ことわざ「雨降って地固まる」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「雨降って地固(じかた)まる」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「雨降って地固まる」の意味をスッキリ理解!

雨降って地固(じかた)まる:争いや揉め事などの後は以前よりも良い関係性を築けるということ

「雨降って地固まる」の意味を詳しく


「雨降って地固まる」とは、争いや揉め事の後は、かえって良い結果や安定した状態になることのたとえです。

簡単に言うと、ぶつかり合うことによってお互いの気持ちを分かり合うことができ、以前よりも関係が良くなるということです。

友人同士や夫婦などの人間関係において、喧嘩をすることでかえって仲が良くなるような場合に、頻繁に使われます。

 

一般的に、争いは良くないものであるとされています。

しかし、このことわざは、人間関係のトラブルも解決すればかえって良い状態になるものなのだから、必ずしも悪いことではない、ということを表します。

 

なお、「第三者が介入することにより事態が落ち着いた」という場合に使うのは誤りですので、注意しましょう。

たとえば、「雨降って地固まるで、彼が間に入ってくれたおかげで彼女たちの関係性が壊れずに済んだ」という使い方は誤りです。

ポイントは、当事者同士がぶつかり合うことで、関係性が良くなるということです。

スポンサードリンク

「雨降って地固まる」の使い方

  1. 昨日の夜、両親が大喧嘩をしていたが、翌朝に仲直りして二人ともご機嫌だ。雨降って地固まるとはこのことか。
  2. 入学したばかりの頃はお互いいがみ合っていたが、雨降って地固まるで、今では一番の親友になった。
  3. 二人は喧嘩の後、雨降って地固まるように、なんでも言い合える仲になった。

このように、「二人の間で争いごとや辛い出来事があっても、それが解決すればより一層よい結果になる」という意味で使われます。一般的には、争いなどが解決した後に使われます。

また、「雨降って地固まる」は、結婚式で頻繁に使われます。この場合は、「どんな困難も二人で乗り越えてください」という応援の意味合いが強くなります。

「雨降って地固まる」の由来

雨が降った日は、雨の水分により地面がぬかるんだ状態になります。ぬかるんだ地面の上は歩きにくく、決して良い状態とは言えません。

しかし、晴れれば、日光により地面の水分は蒸発し、雨が降る前よりも硬く、丈夫な地面となります。

そのため、前よりも固くしっかりした地面となり、足元が安定して歩きやすくなります。

このことから、「雨降って地固まる」は、争いごとや揉めごとの後にかえって関係性が良くなるという意味になりました。雨を争いごとになぞらえた表現です。

スポンサードリンク

「雨降って地固まる」の類義語

「雨降って地固まる」には以下のような類義語があります。

  • 雨の後は上(じょう)天気
  • 喧嘩の後の兄弟名乗り
  • 破れりゃ固まる
  • 災いを転じて福となす
  • 明けない夜はない

「雨降って地固まる」の対義語

「雨降って地固まる」には以下のような対義語があります。

  • 大山鳴動(たいざんめいどう)して鼠(ねずみ)一匹
  • 覆水盆(ふくすいぼん)に返らず
  • 蟻(あり)の穴から堤(つつみ)も崩れる
スポンサードリンク

「雨降って地固まる」の英語訳

「雨降って地固まる」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • After a storm comes a calm.
    (嵐のあとに凪(なぎ)が来る。)
  • The falling-out of lovers is a renewing of love.
    (恋人同士の喧嘩は恋を新しいものにする。)
  • A broken bone is the stronger when it is well set.
    (うまくつながれば折れた骨は以前よりも丈夫になる。)
  • After rain comes fair weather.
    (雨の後には晴れが来る。)
  • Rainy days never stay.
    (止まない雨はない。)

まとめ

以上、この記事では「雨降って地固まる」について解説しました。

読み方 雨降って地固(じかた)まる
意味 争いや揉め事などの後は以前よりもお互いに良い関係性を築けるということ
由来 雨が降った後は、地面がより良い状態になることから
類義語 災いを転じて福となす、明けない夜はないなど
対義語 大山鳴動して鼠一匹、覆水盆に返らず、蟻の穴から堤も崩れるなど
英語訳 Rainy days never stay.(止まない雨はない。)

どんな問題でも解決すれば、晴れた日のしっかりした地面のように、より良い関係性になるという意味のことわざです。

時には、自分の気持ちをそのままぶつけることも大切かもしれません。

スポンサードリンク