「後援(こうえん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「後援(こうえん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「後援」の意味をスッキリ理解!

後援こうえん:後ろ盾となって援助や応援をすること。後方の援助兵。

「後援」の意味を詳しく

「後援」には、大きく分けて二つの意味があります。

一つ目は、「物事がうまくことが運ぶように、応援や援助などの手助けをすること」という意味です。

特に、企業などが主催するイベントを援助することを指します。「後援」では、金銭的な援助をすることは少ないです。また、「後援」の依頼は、イベントの信頼性を高めるべく、新聞社などの公共性の高い機関に寄せられることが多くあります。

二つ目の意味では、「後方に控える援助の兵」のことを指します。「後援兵」という言い方もあります。

スポンサードリンク

「後援」の使い方

  1. 都知事選挙の候補者が出揃い、選挙に向けてそれぞれの後援会が結成された。
  2. 今回のスポーツ大会は地域の自治体による後援の元で開催されている。
  3. 先に派遣された部隊と連絡がつかなくなってしまい、後援も派遣されることになった。

上記の例文のように、支援してもらうことやその団体を表す際に「後援」を用います。

「後援」の類義語

「後援」には以下のような類義語があります。

  • 応援(おうえん):他人の手助けをすること
  • 賛助(さんじょ):事業などの趣旨に賛成して力を添えること
  • 援助(えんじょ):困難を抱える人々に対して困難を解決できるように手助けをすること
  • 援護(えんご):困っている人をかばい、助けること
  • 後盾(うしろだて):陰にあって力を貸し、助けること
  • 支持(しじ):ある意見や主張に賛成して、その後押しをすること
  • 加勢(かせい):力を貸して助けること
  • 助勢(じょせい):力を添えて手助けをすること
  • 助力(じょりょく):他の人が進めている仕事や活動などの手助けをすること
  • 助成(じょせい):研究や事業が発展し完成するために後押しをすること

それぞれ行動すること自体だけでなく、人を表す場合も多くあります。

スポンサードリンク

「後援」の対義語

「後援」には以下のような対義語があります。

  • 開催(かいさい):集会や催し物を開くこと。
  • 主催(しゅさい):中心となって会合や行事などを行うこと。
  • 挙行(きょこう):式や行事を執り行うこと。

「後援」の英語訳

「後援」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • give support to~
    (〜を支持する)
  • backing
    (援助、支援)
  • assistance
    (手伝い)
  • help
    (手助けする)
  • back up
    (後ろ盾になる)
  • patronage
    (助成)
  • aid
    (〜を手助けする)

”patronage” と ”aid” は、形式的な表現として使われます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「後援」について解説しました。

読み方 後援(こうえん)
意味 後ろ盾となって援助や応援をすること。後方の援助兵。
類義語 応援、賛助、援助など
対義語 主催、開催、挙行
英語訳 give support to~(~を支持する)

「後援」は、企業が催すイベント等でよく見かける表現です。きちんと意味を理解しましょう。

スポンサードリンク