「オーバーシュート」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「オーバーシュート」です。
「オーバーシュート」の意味、使い方、語源、類義語、対義語について分かりやすく解説します。

「オーバーシュート」とは?

オーバーシュート(overshoot):度を越していること

「オーバーシュート」の意味を詳しく


「オーバーシュート」とは、度を越していることです。

「オーバーシュート」は感染症医療で用いられる場合と金融で使われる場合で意味が異なります。それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

感染症医療で使われる「オーバーシュート」

感染症医療で使われる「オーバーシュート」は感染者が爆発的に増加することという意味です。

より厳密に言うと、感染者の数が予想値を大幅に超えて増えた時に「オーバーシュート」と呼ばれます。

2019~2020年の新型コロナウイルス(COVID-19)の日本での流行について政府の専門家会議が以下のような発言をしたことで、この言葉が有名になりました。

「孤発例※が増えていくということは、感染実態を必ずしもつかめていないということを意味する。こういうことが続くと爆発的患者急増(オーバーシュート)につながりかねない」

孤発例:感染経路がわからない患者

金融で使われる「オーバーシュート」

金融で使われる「オーバーシュート」は相場の行き過ぎた変動のことです。具体的には以下のような場面で使われます。

  • 為替相場が行き過ぎた変動を起こした場合
  • 株価が行き過ぎた変動を起こした場合

その時の経済の状況に応じて分析し、予想される適切な価格から大きくかけ離れた時に「オーバーシュート」を使います。

新型コロナウイルス感染症で有名になる前は、オーバーシュートは主に金融業界で用いられていました。

「オーバーシュート」の使い方

  1. このまま対策せずに放置すればオーバーシュートの危険性がある。
  2. 株価のオーバーシュートが経済の混乱をよく表している。
  3. 為替相場がオーバーシュートしているので買い時だ。
①の例文では「オーバーシュート」は「感染者数の爆発的増加」という意味で用いられています。

②③の例文では「オーバーシュート」は「相場の行き過ぎた変動」という意味で用いられています。

「オーバーシュート」の語源

オーバーシュートの語源は英語の “overshoot” です。

英語の “overshoot” の意味は以下のとおりです。

  • 通り越す
  • 行き過ぎる

このうち、「行き過ぎる」の意味からカタカナ語の「オーバーシュート」が生まれました。

「オーバーシュート」の類義語

オーバーシュートには以下のような類義語があります。

  • 感染爆発:感染者数が爆発的に増えること
  • アウトブレイク(outbreak):限られた範囲内で感染者が予想より多く発生すること
  • エンデミック(Endemic):限られた地域で感染症が繰り返し流行すること
  • エピデミック(Epidemic):感染症が広い地域で急激に流行すること
  • パンデミック(Pandemic):感染症が世界規模で深刻な被害を引き起こすこと

「pandemic」と「epidemic」と「endemic」の 違いを解説!

2020年3月14日

「オーバーシュート」の対義語

オーバーシュートには以下のような対義語があります。

  • アンダーシュート(undershoot):目標に届かないこと

まとめ

以上、この記事では「オーバーシュート」について解説しました。

英語表記オーバーシュート(over shoot)
意味度を越していること
語源英語のovershoot
類義語感染爆発
アウトブレイク
エンデミック
エピデミック
パンデミック など
対義語アンダーシュート(undershoot)

オーバーシュートは今注目されている言葉です。意味を抑えておきましょう。