四字熟語「前人未踏(ぜんじんみとう)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「前人未踏(ぜんじんみとう)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「前人未踏」の意味をスッキリ理解!

前人未踏(ぜんじんみとう):今まで誰も到達していないこと

「前人未踏」の意味を詳しく


「前人未踏」とは、今まで誰も到達していないことを意味する四字熟語です。

また、だれも足を踏み入れていない領域のことをいいます。

 

「前人」とは先人(せんじん)のこと、昔の人のことをいいます。

「未踏」とはまだ到達しないこと、まだ足を踏み入れないことをいいます。

 

したがって、「前人未踏」は、いまだかつて誰も到達したことがないこと、あるいは足を踏み入れたことのないことを意味します。

「未踏」は「未到」とも書き、その場合は「誰もたどり着いていない地点」を意味します。

「前人未踏」は漢文で読み下すと、「前人(ぜんじん)未(いま)だ踏(ふ)まず」となります。

スポンサードリンク

「前人未踏」の使い方

  1. 彼は立て続けに試合に勝ち、ついに前人未踏の記録を打ち立てた。
  2. 冒険家たちは前人未踏の地を目指し充分に準備を整え、いよいよ出発した。

「前人未踏」は、例文①のように誰も達成したことのない「記録」や「成績」などを指すときに使われます。

今まで誰も成し遂げられなかった記録を達成したり、記録を新たに塗り替えたりした時などに使われることが多いです。

 

また、例文①のように、実際に足を踏み入れる「場所」を指す場合にも使われます。

「前人未踏」という言葉を使うことで、その出来事を達成することの難しさや、その達成感を強調することができます。

また、過去の大記録や偉業などを指して言うこともあります。

「前人未踏」の由来

「前人未踏」はもともと「人跡(じんせき)未踏」と「前人未到」という四字熟語が合わさってできたものです。

「人跡未踏」には「人が踏み入ったことのない場所」という意味があります。

「前人未到」は「前人未踏」と混同されがちですが、意味に違いはありません。

 

「人跡未踏」と「前人未到」の語感が似ていたこともあり、「前人未踏」という言葉としても使われるようになったのです。

スポンサードリンク

「前人未踏」の類義語

「前人未踏」には以下のような類義語があります。

  • 人跡未踏(じんせきみとう)
  • 前人未発(ぜんじんみはつ)
  • 先人未到(せんじんみとう)

「前人未踏」の英語訳

「前人未踏」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • unexplored
    (前人未踏)
  • unprecedented
    (前人未踏)
  • untrodden
    (前人未踏)

動詞に “un” がつくことで前人未到の「未」と似たような働きをしています。

したがって、 “unexplored” でまだ達していない、踏み込んでいない、という意味を表します。

He reached the unexplored.(彼は前人未踏の地にたどり着いた)のように使われます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「前人未踏」について解説しました。

読み方 前人未踏(ぜんじんみとう)
意味 今まで誰も到達していないこと
由来 「人跡未踏」と「前人未到」の語感が組み合わさってできたもの
類義語 人跡未踏、前人未発、先人未到など
英語訳 unexplored(前人未踏)

昔の人々が多くの前人未踏の快挙を成し遂げてきて、現代があります。

達成したことのないことを追及したり、まだ踏み入れていない領域に向かっていったりという欲求は、人類の本能なのかもしれません。

スポンサードリンク