四字熟語「深謀遠慮(しんぼうえんりょ)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「深謀遠慮(しんぼうえんりょ)」です。

言葉の意味、使い方、由来、類義語、対義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「深謀遠慮」の意味をスッキリ理解!

深謀遠慮(しんぼうえんりょ):遠い先の事までよく考えて、綿密な計画を立てること

「深謀遠慮」の意味を詳しく

「深謀遠慮」とは、遠い先の事までよく考えて、周到綿密な計画を立てることという意味を表す四字熟語です。

「遠謀深慮(えんぼうしんりょ)」や「遠慮深謀(えんりょしんぼう)」などのように言われることもあります。

「深謀遠慮」の「深謀」は、深く考えられた綿密な謀(はかりごと)を意味しており、「遠慮」は、遠い先の事まで見通してよく考えることを表しています。

「謀」とは、「事がうまくゆくように、前もって考えた手段・方法・計画」のことです。

 

また、「深謀遠慮」の「遠慮」は、「相手に対して気をつかい、自分の言動を控えるようにすること」や「相手の誘いや提案を断ったり、辞退することを遠回しに表現したりすることば」という一般的な意味ではありません。

ここでは、「現在のことだけでなく、遠く先の未来のことまで深く考慮すること」という3つ目の意味で使われています。

もともと「遠慮」は「遠い先のことを思うこと」という意味が語源でした。そこから、「未来のことを考えて、すぐには行動に移さない」という意味で使われるようになりました。

そして、江戸時代のころには現代で使われている「遠慮」の意味合いが強くなっていったのです。

スポンサードリンク

「深謀遠慮」の使い方

  1. いい加減、お父さんのような深謀遠慮の人になってもらいたいものだ。
  2. 兵士の命を預かっているのだから、深謀遠慮して作戦を練らなければならない。
  3. 彼が命令に背いたのは、彼なりの深謀遠慮の結果であった。
  4. 深謀遠慮して、はじめて成功することができる。

書籍の中では、➌のように「深謀遠慮の結果」という形で使われることが多いです。

また、➍のように「深謀遠慮する」という動詞形で使うこともできます。

「深謀遠慮」の由来

「深謀遠慮」という四字熟語の由来は、『文選(もんぜん)』という中国の書物です。

『文選』は、南北線時代の中国の書物で、複数の文学者の詩や文章がまとめられているものです。その中の賈誼(かぎ)という人物が書いた「過秦論(かしんろん)」という作品の中に登場します。

「秦」という国を批判する文章です。「秦」を滅ぼす戦いの際に活躍した陳勝(ちんしょう)という人物について述べる部分に登場します。現代語訳では、以下のような意味です。

 

秦王朝を倒す戦いの口火を切った陳勝の地位は、他の国や時代の諸侯より低いものでした。陳勝の軍の武器が他より強かったわけでありません。

深謀遠慮する(深く謀りごとをめぐらし、遠い先々のことまで思いをめぐらして、軍を進め兵を用いる)点でも陳勝はかつての諸侯たちには及びませんでした。それにもかかわらず、陳勝は成功し、諸侯国は失敗したのです。

 

「陳勝は、地位が低く軍隊も弱かったが、深謀遠慮があったため勝つことができた」という内容ではないので、注意が必要です。

「陳勝は、深謀遠慮の点でも、ほかの諸侯と比べて特別優れていたわけではないのですが、なぜか秦を滅ぼしてしまった」という内容です。

スポンサードリンク

「深謀遠慮」の類義語

「深謀遠慮」には以下のような類義語があります。

  • 思慮分別(しりょぶんべつ):物事に注意深く考えをめぐらし、判断すること。
  • 百術千慮(ひゃくじゅつせんりょ):さまざまな方法や手段を探り、しっかりと注意深く考えること。
  • 千思万考(せんしばんこう):何度も深く考えること。
  • 千方百計(せんぽうひゃっけい):ありとあらゆる方法を使って行動すること。

「深謀遠慮」の対義語

「深謀遠慮」には以下のような対義語があります。

  • 軽挙妄動(けいきょもうどう):軽はずみに何も考えずに行動すること。
  • 軽率短慮(けいそつたんりょ):よく考えないで、軽はずみに物事を決めたり、行動したりすること。
  • 軽慮浅謀(けいりょせんぼう):あさはかで軽々しい考えや計略。
  • 軽佻浮薄(けいちょうふはく):考えや行動などが軽はずみで、浮ついている様子。
  • 鼻先思案(はなさきじあん):目先のことだけにとらわれた考え。単なる思いつき。

「軽挙妄動」の「軽挙」は深く考えずに行動することを表します。また、「妄動」は分別なくみだりに行動することという意味です。

「軽率短慮」の「軽率」は、物事の善悪や成否などをよく考えずに決めたり、行動したりすることです。「短慮」は、せっかちで慎重さや思慮に欠けることを意味する言葉です。

「軽慮浅謀」の「軽慮」は軽々しい考えを表します。そして、「浅謀」はあさはかな計画を意味します。

「軽佻浮薄」の「軽佻」は落ち着きがなく、よく考えないで言動する様子のことを指します。「浮薄」は浮ついて軽々しい様子を表します。また、信念がなく他に動かされやすい様子という意味もあります。

 

「鼻先思案」は「はなさきしあん」と読むこともあります。

スポンサードリンク

「深謀遠慮」の英語訳

「深謀遠慮」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • far sight and deep design
    (深謀遠慮)
  • long future with deep thought
    (深謀遠慮)
  • long sightednes
    (深謀遠慮)

far sight が「遠く先のことを見ること(考えること)」を意味します。そして、 deep design が「深い考え」を表します。

“He is man far sight and deep design.(彼は深謀遠慮な人物だ。)” などのように使います。

まとめ

以上、この記事では「深謀遠慮」について解説しました。

読み方深謀遠慮(しんぼうえんりょ)
意味遠い先の事までよく考えて、綿密な計画を立てること
由来中国の古書『文選」から
類義語思慮分別、百術千慮、千思万考、千方百計
対義語軽挙妄動、軽率短慮、軽慮浅望、軽佻浮薄、鼻先思案
英語訳far sight and deep design, long future with deep thought, long-sightednes(深謀遠慮)

「深謀遠慮」という四字熟語は、日常生活の中で頻繁に使われるものではありません。しかし、日々の生活の教訓になる言葉です。

ただやみくもに努力しても、いい成果は生まれないでしょう。落ち着いて深謀遠慮し、先の計画を立て直すことも重要です。

「深謀遠慮」の正しい使い方や、言葉の成り立ちをきちんと理解しましょう。

スポンサードリンク