「頓挫(とんざ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「頓挫(とんざ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「頓挫」の意味をスッキリ理解!

頓挫(とんざ):勢いが途中で弱くなる、または無くなること。文章などの調子が途中で変わること。

「頓挫」の意味を詳しく

「頓挫」の主要な意味は、「途中で勢いが弱まること、または無くなること」です。「頓」には「急に、にわかに」、「挫」には「途中で勢いが衰える」という意味があります。この意味では、特に計画や事業が行き詰まることを指して使われます。

また、「頓挫」には「文章などの調子が、途中で変わること」という意味もあります。文章だけでなく、スピーチなどの調子についても使うことができます。この意味の場合、基本的に四字熟語の一部として使われます。

「頓挫」を含む四字熟語には、「抑揚頓挫(よくようとんざ)」と「沈鬱頓挫(ちんうつとんざ)」があります。「抑揚頓挫」は、「言葉の調子を変えたり、勢いを急に変えること」を示します。また、「沈鬱頓挫」は、「文などの内容が深く、言葉の意味が理解しづらいこと」という意味です。

スポンサードリンク

「頓挫」の使い方

  1. 来週のプレゼンに向けて準備をしていたが、パソコンが壊れてしまい頓挫をきたした。
  2. その計画は出だしは順調だったが、実現する前に頓挫した。
  3. 彼のスピーチは抑揚頓挫が上手く使われており、印象深いものでした。

「頓挫」の類義語

頓挫には以下のような類義語があります。

  • 挫折(ざせつ):途中で駄目になること
  • 蹉跌(さてつ):つまずくこと
  • 衰退(すいたい):おとろえて勢いを失うこと

「頓挫」の類義語には、「途中でつまずく」や「途中で駄目になる」という意味の熟語があります。

「蹉跌」は、「つまずく」という意味の漢字を重ねた熟語です。文の中では、「蹉跌をきたす」のように使います。

スポンサードリンク

「頓挫」の対義語

頓挫には以下のような対義語があります。

  • 円滑(えんかつ):物事が滞り(とどこおり)なく進むこと。

「頓挫」の英語訳

頓挫を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • fail
    (失敗する)
  • setback
    (後退、挫折)
  • standstill
    (行き詰まり)

“setback” と “standstill” は名詞です。 “experience a setback(挫折を経験する)” や “be at a standstill(行き詰まる)” のように動詞と共に使いましょう。

“fail” は「失敗する」という意味です。「計画などが途中で続けられなくなる」という意味で「頓挫」を使う時には、 “fail” を使用しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「頓挫」について解説しました。

読み方 頓挫(とんざ)
意味 勢いが途中で弱くなる、または無くなること。文章などの調子が途中で変わること
類義語 挫折、蹉跌、衰退など
対義語 円滑など
英語訳 fail(失敗する)

「頓挫」は、ニュースやビジネスシーンなどで日常的に耳にする言葉です。意味や使い方等を是非覚えてみてください。

スポンサードリンク