「オーバーラップ」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「オーバーラップ」です。
「オーバーラップ」の意味、専門的な意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「オーバーラップ」の意味をスッキリ理解!

オーバーラップ(overlap):ふたつのものが重なり合うこと・ふたつの現象が同時に起きること

「オーバーラップ」の意味を詳しく

「オーバーラップ」とは、ふたつのものが重なり合うこと・ふたつの現象が同時に起きることです。

「オーバーラップ」の代表的な意味は大きく分けて3つありますが、基本となるのは上の意味です。

「ふたつのもの(イメージ・体験・記憶)が自分の中で重なり合うこと」「ふたつの現象・状況が同時に起きること」を表します。

たとえば、海辺の景色を見た時に、海をテーマにした曲を思い浮かべるのは「オーバーラップ」であると言えます。「海辺の景色があの名曲とオーバーラップする」のように使います。

それ以外の主な意味は以下のふたつです。

  • サッカーにおける意味:後方の選手がボールを持つ味方選手を追い越して前線に走ること
  • 映画における意味:ひとつの画面を消しながら、重ねて次の画面を写しだす技法

それぞれの意味詳しく見ていきましょう。

サッカーにおける「オーバーラップ」の意味

スポーツ、主にサッカーにおいて「オーバーラップ」とは、「後方の選手がボールを持つ味方選手を追い越して前線に走ること」を指します。

後方の選手(特にディフェンダーの選手)が、ボールをキープしている味方を追い抜いて前線に上がることです。

普通は後方にいる選手がいきなり攻撃に参加することで、相手の守備をかく乱させたり、攻撃の起点を作ったりすることができます。

映画における「オーバーラップ」の意味

映画における「オーバーラップ」とは、「ひとつの画面を消しながら、重ねて次の画面を写しだす映像技法」のことです。

前の画面がぼやけるように緩やかに消えるのと同時に、次の画面がだんだんと現れ、やがて完全に切り替わるというものです。かつては、回想シーンへの導入などでよく使われていました。

映画の手法としては戦前から使われており、現在では、ドラマやアニメでもこの表現方法をよく目にしますね。

「オーバーラップ」の専門的な意味

「オーバーラップ」は、上の4つの意味以外にも、以下のようにより専門的な意味で使われることがあります。

  • コンピューター:複数のウィンドウを同時に開くこと
  • 美容院:ヘアカラーや作業を重ねること、繰り返すこと
  • 医学:皮膚・筋・関節などの結合組織に炎症・変性が起こる症状がふたつ以上重なること
  • 地質学:地層の重なりにおいて、上の層が下の層よりも広く分布している現象

「オーバーラップ」の使い方

「オーバーラップ」には以下のような使い方があります。

  1. 注目の選手がオーバーラップで敵のディフェンスをかく乱させた。
  2. 世間の自粛ムードとオーバーラップする形で、感染者数は減少し始めた。
  3. 次のカットの後に、オーバーラップで回想シーンに入ります。

➊の「オーバーラップ」は「サッカーにおいて後方の選手がボールを持つ味方選手を追い越して前線に走ること」という意味で使われています。

➋の「オーバーラップ」は、「ふたつの現象が同時に起きること」という意味で使われています。

➌の「オーバーラップ」は、「ひとつの画面を消しながら、重ねて次の画面を写しだす映像技法」という意味で使われています。

「オーバーラップ」の語源

「オーバーラップ」の語源は英語の “overlap” です。

英語の “overlap” の意味は以下の3つです。

  • 重ねる
  • 重複する
  • 覆う

「オーバーラップ」の類義語

「オーバーラップ」には以下のような類義語があります。

  • デジャヴ:実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じる現象

まとめ

以上、この記事では「オーバーラップ」について解説しました。

英語表記オーバーラップ(overlap)
意味ふたつのものが重なり合うこと・ふたつの現象が同時に起きること
語源「重なる」という意味の英単語 “overlap”
類義語デジャヴ

「オーバーラップ」には、複数の意味があるので、きちんと使い分けができるようにしておきましょう。