故事成語「蟻の穴から堤も崩れる」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「蟻の穴から堤も崩れる(ありのあなからつつみもくずれる)」です。

「蟻の穴から堤も崩れる」の意味、例文、由来、類義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「蟻の穴から堤も崩れる」の意味をスッキリ理解!

蟻の穴から堤も崩れる(ありのあなからつつみもくずれる):わずかな油断や違いで重大な物事がだめになることのたとえ

「蟻の穴から堤も崩れる」の意味を詳しく

「蟻の穴から堤も崩れる」とは、わずかな油断や違いで重大な物事がだめになることのたとえです。

頑丈に築いた堤防も、小さな蟻の穴を放っておくと大きくなって崩壊することがある、ということから上記の意味が生まれました。

ちなみに、「」とは堤防のことです。

スポンサードリンク

「蟻の穴から堤も崩れる」の例文

  1. 蟻の穴から堤も崩れると言うだろう。小さなミスも見逃してはならない。
  2. 蟻の穴から堤も崩れると言うように、小さな油断が負けにつながることもある。
  3. 蟻の穴から堤も崩れると言うだろう。小さな不祥事でもきちんと処分しなければならない。

「蟻の穴から堤も崩れる」の由来

「蟻の穴から堤も崩れる」の出典は『韓非子(かんぴし)』の「喩老(ゆろう)」という章です。

この章の中に以下のような話が出てきます。

非常に長い堤防もアリが開けた小さな穴からつぶれ、百尺もの長さの家も小さな隙間から入った煙が原因で焼けてしまうことがある。

ゆえに、白圭(※1)が巡れば水害はなくなり、老人が用心すれば火災はなくなる。

これらはすべて、物事が簡単なうちに注意をして難しくなるのを避け、微細なうちに用心して大きくなるのを防ぐ例である。

 

これが「蟻の穴から堤も崩れる」の由来になっています。

  • 白圭(※1):周の時代にいた商人で、治水を行ったことで有名
『韓非子』

『韓非子』とは中国戦国時代の韓非という人物によって書かれた本です。

春秋戦国時代の思想などをまとめた本になっています。

スポンサードリンク

「蟻の穴から堤も崩れる」の類義語

「蟻の穴から堤も崩れる」には以下のような類義語があります。

  • 千里の堤も蟻の穴から(せんりのつつみもありのあなから)
  • 千丈の堤も蟻の穴より崩れる(せんじょうのつつみもありのあなよりくずれる)
  • 蟻の一穴天下の破れ(ありのひとあなてんかのやぶれ)
  • 江河の大潰も蟻穴よりす(こうがのたいかいもぎけつよりす)
  • 千丈の堤も蟻の一穴から(せんじょうのつつみもありのひとあなから)
  • 大事は小事から(だいじはしょうじから)

「蟻の穴から堤も崩れる」の英語訳

「蟻の穴から堤も崩れる」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • a small leak will sink a great ship
    (少しの水漏れが船を沈める)
  • Dike collapses from the hole of the ant.
    (堤防もアリの穴から崩壊する)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「蟻の穴から堤も崩れる」について解説しました。

読み方 蟻の穴から堤も崩れる(ありのあなからつつみもくずれる)
意味 わずかな油断や違いで重大な物事がだめになることのたとえ
由来 『韓非子』の中に出てくる言葉から
類義語 千丈の堤も蟻の穴より崩れる、蟻の一穴天下の破れ、江河の大潰も蟻穴よりす
英語訳 a small leak will sink a great ship
(少しの水漏れが船を沈める)

「蟻の穴から堤も崩れる」は有名なことばなので、聞いたことがあるという人も多かったのではないでしょうか。

ピッタリな場面があったら、自分から使ってみるのもいいかもしれません。

また、「蟻の穴から堤も崩れる」はとても勉強になる言葉でもあります。

この言葉をきちんと心にとめておきたいものですね。

スポンサードリンク