「晩節を汚す」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

「晩節を汚す」とは「人生の終わりごろに名誉を失うこと」という意味です。

ネットニュースや新聞などで、「晩節を汚す」という表現を見かけたことはありますか?

何となく意味はわかるけど、どんなときに使うのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「晩節を汚す」の意味や使い方をわかりやすく解説します。

「晩節を汚す」の意味

晩節ばんせつけが

人生の終わりごろに名誉を失うこと

「晩節を汚す」は、「活躍して名誉を得た人が、人生の最期やキャリアの終盤に、それを台無しにするような言動をして、名誉を失ってしまう」という意味です。

一般的にはネガティブな意味で使われますが、芸人の場合は自分の人生にオチをつけることになるので笑いをとれるなど、必ずしもネガティブではないこともあります。

「晩節を汚す」は「ばんせつをけがす」と読み、「ばんせつをけがす」は間違いです。

 

「晩節を汚す」は、「晩節」と「汚す」の2つに分けることができます。

それぞれの意味について詳しく見ていきましょう。

「晩節」の意味

晩節ばんせつ

  1. 人生の終わりごろ
  2. 晩年における節操
  3. 末の世。人生やある時代の終わりごろ

「晩節を汚す」では①の「人生の終わり頃」という意味で用いられています

そんな晩節は、「晩」と「節」の2字から成り立っています。

  • :夕暮れと夜の間。終わりごろ。
  • :とき。おり。

上記の2字が合わさり、晩節は人生の終わりごろの時期を意味するのです。

例文
  • 晩節はのんびり過ごすのが私の夢だ。
  • 祖父は晩節になっても元気に運動している。
  • 彼は晩節を全(まっと)うした。
「晩」を使う言葉

晩秋(ばんしゅう)は、秋の終わり頃という意味です。

「汚す」の意味

汚すは、読み方によって意味が異なります。

汚す

  1. よごす
    目に見えるものを汚なくすること
    例:靴を泥で汚す
  2. けがす
    目に見えないものを傷つけること
    例:名を汚す

「晩節を汚す」では「けがす」と読むため、②の「地位や名声など、目に見えないものを傷つける」意味で使われています。

汚すは、穢す(けがす)と表記することもあります。

「晩節を汚す」の使い方

「晩節を汚す」は以下のような言い回しで用いられることが多いです。

よくある言い回し
  • ○○して晩節を汚す
  • 晩節を汚すことになる
  • 晩節を汚すことのないよう
  • 晩節を汚すことがないよう

「晩節を汚すことのないよう」と「晩節を汚すことがないよう」は、表記の揺れであり、大きな違いはありません。

「晩節を汚す」を使う場面は、大きく分けて以下の2つがあります。

「晩節を汚す」を使う場面
  1. 批判する場面
  2. 自戒する場面

①批判する場面

「晩節を汚す」はネガティブな意味なので、批判する場面で使うことが多いです。

「晩節を汚す」を使って批判されるのは、下記のような人が多いです。

「晩節を汚す」を使われる人
  • 功績を残した政治家
  • 会社の経営者
  • 芸能人
  • スポーツ選手
  • 大相撲の横綱
一般人に使われることは少ない

名誉があるからこそ、台無しの行動をしたときに、落差で余計に名誉が汚れます。

したがって、「晩節を汚す」ことができるのは名誉がある人だけで、一般人にはあまり使いません。

例文
  1. 芸能人が晩節を汚すことは、ファンを裏切ることでもある。
  2. その議員は、汚職事件で晩節を汚した

②自戒する場面

名誉のある人が、自分を戒める(いましめる)場面で使うこともあります。

例文
  1. これ以上晩節を汚すことのないように、引退します。
  2. 晩節を汚すことがないよう、言動は慎しみます。

「晩節を汚した」とされている有名人

「晩節を汚した」と世間から言われている有名人は、主に以下の3人です。

  • タイガー・ウッズ
  • ビートたけし
  • 豊臣秀吉

それぞれ見ていきましょう。

タイガー・ウッズ

タイガー・ウッズは、アメリカ出身のプロゴルファーです。

メジャー選手権を15回優勝するなど、数々の功績を残しているスポーツ選手です。

しかし、不倫報道や飲酒運転での逮捕などから、お騒がせなセレブというイメージがついてしまいました。

ビートたけし

ビートたけしは、お笑いタレントや映画監督を務める有名人です。

タモリ、明石家さんまとともに、日本のお笑いBIG3のひとりとされる実力者です。

しかし、度重なる不倫報道から離婚に発展し、一部の女性からの評価は大きく下がってしまいました。

豊臣秀吉

豊臣秀吉は、戦国時代から安土桃山時代の武将です。

織田信長の何人もいる召使いのひとりであった身分から出世し、天下統一を果たした人物です。

しかし、晩年は二度朝鮮に出兵するも失敗に終わり、日本国内は再び混乱の世とになってしまいました。

「晩節を汚す」の類義語

「晩節を汚す」には以下のような類義語があります。

  • 失脚(しっきゃく)
    失敗したり陥れられたりして、地位や立場を失うこと
  • 失墜(しっつい)
    信用や地位などを失うこと
  • 名誉失墜する
    名誉を失うこと
  • 名声が地に落ちる
    地位や名声を失うこと
  • 転落
    悪い状態に落ちぶれること
  • 没落(ぼつらく)
    栄えていたものが衰えること
  • 零落(れいらく)
    落ちぶれること

「晩節を汚す」の対義語

「晩節を汚す」には以下のような対義語があります。

  • 有終の美
    物事をやり遂げ、成果を残すこと
  • 有終の美を飾る
    物事をやり遂げ、成果を残すこと
  • 立つ鳥跡を濁さず
    引き際を潔くすること

「晩節を汚す」の英語訳

「晩節を汚す」を英語に訳すと、次のような表現になります。

「晩節を汚す」の英語訳
  • tarnish one’s twilight years
    (晩節を汚す)

上記の英語訳に使われている単語は、それぞれ以下のような意味です。

  • tarnish:汚すこと。曇らせること。錆
  • twilight黄昏(たそがれ)
  • twilight years:晩年

その人の晩年が汚れたり曇ったりすることなので、「晩節を汚す」の英語訳として使われます。

「晩節を汚す」のまとめ

以上、この記事では「晩節を汚す」について解説しました。

読み方晩節を汚す(ばんせつをけがす)
意味人生の終わりごろに名誉を失うこと
類義語失脚、失墜、名誉失墜するなど
対義語有終の美、有終の美を飾る、立つ鳥跡を濁さず
英語訳tarnish one’s twilight years(晩節を汚す)

「晩節を汚す」を使う上では、名誉があるかどうかが大事なポイントです。

しかし、どんな人でも悪事をすれば悪いイメージがついてしまうことに変わりはありません。

晩節を汚すことのないよう、気を引き締めて生きたいですね。