「端的(たんてき)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「端的(たんてき)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「端的」の意味をスッキリ理解!

端的(たんてき):手っ取り早く、はっきりしている様子

「端的」の意味を詳しく

「端的」の意味には、以下の4つがあります。

「端的」の意味
  1. はっきりしていて、明確にそれとわかる様子
  2. たちどころに何かが起こる様子
  3. 手っ取り早く要点だけをとらえる様子
  4. 物事の本質

③がメインの意味ですが、①や②で使うことも多くあります。④は限られた状況でしか使われません。また、①〜③は形容動詞の「端的」が持つ意味であるのに対し、④は名詞としての「端的」が持つ意味になります。

それでは、それぞれの意味を確認していきましょう。

意味①:はっきりしていて、明確にそれとわかる様子

「端的」の1つめの意味は、「はっきりしていて、明確にそれとわかる様子」です。

たとえば、肌荒れの原因が明らかに生活習慣の乱れだという場合に「肌荒れは、生活習慣が乱れている端的な現れだ」などと言います。

「端的」の中では最もベーシックな意味で、名詞としての「端的」の意味にも近いです。ただし、意味③と区別がつきにくいため、文脈からの判断が必要になります。

意味②:たちどころに何かが起こる様子

「端的」の2つめの意味は、「たちどころに何かが起こる様子」です。

これは意味①の派生で捉えるとわかりやすいです。「目の前ではっきりとわかるほどに物事が変化している」というような意味合いです。

たとえば、税率を下げたらいきなり株価が上がった、と言いたい場合には、「税率を下げたら、株価が端的に上がった」などと言います。

意味③:手っ取り早く要点だけをとらえる様子

「端的」で一番メインの意味は「手っ取り早く要点だけをとらえる様子」です。

「端的に言うと」「端的にまとめると」など、意味①と意味③を包含した形で使われることが非常に多いです。

たとえば、相手が冗長に説明していることを指摘したい場合には、「もっと端的に言ってほしい」などと要求します。

意味④:物事の本質

「端的」の4つめの意味は「物事の本質」です。

これは主に仏教用語などで使われる用法で、あまりメジャーな使い方ではありません。

「端的」の使い方

「端的」は、以下のような言い回しでよく使われます。

「端的」の言い回し
  • 端的に言うと
  • 端的にまとめると
  • 端的に表すと
  • 端的でわかりやすい
  • 端的な文章
  • 短く端的に
  • 端的すぎる
これらの言い回しのように、「端的な(名詞)」もしくは「端的に(動詞)」という形でよく使われます。

それでは、それぞれの言い回しについて、例文と一緒に見ていきましょう。

「端的に言うと」の使い方

「端的に言うと」は、手短にはっきり言うと、という意味合いで使われます。

非常によく見る言い回しです。相手に言いにくいことを言うときの前置きとしても使われます。

例文
端的に言うと、私はあなたに迷惑をかけられているんです。

「端的にまとめると」の使い方

「端的にまとめると」は、要点をまとめると、という意味合いで使われます。

ある程度込み入った物事の結論をスパッとまとめるときに、前置きとしてよく使われるフレーズです。

例文
端的にまとめると、この会社の業績が悪化しているということだ。

「端的でわかりやすい」の使い方

「端的でわかりやすい」は、余分な説明などがなく理解しやすい、という意味です。

ビジネスシーンでも日常会話でもよく出てくる褒め言葉です。

例文
彼の教え方は、非常に端的でわかりやすい

「端的な文章」の使い方

「端的な文章」は、要点だけを手短に書いている文章、という意味合いで使われます。

例文
端的な文章で、問題の本質を語っている。

「短く端的に」の使い方

「短く端的に」は、とにかく要点を手短に、という意味です。

「短く端的にまとめてください」と指示を出す形でよく使われます。

例文
時間がないので、短く端的にまとめてくれますか?

「端的すぎる」の使い方

「端的すぎる」は、あまりにも手短すぎてその他の情報が抜け落ちている、という意味合いで使われます。

その他の言い回しはおおむねポジティブな意味ですが、この言い回しのみ、批判的な意味合いが強いです。

例文
あまりにも端的すぎるのも問題だよ、相手にだって感情はあるんだから。

「端的」の語源

「端的」は、もともとは中国の言葉で、仏教用語でも俗語でもありました。それが日本に流入し、一般的な言葉として使われ始めました。

「端的」を漢字に分解すると、以下のような意味になります。

「端的」の漢字の意味
  • :まっすぐで偏らない
  • :明らかな目標
この2つの意味が合わさり、「端的」は「物事の本質」や「要点だけをとらえている」などの意味合いを持ちます。

「端」の字は、以下の2つの成り立ちから、「まっすぐで偏らない」という意味を持つようになりました。

「端」の成り立ち
  • 音:「全て、端から端まで」という意味を持つtmという音がtam、タンと変化した
  • 形:「立つ人」と「巫女」が合わさって端という漢字になった。儀式が行われる場所での定まった立ち位置のことを意味している
  • 「端」を使った他の単語には、以下のようなものがあります。
    「端」を含む単語の例
    • 端正:整っていること
    • 異端:普通から大きく外れていること

    「端的」の類義語

    端的には以下のような類義語があります。

    • 明白:はっきりとしていて、疑う余地がないこと
    • 明快:明らかでわかりやすいこと
    • 明瞭:不明なところがなく、はっきりしていること
    • 明晰:明らかではっきりしていること
    • 簡潔:手短ですっきりしていること
    • 簡明:簡単で、はっきりしていること。簡単明瞭とも
    • 手短:短くまとまっていること
    • 平明:わかりやすく、はっきりしていること
    • 率直:ありのままに、素直であること
    • 正確:正しいこと
    • クリア:明白なこと

    「端的」と「明白」の違い

    「明白」は「はっきりとしていて、疑う余地がないこと」という意味です。

    「端的」と「明白」には以下のような違いがあります。

    • 端的:要点がまとまっており、はっきりしていること
    • 明白:疑う余地がなく、はっきりしていること

    「端的」と「明快」の違い

    「明快」は「明らかでわかりやすいこと」という意味です。

    「端的」と「明快」には以下のような違いがあります。

    • 端的:明らかでわかりやすいこと、要点だけがまとまっていること
    • 明快:明らかでわかりやすいこと
    「端的」を使う場合、「要点だけがまとまっている」という意味と「明らかでわかりやすい」という意味のどちらのニュアンスが強いのかがわかりにくいため、「明らかでわかりやすい」ことのみを言いたい時は「明快」が好まれます。

    「端的」と「明瞭」の違い

    「明瞭」は「不明なところがなく、はっきりしていること」という意味です。

    「端的」と「明瞭」には以下のような違いがあります。

    • 端的:余分な点がなく、はっきりしていること
    • 明瞭:不明なところがなく、はっきりしていること

    「端的」と「簡潔」の違い

    「簡潔」は「手短ですっきりしていること」という意味です。

    「端的」と「簡潔」には以下のような違いがあります。

    • 端的:短くすっきりしており、要点がとらえられていること
    • 簡潔:短くはっきりしていて、表現も簡単なこと
    「端的」は「要点がとらえられていること」に重きが置かれており、「簡潔」は「表現が簡単なこと」に重きが置かれています。

    関連語:「端的」と「簡単」の違い

    「簡単」は「単純でわかりやすい」という意味です。

    「端的」と「簡単」には以下のような違いがあります。

    • 端的:短くすっきりしており、理解しやすいこと
    • 簡単:短く単純でわかりやすいこと
    どちらも「わかりやすい」という点は共通していますが、「簡単」は単純であるゆえのわかりやすさ、「端的」は要点のみがまとまっているゆえのわかりやすさを表しています。

    言い方は「端的」であっても、内容は「簡単」ではないこともあります。

    「端的」の対義語

    端的には以下のような対義語があります。

    • 迂遠:まわりくどいこと
    • 婉曲:露骨ではないこと
    • 遠回し:間接的に何かをすること
    • 回りくどい:遠回しでわずらわしいこと

    「端的」の英語訳

    端的を英語に訳すと、次のような表現になります。

    • clear
      (明快)
    • plainly speaking
      (要するに)
    • straightforward
      (率直に)
    • direct
      (直接)
    • speak frankly
      (ざっくり言うと)

    まとめ

    以上、この記事では「端的」について解説しました。

    読み方端的(たんてき)
    意味手っ取り早く、はっきりしている様子
    語源中国語から
    類義語明白、明瞭、簡潔など
    対義語迂遠、婉曲、遠回しなど
    英語訳clear(明快)など

    ビジネスにおいて非常によく使われる言葉です。

    ABOUT US

    Rie
    Rie
    日英バイリンガル東大生。 10年間小説を書き続けているため、文章力には自信があります。 いくつかの小説投稿サイトで掲載/連載している他、教育系NPOでもライターをしています。