ことわざ「口は災いの元」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「口は災いの元(くちはわざわいのもと)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「口は災いの元」の意味をスッキリ理解!

口は災いの元(くちはわざわいのもと):不用意な発言が思いがけない災難を招くこと

「口は災いの元」の意味を詳しく

「口は災いの元」とは、「不用意な発言が思いがけない災難を招くこと」です。うかつな発言は自分自身が損をするきっかけになりうるため、「言葉には十分気を付けよ」という戒めでもあります。「災い」を「禍」という語に変えて「口は禍(わざわい)の元」と表記する場合もあります。

また、「元」と「門」という文字に変えて「口は災いの門」と言うこともあります。なお、「口は災いの門」は、「くちはわざわいのもん」と読む場合と、「くちはわざわいのかど」と読む場合があります。

「口は災いの元」の使い方

  1. 口は災いの元と言うが、彼の余計な一言で場が凍り付いた。
  2. 口は災いの元だから、自分の言動には気を付けた方がいい。
  3. 彼女は口は災いの元ということを理解しておらず、いつも損をしている。

口が滑ったときや、失言したときに使います。

「口は災いの元」の由来

「口は災いの元」は、『古今事文類集(ここんじぶんるいじゅう)』という書物に由来します。

この書物には「口は是れ禍の門、舌は是れ身を斬るの刀なり(うかつなことを言うと禍が起きる、舌は身を傷つける刀である)」と書いてあり、これが「口は災いの元」の由来となりました。

「口は災いの元」の類義語

「口は災いの元」には以下のような類義語があります。

  • 雉も鳴かずば撃たれまい:無用なことを言ったばかりに災難を被ること
  • 蛙は口から呑まれる:黙っていればよいのに、つまらぬことを言ったために身を滅ぼすこと
  • 沈黙は金、雄弁は銀:何も語らず黙っていることは、すぐれた雄弁よりも大切だということ
  • 舌は禍の根:言葉は災難を招く元だということ
  • 多言は身を害す:口数が多いことは、災難のきっかけになるという戒め
  • 物言えば唇寒し秋の風:余計な発言は災いにつながること
  • 三寸の舌に五尺の身を亡ぼす:不用意な発言で身を滅ぼすこと
  • 禍は口から(わざわいはくちから):発言は慎重であるべきだという教え
  • 口を守る瓶の如くす(くちをまもるかめのごとくす):不用意な発言は慎むべきだということ

「雉も鳴かずば撃たれまい」は、「雉は鳴かなければ猟師に気づかれて撃たれることもない」という意味が含まれています。「蛙は口から呑まれる」は、「蛙は鳴くから蛇に飲まれてしまう」ということを表しています。

「口は災いの元」の対義語

「口は災いの元」には以下のような対義語があります。

  • 言い勝ち功名(いいがちこうみょう):たくさんしゃべると賛同する人が増え、結局は支持されるようになること
  • 思うこと言わねば腹ふくる:考えていることを遠慮して言わずにいると、腹が張って気分が悪くなること

「口は災いの元」の英語訳

「口は災いの元」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Out of the mouth comes evil.
    (口は災いの元)
  • More have repented speech than silence
    (黙っていたことより話したことを後悔する人の方が多い)
  • Least said, soonest mended
    (口数が一番少ないのが、一番修復が速い)

まとめ

以上、この記事では「口は災いの元」について解説しました。

読み方口は災いの元(くとはわざわいのもと)
意味不用意な発言が思いがけない災難を招くこと
由来『古今事文類集』の一文
類義語雉も鳴かずば撃たれまい、蛙は口から呑まれる、沈黙は金,雄弁は銀など
対義語言い勝ち功名、思うこと言わねば腹ふくるなど
英語訳Out of the mouth comes evil.(口は災いの元)、More have repented speech than silence(黙っていたことより話したことを後悔する人の方が多い)、Least said, soonest mended(口数が一番少ないのが、一番修復が速い)

間違った使い方をすることがないよう、今一度確認しましょう。