もとはお酒に関する言葉!「醸成」の意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「醸成(じょうせい)」です。

「雰囲気を醸成する」などの形で見かけることが多いかもしれませんが、実はお酒に関係する言葉であることをご存知でしたか?

今回の記事では、「醸成」の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「醸成」の意味をスッキリ理解!

醸成(じょうせい):原材料を発酵させて酒などを造ること。また、ある状態を徐々に作り出すこと。

「醸成」の意味を詳しく

「醸成」には、大きく分けて 2つの意味があります。

まず、1つ目は「原材料を発酵させて酒などを造ること」という意味です。酒や醤油、味噌などの食品は、原材料を発酵させてつくられています。これらの食品がつくられる過程を「醸成」と言うのです。

次に、2つ目は「ある状態を徐々に作り出すこと」という意味です。ある状態とは、場の雰囲気などを指します。たとえば、「応援が追い上げムードを醸成する」などと使います。「醸」という漢字は、「雰囲気を醸(かも)し出す」と言う時にも使われます。

2つ目の意味においては、「徐々に」という部分がポイントです。一気に何かが作られることを表す場合に「醸成」は適していないため、注意しましょう。

 

もとは「原材料を発酵させて酒などを造ること」という意味で使われていた「醸成」は、転じて「ある状態を徐々に作り出すこと」という意味でも使われるようになりました。

「醸成」の「醸」には「時間をかけて作り出す」、「成」には「出来上がる」という意味があります。原材料を発酵させたり雰囲気を作り出す際には、一定の時間がかかりますよね。

このことから、醸成という熟語は「ゆっくりと時間をかけて出来あがること」を指していると理解すると、覚えやすいでしょう。

スポンサードリンク

「醸成」の使い方

  1. ここは味噌を醸成している工場だ。
  2. 彼が市長になったことで、市議会の意識が良い方向に醸成された。
  3. 長い時間を経る、ということも、仲直りの雰囲気を醸成する方法の 1つと言えよう。

①では「原材料を発酵させて酒などを造ること」を指して「醸造」を用いています。

②と③では、「ある状態を徐々に作り出すこと」という意味で「醸成」が使われています。③に描かれているように、雰囲気の醸成には時間がかかるものです。

「醸成」の類義語

醸成には以下のような類義語があります。

  • 醸造(じょうぞう):原材料を発酵させて酒などを造ること
  • 吟醸(ぎんじょう):細かく査定した材料を用いて、丁寧に醸造すること

酒などを造ることに関して、「醸造」と「醸成」はまったく同じ意味を持ちます。「吟醸」の場合は、「醸造」に比べて、より吟味した材料を用いているというニュアンスがあります。

ただ、「醸成」と違い、「醸造」や「吟醸」には雰囲気を徐々に作り出すという意味はありません。

スポンサードリンク

「醸成」の英語訳

醸成を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • brew
    (醸造する)
  • ferment
    (発酵させる)
  • create
    (空気感を作る)

“brew” は、ビールなどを醸造するという意味の動詞です。酒やしょうゆなどが目的語になります。

“ferment” は、単に発酵させるという意味の動詞です。 “fermented food” で、発酵食品という意味になります。

“create” は、雰囲気や気分を徐々に作り出すことを表します。

上記3つの表現を用いた例文は以下の通りです。

例文
  • I was taught by him the way to brew Japanese sake.
    (私は、日本酒を醸造する方法を彼から教わった。)
  • In order to make wine, we fermented grapes.
    (ワインを作るために、我々はぶどうを発酵させた。)
  • I tried to create an atmosphere for the reconciliation between them.
    私は、彼らが仲直りしやすい空気感を醸成するのに努めた。

まとめ

以上、この記事では「醸成」について解説しました。

読み方醸成(じょうせい)
意味原材料を発酵させて酒などを造ること。また、ある状態を徐々に作り出すこと。
類義語醸造、吟醸
英語訳brew(醸造する),ferment(発酵させる), create(空気感を作る)

醸成は 酒などの発酵を意味することもあれば、雰囲気を作り出すことも表す言葉です。状況に応じて、きちんと使い分けましょう。

スポンサードリンク