「オルタナティブ」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「オルタナティブ」です。

「オルタナティブ」の意味や使い方、語源、類義語、「オルタナティブ」がつく言葉についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「オルタナティブ」とは?

オルタナティブ(alternative):既存のものにとって代わる新しいもの、主流ではないもの、二者択一

「オルタナティブ」の意味を詳しく

「オルタナティブ」には3つの意味があります。以下、1つずつ解説します。

 

1つ目は、「既存のものにとって代わるもの」という意味です。「代替え案」などと言われることもあります。

2つ目は「主流でないもの」という意味です。「オルタナティブ」が「カウンターカルチャー」や「サブカルチャー」を表すこともありますが、その意味は「主流でないもの」という意味から派生したものです。

「サブカルチャー」とは、「ある文化の、支配的・中心的文化ではなく、一部の人々を担い手にする文化」のことです。また、「カウンターカルチャー」とは、「価値観や行動規範が主流の文化とは異なる文化」のことです。

最近では、「オルタナティブ」が「主流でないもの」という意味で使われる場面が増えています。

 

3つ目は「二者択一」の意味です。「二者択一」とは、「2つのうちからどちらか一方だけを選び取ること」という意味の言葉です。

英語としてのもともとの意味は「二者択一」でしたが、カタカナ語としては、この意味で使われることはそれほど多くありません。

 

3つはどれも「なにか主流のものがあって、それに対抗するもの」という語源があることがわかります。「オルタナティブ」が主流のものにとって代われば、それは「代替え案」になります。

また、「主流に対抗するもの」は、もちろん「主流ではないもの」です。そして、2つが対抗している時、選択は「二者択一」になります。

スポンサードリンク

「オルタナティブ」の使い方

  1. オルタナティブな案を提案する。
  2. わが校は、オルタナティブな教育方法を導入しています。

「オルタナティブ」の語源

「オルタナティブ」の語源は英語の “alter” です。 “alter” は現在では「変える」「変わる」と意味で使われていますが、もともとは「片方」という意味でした。

原義はラテン語の “alternare” という単語です。 “alternare” の意味は「交代で行う」です。

スポンサードリンク

「オルタナティブ」の類義語

「オルタナティブ」には以下のような類義語があります。

  • 代替案(だいたいあん):提出されている案に代わる案
  • カウンターカルチャー:主となる文化とは異なる価値観・規範を持つ文化
  • 選択肢

「オルタナティブ」がつく言葉

オルタナティブミュージック

「オルタナティブミュージック」とは、時代の中の流行的な音楽ではなく、より挑戦的でアンダーグラウンドな音楽のことです。現代の商業的な音楽とは一線を引き、時代の流れにとらわれない精神を持つ音楽のことを指して言います。

ロックなどの音楽のジャンルとして使われることもありますが、厳密に言うと「ロックの中のジャンル」のことではありません。

あくまで「主流でない音楽」「型にはまらない音楽」の意味です。つまり、特定の音楽ジャンルではなく、音楽に対するスタンスや、音楽性に対する周りからの評価の問題です。

オルタナティブロック

「オルタナティブロック」とは、ロックの中のジャンルの一つです。大手レコード会社がけん引するような、商業的なロックミュージックではありません。時代の流れに捕われない、普遍的な価値を追い求める精神を持つ音楽シーンのことです。

これは、1970年代後半のイギリスやアメリカにおけるロックへの反発から来る、1960年代のロックシーンへの回帰の流れから生まれたものです。

オルタナティブ教育

「オルタナティブ教育」とは、名前の通り主流や伝統と異なる教育・学習方法のことです。

日本語では、「非伝統的教育」「教育選択肢」と呼ばれることもあります。

例えば、ヨーロッパやアメリカでは、通常は切り離されるべきと考えられている「政治や宗教」に関して、強い方向性を持つ学校があります。また、既存の教育法に不満を持った教育者や生徒が集まってできた学校も、「オルタナティブ教育」の例と言えます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「オルタナティブ」について解説しました。

英語表記 オルタナティブ(alternative)
意味 既存のものにとって代わる新しいもの、主流ではないもの、二者択一
語源 「片方」の意味の “alter” から
類義語 代替案、カウンターカルチャー、選択肢
「オルタナティブ」がつく言葉 オルタナティブミュージック、オルタナティブロックなど

「オルタナティブ」は、カタカナ語としても英語としてもよく使われる単語です。様々な意味があるので、文脈によって意味を判断する必要があります。

この機会に使いこなせるようになりましょう。

スポンサードリンク