意外と知らない!「唐揚げ」と「竜田揚げ」の違い

違いのギモン

家庭料理でも定番の人気メニュー「唐揚げ」。居酒屋などでもよく見かける「竜田揚げ」。どちらもよく似た料理ですが、それぞれどう違うのでしょうか。普段あまり意識しない、「唐揚げ」と「竜田揚げ」の違いについて触れていきます。

スポンサードリンク

結論:竜田揚げは唐揚げの一種だが、調理方法が違う

「唐揚げ」は食材(肉、魚、野菜など)を油で揚げたもの、という調理方法のことで、「竜田揚げ」は肉や魚に醤油やみりんで味付けして片栗粉で揚げた料理の名前のことを言います。

材料や味付けはそれぞれ違いますが、両者の違い、というよりも竜田揚げは唐揚げの一種で、唐揚げと言うジャンルの中に竜田揚げがある、ということです。

「唐揚げ」をもっと詳しく

唐揚げの由来は、江戸時代にさかのぼります。

当時中国から伝わってきた普茶料理(ふちゃりょうり)のことを、”とうあげ” 、”からあげ” などと読んだことがはじまりだそう。

当時の唐揚げは今のものとは違っており、豆腐を細かく切って油で揚げ、しょう油とお酒で煮たものだったそうです。

 

しかし一方で唐揚げは、もともと食材に下味も粉もつけず、そのまま油で揚げるという意味で「空あげ(からあげ)」と呼ばれていたという話もあります。

よって唐揚げには決まった食材や味付け方法などはなく、食材をシンプルにあげたものを唐揚げと呼ぶ、と考えていいかもしれません。

 

現在は唐揚げというと鶏の唐揚げをイメージされる方が多いと思いますが、魚や野菜を使う場合も鶏の唐揚げなどと調理法が同じであれば、唐揚げと呼ぶことができます。

衣には主に小麦粉を使い、味付けは塩、ニンニク、生姜など好みによりけりですがいたってシンプルです。

家庭料理の定番とも言われる唐揚げですが、手軽に作れるところも魅力ですね。

スポンサードリンク

「竜田揚げ」をもっと詳しく

「竜田揚げ」は、肉や魚に醤油やみりんで味付けをして片栗粉で揚げたものですが、まずはじめに、竜田揚げの作り方とも関連している、竜田揚げという名前の語源について見ていきましょう。

 

竜田揚げの「竜田」の語源にはいくつかの説があり、そのうちの1つは、百人一首の句に出てくる「竜田川」(奈良県の北西部を流れる川)からきているというもの。

竜田川が紅葉の名所であったことから赤褐色の揚げ物を紅葉に見立てて竜田揚げと呼んだという説です。

竜田揚げは食材には下味をつけますが衣にはつけないため、揚げ終わったあと、衣が厚いところは白っぽく見え、薄いところは赤っぽく見えます。

 

もう1つの説は、旧日本海軍の艦船の「龍田」で船員への食事に小麦粉の代わりに、かたくり粉を使って唐揚げが作られ、その料理の評判が良かったため広まったというもの。

艦船「龍田」で作られたことから、「竜田揚げ」になったと言われています。

当時から片栗粉を使っていたのですね。現在も唐揚げが小麦粉を使うのに対し、竜田揚げには片栗粉を使います

じっくり漬け込んだタレの旨味をしっかり閉じ込められるよう竜田揚げの衣に厚みを持たせるためです。

 

竜田揚げの食材は、主に肉や魚です。唐揚げとは違い、野菜は使いません

臭みのある肉や魚を、醤油、酒(またはみりん)、生姜などで作ったタレにじっくり漬け込んで、独特の臭いを取り除きます。

下味をしっかりつけるので、調理した後の色は唐揚げよりも濃く、味も濃くなります

こうして見てみると、唐揚げの味付けがシンプルなものだったのに対し、竜田揚げの作り方は、手が込んでいますよね。

まとめ

以上、この記事では、「唐揚げ」と「竜田揚げ」の違いについて解説しました。

  • 唐揚げ:食材(肉、魚、野菜など)に小麦粉をまぶして揚げたもの
  • 竜田揚げ:肉や魚に醤油やみりんで味付けをして片栗粉で揚げたもの

唐揚げと竜田揚げの違いについて触れてきましたが、最近は料理のバリエーションも増え、醤油やみりんで味付けた唐揚げや、小麦粉を使った竜田揚げのレシピが紹介されたりと、唐揚げと竜田揚げの違いの認識は曖昧になりつつあるのかもしれません。

しかしそれぞれの由来や語源を見ていくと、もともとの作り方がよくわかりますね。唐揚げは唐揚げ、竜田揚げは竜田揚げとして、これからも受け継がれてほしいですね。

スポンサードリンク