「アグリ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アグリ」です。

「アグリ」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「アグリ」の意味をスッキリ理解!

アグリ(agri):農業に関すること・同意すること・醜いこと

「アグリ」の意味を詳しく

「アグリ」とは、農業に関すること・同意すること・醜いことです。

「アグリ」には、大きく分けて上の3つの意味があるので、それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

「農業に関すること」という意味

「アグリ」は、「農業」や「農業に関わること」を表す広い意味があります。「アグリ」の最も一般的な意味が「農業」です。

「アグリ」という言葉単体で使われることは少なく、以下のような複合語として使われます。

  • アグリ事業:農業に関連する幅広い経済活動
  • アグリビジネス:農業に関連する幅広い経済活動
  • アグリパーク:農業体験ができる施設
  • アグリドローン:農業用のドローン
  • アグリテック:ITの導入によって実現される革新的な農業

「アグリ事業」「アグリビジネス」の意味

「アグリ事業」とは、「農業に関連する幅広い経済活動」のことです。

農業に関わる事業は、野菜を作って売ることだけではありません。例えば、農業に関わる装置や機械、トラクターなどの作業者の販売なども農業に関わる事業のひとつです。

「アグリビジネス」も「アグリ事業」と同じ意味の言葉です。

「アグリパーク」の意味

「アグリパーク」とは、農業体験ができる施設のことです。

市町村が管理していることもあれば、民間の企業などが経営していることもあります。

具体的には、農産物の栽培体験、収穫体験だけでなく、牛の搾乳なども体験できる施設があります。

「アグリドローン」の意味

「アグリドローン」とは、「農業用のドローン」のことです。

「アグリドローン」には、以下のようにさまざまな種類があり、用途も異なります。

  • 農薬を散布する
  • 高圧な電流によって虫を殺す
  • 遠方から畑のようすを確認する

「アグリテック」の意味

「アグリテック」とは、「ITの導入によって実現される革新的な農業」という意味です。

ドローンや自動運転農機の利用のほか、ビッグデータや人工知能を駆使して行う農業のことです。

「アグリテック」を行うことによって、従来の農作業よりも効率的に作物を生産することができます。

「同意すること」という意味

「アグリ」には、「同意する」という意味があります。

語源になる英語の発音から「アグリー」と最後を伸ばして発音されることもあります。

「醜い」という意味

「アグリ」には「醜い」という意味もあります。

人間性などではなく、単純に外見が醜いことを表す言葉です。

「アグリ」の使い方

「アグリ」には以下のような使い方があります。

  1. アグリドローンを導入して、生産の効率を向上させる。
  2. アグリビジネスは、そう簡単なものじゃない。

➊と➋の「アグリ」は「農業の」という意味で使われています。

「アグリ」の語源

「アグリ」の語源は3つあります。

  • agriculture:農業
  • agree:同意する
  • urgly:醜い

「アグリ」の類義語

「アグリ」には以下のような類義語があります。

  • 農業:植物の栽培や家畜の飼育
  • 農耕(のうこう):田畑を耕して農作物を作ること

まとめ

以上、この記事では「アグリ」について解説しました。

英語表記アグリ(agri)
意味農業に関すること・同意すること・醜いこと
語源「農業」という意味の英単語 “agriculture”
「同意する」という意味の英単語 “agree”
「醜い」という意味の英単語 “urgly”
類義語農業、農耕

「アグリ」は、農業の他にも複数の意味がある言葉でした。3つの意味だけでなく、「アグリ」が含まれる複合語の意味までしっかりと司会しておきましょう。