どう違うの?「唐揚げ」と「ザンギ」の違い

違いのギモン

好きな料理ランキングなどでも上位にランクインする人気メニュー、唐揚げ。家庭料理としても定番ですね。一方、北海道の名物である、ザンギ。どちらも一見同じ唐揚げですが、その違いはあるのでしょうか?

スポンサードリンク

結論:決定的な違いはない

結論から言うと、唐揚げとザンギには決定的な違いはありません。挙げるとすれば、ザンギの方が味付けをしっかりとするので唐揚げよりも少し味が濃い、というところでしょうか。

「唐揚げ」をもっと詳しく

唐揚げは、江戸時代に中国の普茶料理(ふちゃりょうり)が伝来したもので、当時 “とうあげ” 、 “からあげ” といった呼び方をされていたそう。

当時の唐揚げは今のものと違っており、豆腐を細かく切って油で揚げ、しょう油とお酒で似たものだったそうです。

唐揚げは中国からやってきたものだったのですね。

 

日本唐揚協会の定義によると、唐揚げとは「食材に小麦粉や片栗粉などを薄くまぶして油で揚げたもの」。食材はは肉、魚、野菜など様々です。

唐揚げは、もともとは食材をそのまま下味も粉もつけないで油で揚げるという意味の「から揚げ=空揚げ」であったとも言われています。

食材に小麦粉やかたくり粉などを薄くまぶして下味をつけないで油で揚げて作るシンプルな調理方法です。

 

味付けに関しても、塩、ニンニクや生姜などでシンプルに味付けをします。ザンギも同じ調味料を使いますが、唐揚げよりも少し味が濃いようです。

唐揚げは家庭料理の定番ともあって、手軽に作れるところも魅力ですね。

スポンサードリンク

「ザンギ」をもっと詳しく

ザンギは、北海道における、唐揚げの呼び名です(中国、四国地方でも呼ばれている)。鶏のザンギだけでなく、魚介類を食材にしたザンギ(イカや、タコザンギなど)もあります。

ザンギの発祥は、北海道の釧路。新鮮な海鮮が有名ですね。

ザンギの発祥のお店として有名なのが、「鳥松(とりまつ)」。もともと焼鳥店で、ブロイラーの売り込みがあったことから、1羽まるごとぶつ切りにした唐揚げを揚げてソースを添えて出したのがザンギの始まりとなったと言われています。

ザンギという名前は、中国語の炸鶏(ザージー、ザーチー)から来ていて、「運」がつくように真ん中に幸運の運(ん)を入れ、「ザー・ン・ジー」となり、ザンギとなったのだとか。

 

味付けは唐揚げと同様、醤油やニンニク、生姜などで行いますが、唐揚げに比べ味がやや濃厚です。
北海道の人々の意見としては「ザンギ=鶏の唐揚げ」という意見もあれば、「まったく違う別物だ」という意見もあるようです。

地域によって呼び方が違うだけで、唐揚げとザンギはほぼ同じものととらえていいでしょう。

とはいっても、北海道の人たちにとっては子供の頃から慣れ親しんできたザンギという呼び名なだけに、ザンギは唐揚げと違う!という意見もありますが、実際その違いを問われると、彼らの中でも認識は曖昧なようです。

よって、唐揚げとザンギに違いはなく、しいていうならザンギの方が少し味が濃い、といったところでしょうか。

まとめ

以上、この記事では、「唐揚げ」と「ザンギ」の違いについて解説しました。

  • 唐揚げ:肉、魚、野菜などの食材をシンプルに味付けし小麦粉をまぶしてあげたもの
  • ザンギ:北海道における唐揚げの名称。唐揚げに比べ少し味が濃い。

見た目もほとんど変わらない「唐揚げ」と「ザンギ」。

しいて違いを揚げるならば「ザンギ」の方が「唐揚げ」に比べてしっかり味付けをするため「唐揚げ」に比べ味が濃い、ということがありますが、やはり素材そのものの違いというよりも、地域や文化の違いによる呼び方の違い、ということが言えるでしょう。

北海道の人々にとってザンギとは、小さいころからなじみのある呼び方なのですね。

スポンサードリンク