「マブダチ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「マブダチ」です。

「マブダチ」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

「マブダチ」の意味をスッキリ理解!

マブダチ(mabudati):本当の友達

「マブダチ」の意味を詳しく

「マブダチ」とは、親しい間柄の友人のことです。

「本当の、真実の」という意味の「マブ」に、「友達」という言葉の略語である「ダチ」を組み合わせて作られた言葉が「マブダチ」です。

以前、「マブ」という言葉はかなり多用されていて「まぶしい」ことを「マブい」と表現することもあります。

1970年代後半若者の間でツッパリブームの流行があったことで、特別仲が良い友達を意味する「マブダチ」が若者を中心に幅広く普及しました。

「マブダチ」と「親友」の違い

「マブダチ」と「親友」は、大きな違いはなく、両者とも「特別仲が良い友達」という意味で使用されます。

しかし、印象の違いがあります。「親友」と言うよりも「マブダチ」は「より近い存在で気軽に言いやすい印象」になります。

また、人によっては「マブダチ」はヤンキー用語であるという印象が強い場合があります。言葉の持つイメージを意識して使用しましょう。

「マブダチ」の関係

「マブダチ」と呼べる関係の例をいくつか挙げていきます。

  • 気を使わない
  • いつも側にいる
  • 困ったときに相談できる・助けてくれる
  • 心を許すことができる
人によって「マブダチ」の定義は異なりますが、上記の例のような関係性の友人のことを「マブダチ」と呼びます。「マブダチ」に発展する友好関係は「心を許すことができる」「気を使わない」などの信頼関係なくして存在し得ません。

「マブダチ」の使い方

  1. 私たちってマブダチだよね?
  2. 彼と僕は昔からとても仲が良く、マブダチだと思っている。

上の例文のように、「親しい友達であること」を表す際に使用されます。

①の場合は、「私たちって仲がいい友達だよね?」という確認の意味で「マブダチ」が使用されています。

②の場合も、2人の親しい関係性を「マブダチ」で表現しています。

「マブダチ」の語源

マブダチの語源は日本語の “まぶい(眩い)” です。「まぶい」の持つ2つの意味を詳しく見ていきましょう。

意味
  1. 容貌が美しい様子・美しい女性
  2. 「まぶしい」の省略形
もともと、「まぶい(眩い)」は江戸時代から盗賊の隠語として「美しい・よい」という意味で使用されていました。また、まぶしいの省略形として「まぶい」と表現されることもあります。

このような本来「まぶい」が持つ意味が変化し、「本当の、真実の」という意味になりました。これが「本当の友達」を意味する「マブダチ」の由来です。

「マブダチ」の類義語

マブダチには以下のような類義語があります。

  • 相棒:嬉しい時も辛い時も共に過ごす仲間
  • ニコイチ:2人で1人
  • ズッ友:ずっと友達
  • BFF:一生親友

①の「相棒」は、「共に分かち合う仲間」を指します。

②はの「ニコイチ」は、「2人で1人」という意味をもち、それほどに仲の良い関係であることを表します。女の子の間で頻繁に使用される言葉です。もともとは、「不完全な個体を組み合わせて1つの物を作る」という状況に使用されていた言葉です。

③の「ズッ友」は、「ずっと友達」を意味するギャル語です。若者を中心に「ズッ友」は2000年代前半から使用されています。

④の「BFF」は、「best friend forever」を省略したもので、「一生親友」という意味です。海外ドラマがきっかけで使用されるようになり、高校生などの若い世代が使用する言葉です。

まとめ

以上、この記事では「マブダチ」について解説しました。

英語表記マブダチ(mabudati)
意味親しい友人
語源「まぶい」の意味から
類義語相棒、ニコイチ、ズッ友、BBF

「マブダチ」は1970年代頃に流行し、現在も若者の間で「親しい友達・本当の友達」を意味する言葉として、使用されています。「親友」と基本的に同じ意味で使用しますが、若干のニュアンスの違いがあるので注意しましょう。