四字熟語「喜怒哀楽(きどあいらく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「喜怒哀楽(きどあいらく)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「喜怒哀楽」の意味をスッキリ理解!

喜怒哀楽(きどあいらく):喜びと怒りと悲しみと楽しみ。人間のさまざまな感情。

「喜怒哀楽」の意味を詳しく


「喜怒哀楽」とは、喜びと怒り、悲しみと楽しみという、人間の持つさまざまな感情の中で最も代表的な4つの感情を言い表した四字熟語です。

それぞれの漢字の意味を詳しく見ていきましょう。

  • :よろこぶこと。嬉しく思うこと。
  • :いかる。腹をたてる。しかる。
  • :泣きたくなるほど辛い。心が痛んで耐えられない。
  • :満足で愉快な気分である。快い。
「喜」は自らが成し得た成果を嬉しく思うこと、「楽」は趣味や娯楽などをして満足で愉快な気分になること、という点で意味に違いがあります。

更に、悲しみを表現するのに「哀」が使われているのは、「哀」の方が人の悲しみを強く表しているからです。「哀」が衣に口をするようにむせび泣く状態を表しています。つまり「悲」より「哀」の方がより感情的に悲しさを、そして心の痛みを伝えています。

「喜怒哀楽」の使い方

  1. 先生は喜怒哀楽が激しいタイプだから、怒らせないように注意しよう。
  2. 君は喜怒哀楽が出やすいから、交渉の場では気をつけたほうがいい。
  3. 彼は喜怒哀楽がないので、何を考えているのかわからない
①の「喜怒哀楽が激しい」とは、感情の変化が激しい状態を意味します。主に、今回の例文のように、「感情が顔や態度に出やすかったり、ころころ感情が変わったりする」という、ネガティブな意味で使用します。しかし、一方で「感情が豊かだ」というポジティブな意味で取られることもあります。

②の「喜怒哀楽が出やすい」とは、いろいろな感情が表れて、他人から見てもよくわかるという状態です。

③の「喜怒哀楽がない人」とは、感情を表に出さない人のことを表します。ポーカーフェイスな人や無表情の人のことを指します。

「喜怒哀楽」の語源

「喜怒哀楽」の語源は、『礼記(らいき)』の中の「中庸」の一文にあります。『礼記』とは、中国が周から漢の時代の時、儒学者が人の動作や言動、服装や道具について書いた書物です。

「喜怒哀樂之未發、謂之中」

この文章は、「喜怒哀楽の感情が生じないことを中という」という意味です。

中国では「喜・怒・哀・楽・怨」の五つの感情をまとめた「五情」という言葉があります。中国に伝わる五情では、「喜怒哀楽」に”恨み”を加え人間の5つの感情とします。

「喜怒哀楽」の類義語

喜怒哀楽には以下のような類義語があります。

  • 感情(かんじょう):物事に対して起こる気持ち
  • 哀歓(あいかん):悲しみと喜び
  • 苦楽(くらく):苦しいことと楽しいこと。
  • 喜笑怒罵(きしょうどば):喜んだら笑い、起こればののしるという人の感情のこと
  • 悲喜交々(ひきこもごも):喜びと悲しみの感情が交互に入れ替わる状態
  • 酸いも甘いも(すいもあまいも):豊かな人生経験のため、苦い経験と甘い経験の両方をしているため、世の中のことに精通している

「喜怒哀楽」の英語訳

喜怒哀楽を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • emotion
    (感情、喜怒哀楽)
  • feeling
    (感情、気持ち)
  • mood
    (気分、機嫌、気持ち)

喜怒哀楽はさまざまな人の感情という意味のため、感情という意味の”feeling”や”emotion”などが使われます。

まとめ

以上、この記事では「喜怒哀楽」について解説しました。

読み方喜怒哀楽(きどあいらく)
意味喜びと怒りと悲しみと楽しみ。人間のさまざまな感情。
語源書物『礼記』の中の「中庸」の一文から。
類義語感情、喜笑怒罵、悲喜交々など
英語訳emotion(感情、喜怒哀楽)など

「喜怒哀楽」とは人の持つ代表的な感情をまとめた四字熟語です。喜怒哀楽が出すぎては付き合いにくい人となり、かといって喜怒哀楽が出ていない人は何を考えているのかわからないと敬遠されることもあります。ほどよい感情表現を日常生活で意識していきましょう!