「リスペクト」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「リスペクト」です。

「リスペクト」の意味、使い方、語源、類義語、対義語、「オマージュ」との違いについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「リスペクト」とは?

リスペクト(respect):尊敬すること

「リスペクト」の意味を詳しく

「リスペクト」とは、相手に対して尊敬をすることです。

また、価値のあるものに対して敬意を示す姿勢も意味します。好意の気持ちを含めて敬意を払っていることがほとんどです。

対象は人であることが多いですが、ものや言動に対しても使用されます。

スポンサードリンク

「リスペクト」の使い方

リスペクトを使用した例文を紹介します。英語と日本語に分けて例文を挙げていきます。

日本語での使い方

  1. 私はバッハの音楽をリスペクトしている。
  2. 彼が最もリスペクトする人物は父親である。
  3. 彼女の言動はリスペクトに値する。

英語での使い方

英語の “respect” と日本語の「リスペクト」では、使い方が少し異なります。英語の “respect” の例文を見てみましょう。

  1. We should respect one’s privacy.
    (プライバシーを尊重するべきだ)
  2. Let’s respect human rights.
    (人権を尊重しよう)
  3. I respect different cultures.
    (私は異なる文化を尊重している)

「リスペクト」は、対象が自分よりも優れていると感じる時に使用されます。

一方で、 “respect” の対象は、自分と対等です。関係に優劣はなく、尊重している全ての事柄に “respect” と使うことができます。

「リスペクト」の語源

「リスペクト」の語源はラテン語の “respectus” です。人を振り返って見るという意味です。

ラテン語で、“re” は再び、 “specere” は見るという意味を持ちます。そのため、 “respectus” は二度見るという意味となります。

二度見ることは、軽く見ないという意味です。これが敬意を示すという意味に転じて、 “respect” と使用されるようになったと考えられます。

スポンサードリンク

「リスペクト」の類義語

「リスペクト」には以下のような類義語があります。

  • 尊敬
  • 尊重
  • 敬意
  • 賛美

「リスペクト」の対義語

リスペクトの対義語は「ディスリスペクト(disrespect)」です。これは、軽蔑、軽視、無礼、という意味を持ちます。

「ディスリスペクト」を略して「ディスる」という言葉がよく使用されています。「ディスる」は相手を否定する際に使われます。

スポンサードリンク

「オマージュ」との違い

「オマージュ」も、相手を尊重するという意味を持つ言葉です。「リスペクト」と同じように、「敬意」や「賛美」することを示します。

しかし、「オマージュ」はある作品や作家に影響を受けて作品を作る、という場合に使用されることが多いです。そのため、「私は彼をオマージュしている」という使い方は不自然です。

「オマージュ」はあくまでも尊敬する対象から影響を受けたという意味です。尊敬するあまりに作品の一部をそのまま使用する行為は「盗作」とみなされます。

まとめ

以上、この記事では「リスペクト」について解説しました。

英語表記 リスペクト(respect)
意味 尊敬する
語源 ラテン語の “respectus” より
類義語 敬意、尊重など
対義語 ディスリスペクト(disrespect)

「リスペクト」を日常生活で使用する機会は増えてきました。しかし、意味を理解しないで使用すると、相手に対して失礼な使い方をしてしまう危険があります。意味と使い方を確認して、正しい使い方を覚えましょう!

スポンサードリンク