ことわざ「柳に雪折れなし」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「柳(やなぎ)に雪折(ゆきお)れなし」です。

言葉の意味、使い方、由来、類義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「柳に雪折れなし」の意味をスッキリ理解!

柳(やなぎ)に雪折(ゆきお)れなし:柔らかくしなやかなものは、意外にも堅いものより丈夫であるということ

「柳に雪折れなし」の意味を詳しく

「柳に雪折れ無し」は、柔らかくしなやかなものは、意外にも堅いものより丈夫であるという意味のことわざです。「柳の枝に雪折れなし」という場合もあります。

 

例えば、ガラス製のコップとプラスチック製のコップを落とした時、どうなるのかを想像してみてください。

結果としては、高確率でガラス製のコップは割れてしまいます。一方、プラスチック製のコップは割れない可能性が高いです。

一見、ガラス製のコップが頑丈そうですが、ガラス製のコップにはしなやかさがありません。落ちた時の衝撃を吸収することができないため、割れてしまうのです。

 

また、人生において何らかの壁にぶつかった時、柔軟な心持ちでいる方が上手く対応できるという意味もあります。

「柳に雪折れ無し」は、後者のような意味合いで使われることが多いです。この場合、「柔軟」や「臨機応変」などと同じニュアンスになります。

スポンサードリンク

「柳に雪折れなし」の使い方

  1. 彼女は、柳に雪折れなしというような人だから、みんなの意見を柔軟に捉えてうまくまとめていた。
  2. 柳に雪折れなしということわざがぴったりな彼女だから、頭は悪くても世あたり上手にやっていけるだろう。

「柳に雪折れなし」の由来

柳の枝は、しなやかで柔らかいのが特徴です。

そのため、枝に雪が降って重さがかかってしまっても、そのしなやかさで振り払うことができます。

この様子を表現したのが「柳に雪折れなし」です。

スポンサードリンク

「柳に雪折れなし」の類義語

「柳に雪折れなし」には以下のような類義語があります。

  • 柔(じゅう)能(よ)く剛を制す:しなやかなものは一見弱く見えるが、硬くて強いものをうまくかわして勝つことができるということ
  • 柳に風:逆らわないものは災いを受けないということ
  • 堅(かた)い木は折れる:強く、妥協を許さないような人は、何かの問題に直面した時に簡単に挫けてしまうことのたとえ
  • 柳に受ける:逆らわないで、されるがままになるということ

「柳に雪折れなし」の英語訳

「柳に雪折れなし」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Oaks may fall when reeds stand the storm.
    (葦(あし)は嵐に耐えられるが、樫(かし)の木は倒れる。)
  • The soft may prove more durable than the hard.
    (ソフトはハードよりも耐久性があるのかもしれない。)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「柳に雪折れなし」について解説しました。

読み方 柳(やなぎ)に雪折(ゆきお)れなし
意味 柔らかくしなやかなものは、意外にも堅いものより丈夫であるという意味
由来 しなやかで柔らかい柳の枝は重い雪にも耐えられることから
類義語 柔く剛を制す、柳に風、堅い木は折れるなど
英語訳 Oaks may fall when reeds stand the storm.(葦は嵐に耐えられるが、樫の木は倒れる。)

体の柔らかい人は怪我をしにくいと言いますよね。他にも似たようなことはたくさんあるはずなので、気になった方は探してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク