「安堵(あんど)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「安堵(あんど)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「安堵」の意味をスッキリ理解!

安堵(あんど):気がかりなことが除かれ、ほっとすること。垣根の内の土地で安心して生活すること。中世・近世において、土地の所有権などを幕府や領主が公認すること

「安堵」の意味を詳しく

「安堵」には大きく分けて 3つの意味があります。

まず、1つ目は「気がかりなことが除かれ、ほっとすること」という意味です。一般的にはこの意味で使われます。

次に、2つ目は「垣根の内の土地で安心して生活すること」という意味です。こちらの意味は、古典に使用例が見られます。

最後に、3つ目は「土地の所有権などを幕府や領主が公認すること」という意味です。鎌倉時代から室町時代の初めには、将軍が、自分に忠誠を誓った武士に対し、先祖代々の土地の所有権を認めて保証していました。これを「本領安堵」と言います。

スポンサードリンク

「安堵」の使い方

  1. すべり止めに受験した学校に合格し、安堵のため息をつく。
  2. 近所を騒がせていた事件の犯人が逮捕され、近隣住民の間には安堵感が広がった。
  3. ここ一帯は、その戦での功績によって安堵された土地だ。

①と②では「気がかりなことが除かれ、ほっとすること」という意味で使われています。この意味では、「安堵の息を漏らす」「安堵の胸をなでおろす」「安堵の表情が浮かぶ」といった表現もよく使われます。

③では「土地の所有権などを幕府や領主が公認すること」という意味で「安堵」が使われています。

「安堵」の語源

「安堵」の「堵」という漢字は、「垣」を意味します。つまり、「垣根の内の土地で安心して生活すること」が「安堵」の中心的な意味なのです。

そこから転じて、「気がかりなことが除かれ、ほっとすること」という精神的な意味を持つようになりました。

スポンサードリンク

「安堵」の類義語

安堵には以下のような類義語があります。

  • 安心(あんしん):気にかかることがなく心が落ち着いていること

「安堵」は、心配がなくなるという一瞬の心の変化を指します。一方、「安心」は、心配の要らない状態が続いていくさまも表現できます。

「安堵」の対義語

安堵には以下のような対義語があります。

  • 心配(しんぱい):物事の先行きなどを気にして、心を悩ますこと
  • 不安(ふあん):何かが気がかりで、落ち着かないこと
  • 危惧(きぐ):悪い結果になりはしないかと心配しおそれること
  • 懸念(けねん):気にかかって不安に思うこと
  • 憂慮(ゆうりょ):心配して思案すること
スポンサードリンク

「安堵」の英語訳

安堵を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • relied
    (安堵、安心)
  • peace of mind
    (安らぎ)

relieved は、動詞の relief が形容詞になったものです。relief の主な意味は「解放する」です。つまり、relieved は「悩みや不安などから解放されて気持ちが落ち着く」という意味になります。

まとめ

以上、この記事では「安堵」について解説しました。

読み方 安堵(あんど)
意味 気がかりなことが除かれ、ほっとすること。垣根の内の土地で安心して暮らすこと。
中世・近世において、土地の所有権などを幕府や領主が公認すること
語源 「堵」には「垣」という意味があり、「垣根の内の土地で安心して生活すること」という意味から転じたもの
類義語 安心
対義語 心配、不安、危惧など
英語訳 relied(安堵。安心),peace of mind(安らぎ)

「安堵」は主に書き言葉として用いられますが、普段でも目にすることが多い表現です。「安堵」の意味をしっかり理解して、正しい使い方ができるようになるとよいですね。

スポンサードリンク