「屁理屈(へりくつ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「屁理屈(へりくつ)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「屁理屈」の意味をスッキリ理解!

屁理屈(へりくつ):筋道の通らない理屈のこと

「屁理屈」の意味を詳しく

屁理屈は、道理に合わない理屈という意味です。論理が崩壊していたり、現実とは違う説明をしている話に対して使われる表現です。

人が言い訳をする際、話をこじつけようとします。この時に出てくる言葉が屁理屈です。

他にも、相手の言っていることに納得できなかったり、話している内容の論理に疑問を感じた場合などにこの言葉を使用します。

減らず口を叩くという表現が存在しますが、この言葉の意味は「負け惜しみや強がりの屁理屈を並べること」という意味です。上記の説明の通り、こじつけの話をしている際などに使われます。

「屁理屈」の使い方

  1. 彼はいつも屁理屈ばかり言っている。
  2. その子供は言い争いで自分が不利になると、屁理屈を捏(こ)ねはじめた。
  3. 屁理屈ばかり言う人は嫌われる。
  4. 屁理屈を言ったところで、君が悪いことに変わりはない。

上記の例文のように、「屁理屈」は会話や議論の中で体勢が不利になった際、それっぽいことを並べている人に対して使われる表現です。

また、二つ目の例文にあるような「屁理屈を捏ねる」という表現が非常によく使われます。

「屁理屈を捏ねる」の「捏ねる」とは、「理屈・難題をあれこれと言う」という意味です。「駄々を捏ねる」の「捏ねる」も、同じ意味で使われています。

「屁理屈」の語源

屁理屈は、「屁」と「理屈」の言葉が組み合わされて作られた言葉です。それぞれの言葉の意味は下のようになっています。

  • :おなら
  • 理屈:物事の筋道、道理
「屁」は上記の通り「おなら」という意味ですが、「おなら」は「わずかなもの、くだらないもの」の例えとして使われることがあります。

そのため、屁理屈を直訳すると「くだらない物事の筋道、道理」という意味であり、そこから派生して「筋の通らない理屈」という意味になっています。

「屁理屈」の類義語

屁理屈には以下のような類義語があります。

  • こじつけ:ああ言えばこう言うこと
  • 詭弁:相手を騙すために無意味な議論を展開すること
  • 牽強付会(けんきょうふかい):道理に合わないことを無理矢理こじつけること
  • でたらめ:筋が通っていない話

上記のような、嘘や言い訳を混ぜて論理の通らない話をしていることを表す表現が、屁理屈の類義語です。

「屁理屈」の対義語

屁理屈には以下のような対義語があります。

  • 理屈:物事の筋道、道理

「屁理屈」が「意味の通っていない道理」であるのに対し、「理屈」は「筋道が通っている道理」のことを指します。そのため理屈は屁理屈の対義語的に使うことができます。

「屁理屈」の英語訳

屁理屈を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • quibble
    (屁理屈)
  • make excuses
    (言い訳ばかり言う)

この中で、 “quibble” はかなり直接的な表現です。相手を不快にさせることもあるため、使うタイミングには気をつけましょう。

まとめ

以上、この記事では「屁理屈」について解説しました。

読み方屁理屈(へりくつ)
意味筋道の通らない理屈のこと
語源「屁」と「理屈」の組み合わせ
類義語こじつけ、詭弁など
対義語理屈
英語訳quibble(屁理屈)・make excuses(屁理屈ばかり言う)

このように、屁理屈とは意味が通らない・筋道がずれている理屈を表す言葉です。屁理屈ばかり言う人は面倒くさい人と認識されることが多く、嫌われる傾向にあります。

会話の際には論理や道理を意識し、屁理屈ばかり言うことがないようにしましょう。