知ってた?「唐揚げ」と「チキン南蛮」の違い

違いのギモン

家庭料理の定番、唐揚げ。お弁当やファミレスなどでもよく見かける、チキン南蛮。どちらも子供から大人まで人気の高いメニューです。どこか違うようで似たようなメニューに思えますが、両者の違いとはなんでしょう?

スポンサードリンク

結論:チキン南蛮は、 “鶏の” 唐揚げに南蛮酢とタルタルソースを加えたもの

唐揚げは、肉や魚、野菜などの食材を油で揚げた料理全般のことを指しますが、チキン南蛮は、唐揚げの中でもとりわけ “鶏の” 唐揚げを南蛮酢で味付けし、タルタルソースを加えた料理のことを指します。

「唐揚げ」と「チキン南蛮」それぞれが別の料理というよりも、唐揚げに調理を加えたものがチキン南蛮、ということですね。

「唐揚げ」をもっと詳しく

唐揚げと聞くと、鶏の唐揚げを連想される方が多いと思いますが、実際には鶏肉に限らず魚や野菜など、様々な食材を揚げた料理全般のことを言います。

主に小麦粉をまぶして揚げますが、片栗粉を使ってもいいし、さらに言うと食材に何も付けずに揚げても唐揚げ、なんです。

唐揚げって、なんでもアリなの?という感じさえしますね。昔は衣をほとんどつけずに揚げていたから「空あげ(からあげ)」と呼んだとも言われています。

 

このことからもわかるように、唐揚げとは料理名というよりも、食材を油で揚げたもの、という意味での調理方法、といったほうが近いかもしれません。

味付けにも決まりはなく、ニンニクや生姜、塩など好みにより様々です。

このように、唐揚げはとても手軽でシンプルな作り方であることから、家庭料理でも人気なのもうなずけますね。

スポンサードリンク

「チキン南蛮」をもっと詳しく

今や日本全国で知られる、チキン南蛮。その発祥の地は、鶏肉文化が有名な九州、宮崎県の延岡市。洋食店「ロンドン」というお店が発祥だそうです。

鶏肉に衣をつけて揚げる料理がまかないとして誕生すると同時に、現在のようなタルタルソースをかける形のチキン南蛮が成立したと言われています。

高度経済成長期の日本に誕生し、今もなお外食メニューとして人気を博し、延岡市のソウルフードにもなっています。

 

それでは、ここからチキン南蛮の作り方について紹介していきます。

チキン南蛮とは、鶏( “チキン” なので)の唐揚げを南蛮酢とタルタルソースで味つけた料理のこと。

南蛮酢は、ねぎや唐辛子を醤油やみりんなどと合わせて作ったピリ辛のタレのことで、チキン南蛮の味付けのポイントの1つです。また、南蛮酢がよく絡むように、チキン南蛮の衣には卵を加えてふわっと厚く仕上げます。

 

タルタルソースは、マヨネーズに玉ねぎ、ピクルス、ケッパー、パセリ、チャイブなどの野菜とゆで卵などを細かく刻んで混ぜ合わせた白い濃厚なソースのことで、揚げ物によく使われているのを見かけますね。

このようにして、唐揚げに、南蛮酢とタルタルソースで味付けをし、チキン南蛮が出来上がります。唐揚げとの違いと言うよりも、唐揚げを進化させたもの、と言う感じですね。

まとめ

以上、この記事では、「唐揚げ」と「チキン南蛮」の違いについて解説しました。

  • 唐揚げ:食材(肉、魚、野菜など)を油で揚げた料理全般
  • チキン南蛮:鶏の唐揚げに南蛮酢とタルタルソースを合わせたもの

唐揚げとは、食材をシンプルに味付けし揚げたもののこと。その「唐揚げ」に南蛮酢とタルタルソースで味付けをして仕上げた料理がチキン南蛮、ということですね。

外食メニューやお弁当などに登場するイメージの強い「チキン南蛮」ですが、「唐揚げ」を作る機会があれば、「チキン南蛮」の調理にもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク