで乗るのかわかりません。

Excelの「ユニーク」

表計算ソフトExcelでは重複してない数値のことを「ユニークな値」などと呼びます。

「ユニーク」がつく言葉

「ユニーク」がつく言葉には以下のようなものが挙げられます。

  • ユニークユーザー数(UU)
  • ユニークコード(UC)
  • ユニークスキル

それぞれの言葉の意味について詳しく見ていきましょう。

ユニークユーザー数(UU)

「ユニークユーザー数(UU)」とは、集計期間内にウェブサイトに訪問したユーザーの数のことです。

集計期間内であれば、同じユーザーがサイトに何回訪れても、「ユニークユーザー数」は1より大きくなりません。

「ユニークユーザー数」はウェブサイトの人気度を測る時に重要な指標です。

ユニークコード(UC)

「ユニークコード(UC)」とは、「同じ数字や記号が重ならない番号やコード」のことです。

たとえば、「AA、AB、AC」などと並んでいれば、重複していないため、「ユニークコード」と言えます。

一方、「AA、AB、AA」などと並んでいると、重複しているため、「ユニークコード」とは言えません。

IT業界ではサービスを利用するユーザーなどに「ユニークコード」を割り当てて識別することが多いです。

ユニークスキル

「ユニークスキル」とは、「ただひとりの人物が使用できるスキル」のことです。

ファンタジー系のRPGや、それを題材とした小説、映画などで使われることが多い言葉です。

「ユニーク」の使い方

  1. インターネット上のコンテンツは、ユニークユーザー数を増やすことが大切だ。
  2. 過疎に悩む村のユニークな取り組みが、全国から注目を集めている。
  3. 名前すら知らないような国の伝統料理は、とてもユニークな味だった。

❷と❸の例文では、日常生活で使う意味で「ユニーク」を使っています。

❷は良い意味で使われていますが、❸は「料理が口に合わなかった」というマイナスの意味で使われています。

「ユニーク」の語源

「ユニーク」の語源は英語の “unique” です。

“unique” には以下のような意味があります。

uniqueの意味
  1. 唯一の
  2. 独特な
  3. 異常な
  4. 目立つ

カタカナ語の「ユニーク」とだいたい同じ意味であることがわかります。

ただ、「目立つ」など英語独特の意味もあります。

そんな “unique” の語源をさらに遡ると以下のようになります。

【ラテン語】“unus”(ひとつの)

【フランス語】“unique”(唯一の)

【英語】“unique”(唯一の)

ちなみに、“unique” の “uni” は「1」という意味です。

たとえば、「ユニ」を使う言葉のひとつに「ユニバーサル」が挙げられます。

「ユニバーサル」は「普遍的」という意味で、どこでもひとつのものが通用するということです。

「ユニーク」の類義語

「ユニーク」の類義語には以下のようなものが挙げられます。

  • オリジナル:独創的な
  • 特殊(とくしゅ):性質・内容などが他の著しく異なること
  • 特異(とくい):普通と異なっていて特別であること
  • 独特(どくとく):それだけが特別に持っていること

「ユニーク」と「オリジナル」の違い

「オリジナル」は「独創的な」という意味です。

「ユニーク」と「オリジナル」には以下のような違いがあります。

  • ユニーク:既存のものを改良したもの
  • オリジナル:新しく生み出されたもの

「ユニーク」と「オリジナル」では、もとになるものがあるかどうかが異なるのです。

なお、「ユニーク」も「オリジナル」も「個性的な」「独特な」という意味は共通しています。

「ユニーク」の対義語

「ユニーク」には以下のような対義語があります。

  • ノーマル:普通であるさま
  • 一般的(いっぱんてき):広く行き渡っていること
  • 普遍的(ふへんてき):すべてのことに共通していること
  • 普通(ふつう):特に変わってないこと
  • 中庸(ちゅうよう):偏らず中正なこと

まとめ

以上、この記事では「ユニーク」について解説しました。

英語表記ユニーク(unique)
意味一つしかないこと。また、独特で風変わりであること
語源ラテン語のunus
類義語オリジナル、特殊、特異など
対義語ノーマル、一般的、普遍的など

現代では、型にはまった人よりも個性的な人が求められる時代です。

良い意味でユニークな人になれるといいですね。