四字熟語「水天一碧(すいてんいっぺき)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「水天一碧(すいてんいっぺき)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「水天一碧」の意味をスッキリ理解!

水天一碧(すいてんいっぺき):空と海がどちらも青色のとき、地平線で両者が一続きのように見えること

「水天一碧」の意味を詳しく

水天一碧の「水天」には、「水と空」と「海と空」という意味があります。また、「空と海が接するところ」という意味もあります。つまり、「水平線」ということです。

また、「碧」は、深い青色や青緑色を指します。ですから、「一碧」は、空や海の一面が青くなることを意味します。

つまり、水天一碧とは「空と海がどちらも青く、境がなく一続きのように見えること」を意味するのです。

スポンサードリンク

「水天一碧」の使い方

  1. 沖縄の海は、水天一碧の風景だった。
  2. ボリビアにあるウユニ塩湖は、湖の表面が鏡のように空を反射しているため、空と海の境目が分からないように見える。まさに水天一碧の景色だ。
  3. 水天一碧の景色を見ていると、心が安らぐ。

「水天一碧」の由来

「水天一碧」の出典は、中国初唐の詩人である王勃(おうぼつ)が手がけた、『滕王閣序(とうおうかくのじょ)』という文章です。

王勃は「秋水(しゅうすい)は長天(ちょうてん)と共に一色(いっしき)なり」と書きました。「秋水」は秋の川、「長天」は空のことです。つまり、「秋の空のもとで、川と空が一つになっている」という意味です。

この漢文から、水天一碧という四字熟語がうまれました。

スポンサードリンク

「水天一碧」の類義語

水天一碧には以下のような類義語があります。

  • 水天一色(すいてんいっしょく):海と空が一続きになり、同じ色になること
  • 水天彷彿(すいてんほうふつ):水平線と空の区別がつかないさま
  • 一碧万頃(いっぺきばんけい):海などの水面が、遥か彼方まで青々と広がっていること

「水天彷彿」の彷彿は、境目がぼんやりとして見分けにくいことを表します。「水天彷彿たる眺め」などと使います。ちなみに、「水天髣髴」とも書きます。

「一碧万頃」の「頃」は、古代中国における面積の単位です。「万頃」は非常に広いことを表します。

まとめ

以上、この記事では「水天一碧」について解説しました。

読み方 水天一碧(すいてんいっぺき)
意味 水平線で、空と海が一続きのように見えること
由来 王勃の『滕王閣序』
類義語 水天一色、水天彷彿、一碧万頃など

今も昔も、人々は水天一碧の風景を美しいと感じていたのです。

これから、海と空が水平線で一続きになっている風景を見た時には、水天一碧という四字熟語を思い出してみましょう。

スポンサードリンク