「了解(りょうかい)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「了解(りょうかい)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「了解」の意味をスッキリ理解!

了解(りょうかい):意味や内容を理解し、認めること

「了解」の意味を詳しく

「了解」は、物事の意味や内容を理解し、認めるという意味の言葉です。

意味が似ている言葉に「理解」があります。ただ、「理解」は意味がわかることのみを指すのに対して、「了解」は意味が分かった上でそれを認めることを指します。使い分けに注意しましょう。

ちなみに、「諒解」とも表記します。

スポンサードリンク

「了解」の使い方

了解の使い方の例として、以下のような文が挙げられます。

  1. カラオケでは、順番に歌うという暗黙の了解がある。
  2. 彼との同棲について、両親の了解を得る必要がある。

①で用いた「暗黙の了解」という表現は、「口にはしないが、皆が行っていること」という意味です。よく使われますから、了解という語とセットで覚えるとよいでしょう。

また、②のように「了解を得る」という表現もよく使います。

「了解」は、本来は目上の人に対して使用しても失礼ではありません。しかし、近年、多くのビジネス書などに「了解を目上の人に使うことは失礼だ」という考えが掲載されています。このことから、「了解」は目上の人には使わない方が良いという見解があります。

したがって、「了解」は、自分と同等の立場の人や、目下の人に使うのがよいでしょう。

「了解」の語源

「了解」は、もともと「諒解」と表記しました。「諒」は「もっともらしいと思う」、「解」は「わかる」という意味です。

この 2つが組み合わさった「諒解」は、「意味が分かり、かつそれをもっともらしいと承知する」という意味になるのです。

「諒」という字が常用漢字でないため、「了」が代用されています。

スポンサードリンク

「了解」の類義語

了解には以下のような類義語があります。

  • 承知(しょうち):事情などを知ること。また、依頼を受け入れること
  • 了承(りょうしょう):相手の要求や行為を理解して、認めたり許したりすること
  • 承諾(しょうだく):依頼を引き受けること

上記に挙げた類義語は、「了解」とほとんど同じ意味です。しかし、使う対象が異なります。

ビジネスシーンでは「了解」は同僚に対して、「承知」は上司に対して、「了承」は部下に対して、「承諾」はお客様に対して使います。

なお、「了承」は「諒承」とも表記します。

「了解」の英語訳

了解を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Roger
    (了解)
  • OK
    (了解)
  • understanding
    (理解)

“Roger” は、日本では「ラジャー」と発音します。本来は、軍隊の無線通話で使われた言葉ですが、一般的な言葉として定着しました。

“OK” は、第七代米国大統領のアンドリュー・ジャクソンが、 “All correct” (全て正しい)と書くところを、間違って “Oll korrect” と書いたのが始まりだとされています。

“understanding” については、”understand” に “~ing” をつけて動名詞の形にすることで、「理解すること」という意味をもちます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「了解」について解説しました。

読み方 了解(りょうかい)
意味 意味や内容を理解し、認めること
語源 認めることを指す「諒」と「わかる」ことを指す「解」の組み合わせ。
「諒」を「了」で代用
類義語 承知、了承、承諾
英語訳 Roger(了解),OK(了解)など

了解は、日常生活でよく使う熟語です。しかし、誰に対して使うかによって、失礼な表現となってしまうこともあります。

類義語も合わせて覚え、使い分けられるといいですね。

スポンサードリンク