「了承(りょうしょう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「了承(りょうしょう)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「了承」の意味をスッキリ理解!

了承(りょうしょう):引き受けること、納得すること

「了承」の意味を詳しく

「了承」とは相手の事情や申し出を理解し、引き受けることを表す言葉です。

「了承」は、意味を理解する「了る(さと)る」と相手の意向を受け入れる「承る(うけたまわ)る」の両方の意味が組み合わさってできた言葉です。そのため、「了解」よりも、受け入れるニュアンスが強い言葉でもあります。

また、了承は相手の言い分を受け入れるという意味から、目上の人に対して「了承しました」と言うことは、上から目線な印象を与えるため控えた方がいいでしょう。

「了承」の使い方

「了承」の例文
  1. 誠に勝手ながら、この度の公演は中止とさせていただきます。何卒ご了承ください。
  2. この企画については、あらかじめ課長の了承を得なくてはならない。
  3. こちらの都合で大変申し訳ありませんが、日程を変更させていただくこととなりました。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。ご了承願います。

①の例文は「こちらの都合で公演を中止したことを受け入れてほしい」という意味です。「何卒ご了承ください」という言葉自体が失礼に当たるというわけではありませんが、相手によっては、一方的に無理やり納得させられるという印象を持たれる恐れがあります。

そのため、ビジネスシーンの中で、目上の相手に使う場合、「ご了承願います」などの、より丁寧な言葉に言いかえるのがよいでしょう。

②の例文は、「この企画については、あらかじめ課長の許可がいる」という意味です。「了承」には、相手に内容を理解してもらい納得を得るという意味があるため、今回の例文のような場合は「許可」と置き換えても問題ありません。

③の例文は、「こちらの都合で日程を変更しますが、どうかご理解のほどよろしくお願いします」という、ビジネスシーンでよく使われる典型的な文です。

「了承」の類義語

「了承」には以下のような類義語があります。

  • 了解:わかること、理解すること
  • 承知:旨を承って知ること、聞いて引き受けること
  • 承諾:聞き入れること、引き受けること
  • 容赦:許すこと、控えめにすること

「了解」は、了承よりも「理解した」というニュアンスが強い言葉です。

また、「容赦」は「席に限りがございますので、あらかじめご容赦くださいませ」のように、相手に都合を聞き入れてもらうという意味で使われるため、了承の類義語になります。

「了承」の対義語

「了承」には以下のような対義語があります。

  • 拒否:受け入れないこと、跳ねのけること
  • 拒絶:相手の事情などを突き返すこと、取り合わないこと
  • 辞退:得ている権利を放棄すること、することをやめること

対義語には「何かを認めない、やめる」などの意味が共通しています。

「了承」の英語訳

「了承」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • approve
    (承認する、許可する)
  • agree
    (同意する、賛成する)
  • understanding
    (理解)

approveは、他動詞としてだけでなく「approve of 名詞」という形でも使用するため、注意して使い分けましょう。

また、understandingは「理解する」という意味であるため、「了解」の英語訳としても使用されます。

まとめ

以上、この記事では「了承」について解説しました。

読み方了承(りょうしょう)
意味引き受けること、納得すること
類義語了解、承知、承諾など
対義語拒否、拒絶、辞退など
英語訳approve(承諾)、agree(同意する)、understanding(理解する)など

「了承」は、ビジネスシーンでとても頻繁に使われる言葉であるため、「了解」などと使い分けができるようにしましょう。