読み方が同じ2つの言葉、どう使い分ける?「制作」と「製作」の違い

違いのギモン

「制作」と「製作」の2つの言葉は、「せいさく」と読む点が共通しています。また、漢字のつくりも似ていますね。

さらに、 “何かを作る” という行為を指している点も同じです。

それでは、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。そこで、この記事では、「制作」と「製作」の相違点や使い分けについて解説します。

スポンサードリンク

結論:作るものの特徴と数が異なる

「制作」は、個性的なものを、自分の手で1つだけ作る行為を指します。一方、「製作」は、実用的なものを、道具を使って大量に作る行為を指します

「制作」の定義と使い方を解説


個性があるものを、自分の手で作る行為を「制作」といいます。独創的なものが手作業で作られるため、ひとつひとつが、世界に1つしかないものになりますね。

「制作」の例として、絵を描くことや陶芸をすること、芸術作品を作ることが挙げられます。独創性のあるものを手作業で作る点が、「制作」の定義に当てはまっています。

記事を書いたり、ウェブサイトを作ったりする作業も「制作」といえます。手を使って行う作業ですね。

また、内容が他の記事やウェブサイトと酷似していれば、剽窃 (ひょうせつ) 行為となってしまいます。さらに、どの記事やサイトも独自性が必要であり、構成やレイアウトにデザイン性も求められるのです。

このように、「制作」は、自分の手を使って、世界に1つしかない独自性のあるものを作ることを指すのです

スポンサードリンク

「製作」の定義と使い方を解説


実用性のあるものを、機械などを用いて作ることを「製作」といいます。

手作業ではなく、道具を使って作るため、作られるものは、どれも同じ規格になります。また、大量生産することができることも特徴です。

「製作」の例として、日用品や部品、器具を作ることが挙げられます。

作られたものはどれも、工場の機械で大量に生産されており、実用性をもっています。ですから、「製作」の定義に当てはまっています。

このように、「製作」は、機械を使って、実用的なものを1度にたくさん作ることを指すのです

「制作」と「製作」を組み合わせる例


ここまで、「制作」と「製作」の特徴や用例について解説しました。

芸術性と唯一性を重視する「制作」と、実用性と大量生産を追求する「製作」。両者は一見、相反する行為にみえます。

しかし、「制作」と「製作」を組み合わせることで成立するものもあるのです。映画と本を例に解説します。

映画

映画を作るという一連の流れのなかには、「制作」と「製作」の2つが存在します。

まず、脚本を作ること、撮影すること、音楽を作ることの3つは「制作」といえます。

脚本の内容、スクリーンに映すもの、音楽の旋律は、どれもその作品にしかない独自性のあるものでなくてはならないからです。また、魅力的な構図や音楽にするためには、芸術性も求められるからです。

 

個性的な映画を作っても、作品を人々に観てもらわなければ意味がありません。つまり、作品に “実用性” を持たせなくてはならないのです。

そのために必要なのが、資金調達や宣伝です。予算やコマーシャルといった道具を使って、多くの人に映画を届ける作業ですから、これらは「製作」といえます。

このように、「制作」と「製作」が組み合わせることによって、はじめて映画が公開されるのです。

本も、「制作」と「製作」の両方が関わってうまれるものです。

まず、本を執筆する作業は「制作」です。説得力や文学性がある文章を、手作業で書く作業ですから、「制作」の定義に当てはまりますね。

しかし、本は内容を書き終えただけでは完成しません。印刷をして刊行する必要があります。

機械を用いて大量に本を作るので、これは「製作」といえます。

 

つまり、作者が「制作」を、印刷所や出版社が「製作」を担うことで、はじめて本がうまれるのです。

このように、映画と本を例に考えると、「制作」と「製作」が共存するものが多いことがわかります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「制作」と「製作」の違いについて解説しました。最後に、両者の相違点についておさらいしましょう。

  • 制作:芸術的なものを、手を使って、1つだけ作る
  • 製作:実用的なものを、道具を使って、大量に作る

「制作」と「製作」はどちらも、ものを作ることを指す言葉ですが、作るものの特徴や数に違いがあるのです。また、両者の行為を組み合わせて作られるものもあります。

私たちの生活は、たくさんのもので溢れています。ひとつひとつを見て、それが「制作」されたものなのか、「製作」されたものなのか、それとも「制作」と「製作」を組み合わせたものなのか、考えてみるのもおもしろいですね。

スポンサードリンク