故事成語「破天荒(はてんこう)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「破天荒」です。

この言葉は有名ですが、とても誤用が多いです。

むしろ、誤用している人のほうが多いくらいです。

 

正しい意味を知っておきたいですよね。

そこで、「破天荒」の意味、由来、例文、類義語、英訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「破天荒」の意味をスッキリ理解!

破天荒(はてんこう):前人が成しえなかったことを達成すること

「破天荒」の意味を詳しく

「破天荒」とは、前人が成しえなかったことを達成することです。

そして、この言葉はとても誤用が多いです。

 

一般的には「豪快」「大胆で荒っぽい」という意味で使われていることが多いです。

文化庁が平成20年に行った調査によると、このような誤用をしている日本人は64.2%にのぼります。

そして、正しく使っているのは16.9%という結果でした。

 

また、「破天荒」は本来、誉め言葉ですが、「大胆すぎる」「乱暴者」というネガティブな意味で使われていることも多いでしょう。

そのため、「破天荒」という言葉を使うと、誉めているつもりだったのに、けなされていると受け取られてしまうこともあります。

誤解が生じそうな場合には、「パイオニア」などの類義語で置き換えたほうが無難でしょう。

スポンサードリンク

「破天荒」の由来

「破天荒」の出典は『北夢瑣言(ほくむさげん)』という本です。

ちなみに、『北夢瑣言』は宋の時代に書かれた説話集です。

詳しく見ていきましょう。

 

唐の時代、唐王朝の創始から100年以上がたっても荊州(けいしゅう)という場所からは科挙の合格者が生まれませんでした。

ちなみに、科挙とは、かつて中国で行われていた官僚登用試験です。

そして、このことから、荊州は「天荒(てんこう:未開の荒れ地)」と呼ばれていました。

 

しかし、ついに、劉蛻(りゅうぜい)という人物が合格しました。

そして、彼は「天荒を破った」と言われました。

ここから、「破天荒」という言葉が生まれたのです。

「破天荒」の例文

  1. 彼はうちの村から初めて東大に合格したので、文字通りの破天荒である。
  2. 彼の破天荒な性格は周りを明るくしてくれる。
  3. 彼は破天荒すぎて、周りからは常識がない人だと言われている。

このうち、➋と➌の使い方は誤用ですが、よく使われています。

スポンサードリンク

「破天荒」の類義語

「破天荒」には以下のような類義語があります。

  • 前代未聞(ぜんだいみもん)
  • 未曾有(みぞう)
  • 前人未到
  • パイオニア
  • 常識破り
  • 型破り

「破天荒」の英語訳

「破天荒」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • unprecedented
    (誰もやったことがない)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「破天荒」について解説しました。

読み方 破天荒(はてんこう)
意味 前人が成しえなかったことを達成すること
由来 劉蛻が初めて荊州から科挙に合格したことから
類義語 パイオニア、前人未到、前代未聞、など
英語訳 unprecedented

「破天荒」は誤用する人が多過ぎて、正しい使い方をしても、誤解されてしまうかもしれません。

誤解されそうな時は、「パイオニア」など、別の言葉を使ってあげたほうが無難でしょう。

また、多くの人は正しい意味を知らないので、友達に教えてあげるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク