四字熟語「無病息災(むびょうそくさい)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「無病息災(むびょうそくさい)」です。

言葉の意味、使い方、由来、類義語、「一病息災」との違い、対義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

「無病息災」の意味をスッキリ理解!

無病息災(むびょうそくさい):病気にならず、健康であること。

「無病息災」の意味を詳しく

「無病息災」は、「病気や事故などの災いに見舞われることなく、健康な状態であること」を意味する四字熟語です。

この四字熟語は「無病」と「息災」という2つの熟語から成り立っています。

  • 無病:病気にならないこと
  • 息災:災いがなく、元気でいること

これらが組み合わさることで、「災いに見舞われず、健康であること」を意味するようになりました。

ちなみに、「息災」はもともと仏教用語です。

「息」という字には「やめる」「とめる」といった意味があるため、「息災」は「災いがない」という意味になります。

「無病息災」の使い方

「無病息災」を用いた文には、以下のようなものがあります。

  1. 私は元旦に神社で家族の無病息災を祈るようにしている。
  2. 彼の叔父は高齢だが、これまで目立った病気にもかからず、無病息災で過ごしてきた。
  3. 冬至には無病息災を願って柚子湯に入る風習がある。

生きている以上、人間は様々な病気やけがに見舞われる可能性があります。「無病息災」は人間が祈りを込めて用いることが多いです。

「無病息災」の由来

「無病息災」を「無病」と「息災」に分けて、それぞれの由来を見てみましょう。

「無病」の由来

「無病」の由来は、明らかになっていません。

ただし、前漢時代の中国で書かれた『淮南子(えなんじ/わいなんし)』という書物のなかに、以下のような文章があります。

そのため、「無病」は古代中国において、すでに用いられていた言葉であることがわかります。

良醫者 常治無病之病 故無病

この文を現代の言葉に訳すと、「優秀な医者は、常に無病の病を治す。だから、病がないのである」という意味になります。

「無病の病を治す」とは、「病気がない」という状態を治療とするという意味です。

つまり、「しっかりと予防する」ということを指します。

「息災」の由来

「息災」は、もともと仏教用語でした。「息災」の「息」には、「防ぐ、とどめる」という意味があります。

「息災」は、「仏の力で、災害や病気を食い止める」ということを指す言葉なのです。

仏教用語の「息災」の由来をさらに遡ると、サンスクリット語の「扇底迦(せんていきゃ)」という言葉に行き着きます。

「扇底迦」は、密教で用いられる言葉です。「修行をすることで、病気や災害を防ぐ」という意味をもちます。

「無病息災」の類義語

無病息災には以下のような類義語があります。

  • 平穏無事(へいおんぶじ):何事も起こらず、平和である様子。
  • 延命息災(えんめいそくさい):災いに見舞われず、長生きすること。
  • 家内安全(かないあんぜん):家族に災いが起こらず、無事であること。
  • 地平天成(ちへいてんせい):世の中が平穏で、災いが起こらないこと。
  • 太平無事(たいへいぶじ):平和で、変わったことが起こらないこと。
  • 無事息災(ぶじそくさい):病気や災いがなく、平和に暮らすこと。
  • 安穏無事(あんのんぶじ):特に何も問題が起きず、平和なこと。
  • 息災延命(そくさいえんめい):災難なく、長生きすること
  • 足手息災(あしてそくさい):体が丈夫なこと
  • 健在(けんざい):健康でいること
  • 健全(けんぜん):健康でいること
  • 達者(たっしゃ):健康なこと(転じて、何かに器用なことも指す)
  • 健康(けんこう):病気がなく健やかであること
  • 病気知らず:病気が一切なく、元気であること
  • 剛健(ごうけん):体が病気であること
  • 健やか(すこやか):病気がないこと
  • 元気:体の調子が良いこと
  • 老健(ろうけん):年をとっても、健康であること

「無病息災」と「家内安全」の違い

「家内安全(かないあんぜん)」は、「家族全員に病気や事故がない」という意味です。

「人に病気や災難がなく、平穏である」という点は、「無病息災」と共通しています。ただし、以下の違いに気をつけましょう。

  • 無病息災:個人の健康を指す
  • 家内安全:家族全員の健康を指す

「無病息災」と「家内安全」では指す対象が異なるのです。

「無病息災」と「無事息災」との違い

「無病息災」と「無事息災」はどちらも、「平穏であること」を表しているため、ほぼ同じ言葉といえます。

ただし、細かい意味合いに着目すると、両者には違いがあります。

  • 無病息災:どちらかといえば「病気がないこと」に重きをおいている
  • 無事息災:病気や災害などもふくめ、「悪いこと全般がないこと」を表す

「無病息災」と「一病息災」との違い

「一病息災(いちびょうそくさい)」は、「無病息災」と似ているため、混同されがちな言葉です。

ただし、両者は意味が全く異なります。

  • 無病息災:健康であること
  • 一病息災:病気をひとつくらい持っているほうが健康に気を使うため、長い間元気でいられる

「無病息災」が「一切病気がないことの良さ」を表しているのに対して、「一病息災」は、「かえって病気が1つあってほうが良い」ということを表しています。

意味が異なるため、混同しないように気をつけましょう。

「無病息災」の対義語

無病息災には以下のような対義語があります。

  • 天変地異(てんぺんちい):台風や地震など、自然界に起こる異変のこと。
  • 衰老病死(すいろうびょうし):老いて衰え、病気になり亡くなること。
  • 飛花落葉(ひからくよう):この世は絶えず移り変わり、留まることはないということ。
  • 四百四病(しひゃくしびょう):人間がかかる全ての病気のこと。
  • 内憂外患(ないゆうがいかん):内にも外にも問題が多いこと。
  • 物情騒然(ぶつじょうそうぜん):世間や人の心がざわついていること。
  • 物議騒然(ぶつぎそうぜん):世間や人の心がざわついていること。

「無病息災」の英語訳

無病息災を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • in sound health
    (無病息災で)
  • hale and hearty
    (元気がいい)
  • good health
    (活発で元気)

実は “sound” には「健全な」「健康な」といった意味があるのです。

そのため、 “in sound health” で「無病息災」という意味を表します。

まとめ

以上、この記事では「無病息災」について解説しました。

読み方無病息災(むびょうそくさい)
意味病気にならず、健康であること。
由来息災の由来:仏教用語から。
類義語平穏無事、延命息災、家内安全など
「一病息災」との違い一病息災:病気がひとつあるほうが健康に気を使い、長い間元気でいられる
対義語天変地異、衰老病死、飛花落葉など
英語訳in sound health(無病息災で)

人間は生まれてきた以上、いつか必ずこの世を去ります。

ですがせめてその時まで、可能な限り無病息災のまま人生を謳歌(おうか)したいものですね。