バラエティとは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「バラエティ」です。

「バラエティ」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「バラエティ」とは?

バラエティ(varitey):多様性があること。また、変化があること。

「バラエティ」の意味を詳しく

「バラエティ」とは、変化、多様性のことです。

現代では、バラエティは娯楽番組を指すことが多いです。しかし、もともとは「多様性」という意味です。

英語のvarietyは、varyという単語から派生しています。varyは、「変える」や「多様する」という意味です。この意味から、変化の種類が多いことを表すようになりました。

 

また、品種や種類のことを指す場合もあります。

そして、日本では「様々な種類の要素を含む番組」という意味で、「バラエティ番組」という言葉が浸透しました。

スポンサードリンク

「バラエティ」の使い方

  1. 暇つぶしに、バラエティショップに行った。
  2. 彼の芸は、バラエティに富んでいる。
  3. 彼女は、今人気のバラエティタレントだ。

❶は、「多様性」という意味です。多種多様な商品を取り扱うショップのことを、バラエティショップと言います。

❷では、「変化」という意味で使われています。❸は、バラエティ番組を中心に活動するタレントのことを指します。

「バラエティ」の語源

バラエティの語源はラテン語の “varius” です。

varietyの語源であるvaryは、ラテン語のvariusから来ています。

variusは、「様々な」や「まだらの」という意味です。このvariusが、variierと形を変えて古フランス語で使われました。

そして、英語でもvaryという形で使われるようになりました。この単語が、varietyやvariousなどの単語の元となっています。

スポンサードリンク

「バラエティ」の類義語

バラエティには以下のような類義語があります。

  • ダイバーシティー:多様性
  • エンターテインメント:娯楽
  • バリエーション:変化
  • マルチ:複数の
  • オールラウンド:万能

エンターテインメントは、娯楽という意味で類義語です。それ以外は、多様性や変化という意味です。

まとめ

以上、この記事では「バラエティ」について解説しました。

英語表記 バラエティ(variety)
意味 多様性があること。また、変化があること。
語源 ラテン語のvarius
類義語 ダイバーシティー、エンターテインメントなど

バラエティは、日常的に耳にする言葉です。しかし、本来の意味を知らない人が多いです。

そのため、意味を誤解したり、正しい意味で使われているにもかかわらず、理解できないという事態が生じてしまいます。

ぜひ、本来の使い方を覚えましょう。

スポンサードリンク