「友引(ともびき)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「友引」です。

言葉の意味・使い方・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「友引」の意味をスッキリ理解!

友引(ともびき):陰陽道(おんみょうどう)で、勝負をしても勝ち負けが決まらないとされている日・朝晩は吉だが昼は凶の運勢である日

「友引」の意味を詳しく

「友引」とは、「陰陽道(おんみょうどう)で、勝負をしても勝ち負けが決まらないとされている日・朝晩は吉だが昼は凶の運勢である日」のことです。

「陰陽道」の「六曜(ろくよう)」における考え方のひとつです。

「陰陽道」の意味

「陰陽道」とは、「日本で発展した天文・暦・呪術・占星などの占いの教え」のことです。

中国の陰陽五行説などがもとになっていますが、そこに神道や仏教、修験道などの影響が加わって日本で独自に発展しました。

「陰陽道」を代表する安倍晴明のイメージで、呪術や呪いなどの怪しい印象を持っている人も多いかもしれませんが、天文学や暦なども含まれる伝統的な学問です。

「六曜」の意味

「六曜」は、その「陰陽道」の中の暦の考え方です。

「六曜」は、その日の運勢や、その日が行事に適しているかどうかを表す考え方で、以下の6種類を曜日のように繰り返します。

  • 先勝(せんしょう):早くことを済ませてしまうことが良いとされる日
  • 友引(ともびき):勝負の決着がつかない良くも悪くもないとされる日
  • 先負(せんぶ):急用は避けるべきとされる日
  • 仏滅(ぶつめつ):何事もうまくいかないとされる日
  • 大安(たいあん):万事進んで行うのに良いとされる日
  • 赤口(しゃっこう):正午の前後を除いて凶日とされる日

ただし、旧暦における1日は、どの種類になるか月によって固定されているので、そこだけ順番が前後します。

「友引」の意味

「友引」には、以下の以下の3つの意味や決まりがあります。

  • 勝負の勝敗がつかない日
  • 朝晩は吉だが昼は凶の運勢である日
  • 葬式は避けるべき日

「友引」の1日の運勢は、「全体的には吉」とされています。しかし、正午の前後1時間である11時から13時の間は、「運勢は凶」と決められています。

また、漢字の「友を引く」という意味から、葬式は避けたほうがよいと言われています。「故人が親しかった人を連れていってしまう」と言われているためです。

反対に、結婚式などは「幸せを友人におすそ分けできる」という意味から、好まれることがあります。

「友引」の使い方

  1. 挙式は来週の友引の日に決めました。
  2. 友引には、葬儀は避けたほうがよいでしょう。
  3. 友引の日には、結婚式場は予約でいっぱいになる。

「友引」の対義語

「友引」には以下のような対義語があります。

  • 赤口

六曜のひとつに「赤口」があります。「赤口」は、「全体の運勢は凶」ですが、「11時から13時の間は吉」となっています。

これは、「全体の運勢は吉」で「11時から13時の間は凶」とされている「友引」の反対であると言えます。

「友引」の英語訳

「友引」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • A day that is good luck in the morning and evening, bad luck noon
    (朝と晩は運勢がいいが、昼は運勢がよくない日)

まとめ

以上、この記事では「友引」について解説しました。

読み方友引(ともびき)
意味陰陽道(おんみょうどう)で、勝負をしても勝ち負けが決まらないとされている日・朝晩は吉だが昼は凶の運勢である日
対義語赤口
英語訳A day that is good luck in the morning and evening, bad luck noon(朝と晩は運勢がいいが、昼は運勢がよくない日)

「友引」は、行事を行う際に大切になる考え方なので、しっかりと覚えておきましょう。