四字熟語「無病息災(むびょうそくさい)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「無病息災(むびょうそくさい)」です。

言葉の意味、使い方、類義語、対義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「無病息災」の意味をスッキリ理解!

無病息災(むびょうそくさい):病気にならず、健康であること。

「無病息災」の意味を詳しく

「無病息災」は、「病気や事故などの災いに見舞われることなく、健康な状態であること」を意味する四字熟語です。

この四字熟語は「無病」と「息災」という2つの熟語から成っています。「無病」は字の通り「病気にならないこと」を意味します。一方、「息災」は「災いがなく、元気でいること」を意味します。

これらが組み合わさることで、「災いに見舞われず、健康であること」を意味するようになりました。

 

ちなみに、「息災」はもともと仏教用語です。「息」という字には「やめる」「とめる」といった意味があるため、「息災」がこのような意味を持っています。

スポンサードリンク

「無病息災」の使い方

「無病息災」を用いた文には、以下のようなものがあります。

  1. 私は元旦に神社で家族の無病息災を祈るようにしている。
  2. 彼の叔父は高齢だが、これまで目立った病気にもかからず、無病息災で過ごしてきた。
  3. 冬至には無病息災を願って柚子湯に入る風習がある。

生きている以上、人間は様々な病気やけがに見舞われる可能性があります。「無病息災」は人間が祈りを込めて用いることが多いです。

「無病息災」の類義語

無病息災には以下のような類義語があります。

  • 平穏無事(へいおんぶじ):何事も起こらず、平和である様子。
  • 延命息災(えんめいそくさい):災いに見舞われず、長生きすること。
  • 家内安全(かないあんぜん):家族に災いが起こらず、無事であること。
  • 地平天成(ちへいてんせい):世の中が平穏で、災いが起こらないこと。
  • 太平無事(たいへいぶじ):平和で、変わったことが起こらないこと。

無病息災も含めて、お守りに書かれているような四字熟語が多いです。こうした四字熟語が表す状態は、人々が願ってやまないことだということです。

スポンサードリンク

「無病息災」の対義語

無病息災には以下のような対義語があります。

  • 天変地異(てんぺんちい):台風や地震など、自然界に起こる異変のこと。
  • 衰老病死(すいろうびょうし):老いて衰え、病気になり亡くなること。
  • 飛花落葉(ひからくよう):この世は絶えず移り変わり、留まることはないということ。

「無病息災」の英語訳

無病息災を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • in sound health
    (無病息災で)

実は “sound” には「健全な」「健康な」といった意味があるのです。そのため “in sound health” で「無病息災」という意味を表します。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「無病息災」について解説しました。

読み方 無病息災(むびょうそくさい)
意味 病気にならず、健康であること。
類義語 平穏無事、延命息災、家内安全など
対義語 天変地異、衰老病死、飛花落葉など
英語訳 in sound health(無病息災で)

人間は生まれてきた以上、いつか必ずこの世を去ります。ですがせめてその時まで、可能な限り無病息災のまま人生を謳歌(おうか)したいものですね。

スポンサードリンク