四字熟語「千載一遇(せんざいいちぐう)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「千載一遇(せんざいいちぐう)」です。

言葉の言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「千載一遇」の意味をスッキリ理解!

千載一遇(せんざいいちぐう):めったにめぐり合えないような良い機会のこと

「千載一遇」の意味を詳しく

「千載」は「千年」という意味です。つまり、とても長い時間を指しています。また、「一遇」とは「一度だけめぐり合う」ということです。

これらのことから、「千載一遇」は「千年に一度だけめぐり合う」ということを表していることがわかります。

千年に一度しかめぐり合えないということは、非常に珍しいことであると言えますね。ですから、「千載一遇」の意味は「めったにめぐり合えないような機会」という意味なのです。

なお、「千載一遇」を「せんさいいちぐう」と読むのは間違いなので、気をつけましょう。

スポンサードリンク

「千載一遇」の使い方

「千載一遇」を用いた例文には、以下のようなものがあります。

  1. 明日のオーディションに合格すれば、連続ドラマの主人公を演じることができる。まさに千載一遇のチャンスだ。
  2. 人気アイドルのコンサートの抽選に当選するとは、千載一遇だ。
  3. 今回の仕事は、上司に自分の能力をアピールするための千載一遇の機会になりそうだ。

これらの例文から、「千載一遇」は、物事が良い方向に変わるための機会を指すことがわかりますね。つまり、ポジティブな意味合いで使われるのです。

「千載一遇」の由来

古代中国の本に、袁宏(えんこう)という歴史家が書いた『三国名臣序賛(さんごくめいしんじょさん)』というものがあります。

この本は、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)という3つの国のなかから、それぞれ優秀な臣下(しんか)を紹介するために書かれました。

『三国名臣序賛』には、「千載の一遇は、賢智(けんち)の嘉會(かかい)なり」という文が書かれています。「千年に一度でも、賢い人や、皆のお手本になるような人に会えたとするならば、それは幸せな出会いである」という意味です。

つまり、優秀な人に会うということは、とても珍しい機会であるということです。

この記述が「千載一遇」の由来なのです。

スポンサードリンク

「千載一遇」の類義語

「千載一遇」には以下のような類義語があります。

  • 千載一会(せんざいいちえ):またとない機会
  • 千載一合(せんざいいちごう):またとない機会
  • 曇華一現(どんげいちげん):珍しい機会
  • 盲亀浮木(もうきふぼく):めったに会えないこと
  • 空前絶後(くうぜんぜつご):とても珍しいこと
  • 僅有絶無(きんゆうぜつむ):ほとんどないこと

どの言葉も、非常に珍しいことを表しています。ですから、「千載一遇」の類義語といえます。

「千載一遇」の英語訳

「千載一遇」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • one chance in a million
    (百万年に一度の機会)
  • one‐in‐a‐million chance
    (百万年に一度の機会)

「千載一遇」は、「千」という数字を使って、「いかに珍しいことであるのか」を強調しています。一方、英語訳では、「千」よりもさらに大きい「百万」という数字を用いていますね。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「千載一遇」について解説しました。

読み方 千載一遇(せんざいいちぐう)
意味 めったにめぐり合えないような良い機会のこと
由来 『三国名臣序賛』
類義語 千載一会、曇華一現、盲亀浮木など
英語訳 one chance in a million(百万年に一度の機会)、one‐in‐a‐million chance(百万年に一度の機会)

「千載一遇」は、日常生活でもよく耳にする四字熟語ではないでしょうか。珍しい機会に恵まれたときには、「千載一遇」という言葉を思い出してみましょう。

スポンサードリンク