「先負(せんぶ/さきまけ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「先負(せんぶ)」です。

言葉の意味・使い方・語源についてわかりやすく解説します。

「先負」の意味をスッキリ理解!

先負(せんぶ・さきまけ):(陰陽道の六曜の1つで)急用や公事を避けるべき日

【補足】「陰陽道(おんみょうどう)」とは

「陰陽道」とは、古代中国において発達した、占いの技術の1つです。

陰陽道には以下の2つの思想があります。

  • 五行思想(ごぎょうしそう):この世の全ての事物は、「火・水・木・土・金」の5つで構成されると考える思想
  • 陰陽思想:明るく澄んだ「陽」の気と、暗く濁った「陰」の気でこの世が成り立っていると考える思想

以上2つの思想をもとにして、自然界の事象を解明することによって、人間界に起こる吉凶を占うことができる、とするのが陰陽道になります。

「先負」の意味を詳しく

「先負」とは古代中国の考え方である「六曜(ろくよう)」のうちの1つで、「急用や公事を避けるべき日」を指します。主にカレンダーにおいて、日付や曜日の脇に書いてあることが多い単語になります。

「六曜」のなかにおいてもその意味を認識している人はそう多くないこの単語ですが、「先んじると負ける」という漢字の通り、急な行動をさけ、静かに過ごすべき日、とされています。そのため、あまり運勢の良い日とは言えないのがこの「先負」にあたる日です。

「先負」の使い方

  • 今日は暦の上では先負にあたるため、家の中で過ごそうと思う。

「先負」は暦上の一つの曜日にあたるため、その意味や使い方に、活用はそう多くありません。

したがってその使用法も、「先負なので大人しく過ごす」や、「先負なのに思いつきの行動をしたために失敗した」などの使われ方が多いです。

「先負」の語源

「先負」は冒頭でも述べた通り、陰陽道の教え「六曜(ろくよう)」の中の1つにあたります。

同じく六曜の中には「先勝」という曜日がありますが、字の如く「先負」とは対照的な曜日になっています。

六曜(ろくよう)とは

「六曜」は古代中国において「時間」を測る際に使用されていた考え方です。

日の出から日の入りまでの日中と、それ以降の夜間とをそれぞれ3つ、つまり合わせて6つに区切り、それぞれに六曜の1つ1つを当てはめて区分していました。

「六曜」には以下の6つがあり、それぞれに避けるべき行動や、反対に吉となる行動があります。

  • 先勝(せんしょう):先回りして行動すると吉とされる
  • 友引(ともびき):友人を引き込むため、結婚式には吉、葬式には凶とされる
  • 先負(せんぶ):先んじて行動すると凶とされる
  • 仏滅(ぶつめつ):基本的には凶だが、悪縁を切るには吉
  • 大安(たいあん):やってはいけないことがなく、特に害がないとされる
  • 赤口(しゃっこう):全てが消滅するとされ、六曜の中で最も不吉とされる

古代中国では1日の中での時間帯の区分として使用されてきましたが、日本では明治時代以降、「時間」ではなく「日」の吉凶を表すものとして使用されるようになりました。

中でも「大安」や「仏滅」は有名ですが、正しくその意味やとるべき行動を理解している人はそう多くはありません。1つの教養として覚えておくと良いかもしれませんね。

「先負」の日に避けるべきこと

繰り返している通り、「先負」は「先んじると負け」る日です。そのため、この日において避けるべきとされていることには以下の内容が該当します。

  • 午前中の行動
  • 急用や思いつきでの外出、突発的な争い事
  • 公事

特に急な行動や午前中に外出することは、その意味から最もそれた行動にあたりますので、控えた方が良いと言えます。

また、「先勝」が午前中の行動や、思いつきの行動をすると吉であるため、「先負」は逆に午後からの行動や、慎重に練った計画を実行にうつすと良い、と認識している人が多くいますが、実はそうではありません。

「先負」の日は「静かに過ごすこと」が吉とされるため、午後なら大胆な行動をしていい、ではなく、家で大人しく過ごすと良いでしょう。

まとめ

以上、この記事では「先負」について解説しました。

読み方先負(せんぶ)
意味(陰陽道の六曜の1つで)急用や公事を避けるべき日
語源古代中国の六曜における、「先んじると負ける」とされた時間帯から

「先負」や「六曜」を日常生活の中で意識しながら生活している人はそう多くないですが、これを教養として押さえておくだけで知的な印象を与えられます。是非この機会に覚えておくと良いでしょう。