「陰徳あれば陽報あり」の意味とは?座右の銘にも使われることわざを解説

言葉

「陰徳あれば陽報あり」とは「ひそかに良い行いをすれば後で必ず報われる」という意味です。

普段あまり使わない漢字が使われているため、意味が想像しづらいですよね。

そこで、この記事では「陰徳あれば陽報あり」の意味や使い方、類義語、対義語などについて詳しく解説します。

「陰徳あれば陽報あり」の意味

陰徳いんとくあれば陽報ようほうあり

ひそかに良い行いをすれば後で必ず報われるということ

「陰徳あれば陽報あり」とは、「人の目に触れないところで良い行いをすれば、後で必ず良い報いがある」という意味のことわざです。

「陰徳あれば必ず陽報あり」ともいいます。

陰徳と陽報には、それぞれ以下のような意味があります。

  • 陰徳
    陰で善い行いを積み重ねていく
  • 陽報
    はっきりと表れる良い報い

したがって、「陰徳あれば陽報あり」は「陰で善い行いを積み重ねていくことは、はっきりと表れる良い報いになる」ということを表しているのです。

このことわざのポイントは、「“陰で” 善い行いを積み重ねる」という部分にあります。

人が見ていないところで善い行いをしても、誰かに褒められたり、感謝されたりすることはありませんね。

しかし、この「陰徳あれば陽報あり」ということわざでは、「誰も見ていなくても、善い行いをすれば、必ず報われる」という真理を説いているのです。

「陰徳あれば陽徳あり」は誤用

「陰徳あれば陽報あり」の「陽報」を、「陽徳」と書くのは誤りですから気をつけましょう。

× 陰徳あれば陽徳あり
× 陰徳あれば必ず陽徳あり

なぜなら、「陰徳あれば陽徳あり」としてしまうと、「陰で徳を積めば、はっきりと徳が積む」という不自然な意味になってしまい、「後で必ず良い報いがある」という本来の意味が表せなくなるからです。

「陰徳あれば陽報あり」の使い方

「陰徳あれば陽報あり」は、おもに以下のような言い回しで使います。

使い方
  • 陰徳あれば陽報ありだ。
  • 陰徳あれば陽報ありで、〜。
  • 陰徳あれば陽報ありというから、〜。

上記をふまえて、例文を見てみましょう。

例文
  1. 早朝に、1人で街のゴミ拾いをした。すると、なんと今日宝くじが当たった。まさに陰徳あれば陽報ありだ。
  2. 陰徳あれば陽報ありで、たとえ自分の行動を他人にアピールしなくても、ひっそりとコツコツと良いことをすれば必ず良いことが起きるよ。
  3. リモートワークの日々だが、陰徳あれば陽報ありというから、誰も見ていなくても、さぼらずにしっかり働いてください。

このように、「陰徳あれば陽報あり」は、日常生活でもビジネスシーンでも用いることができます。

「陰徳あれば陽報あり」の由来

「陰徳あれば陽報あり」は、古代中国の思想書『淮南子(えなんじ)』(※)の「人間訓(じんかんくん)」に由来します。

この書物のなかに、以下のような文が登場します。

原文
夫有二陰徳一者、必有二陽報一。有二陰行一者、必有二昭名一

書き下し文
陰徳有る者は、必ず陽報有り。陰行有る者は、必ず昭名(しょうめい)有り。

意味
人知れず徳を積む者には、必ず明らかな善い報いがある。隠れて善い行いをしている者には必ず明らかな名誉がある

この文章のなかの「陰徳有る者は、必ず陽報有り」が元となって、のちに日本でも「陰徳あれば陽報あり」のことわざが定着しました。

(※)『淮南子』とは

『淮南子』は、中国の前漢時代に劉安(りゅうあん)という人物によって編まれた書物です。

全部で21巻から成り立っています。

『淮南子』では、道家をはじめ、儒家や陰陽家など様々な宗教に関する思想が収録されています。

「陰徳あれば陽報あり」の類義語

陰徳あれば陽報ありには以下のような類義語があります。

  • 陰徳は果報(かほう)の来る門口(かどぐち)
    ひけらかさない善行によって良い結果が訪れる
  • 隠れたる信あらば顕(あらわ)れたる験(しるし)
    ①ひそかに信仰したとしても必ずご利益がある
    ②良い行いがひそかなものであっても、後で必ず報われるということ
    ※「隠れての信は顕れての徳」ともいう
  • 積善(せきぜん)の家には必ず余慶(よけい)あり
    良い行いを積み重ねた家には、子孫にまで良いことが起こって幸福になる
  • 陰徳陽報(いんとくようほう)
    ひそかに良い行いをすれば後で必ず報われる
  • 善因善果(ぜんいんぜんか)
    良い行いをすれば、必ず良いことが起きる
  • 福因福果(ふくいんふっか)
    幸福をもたらすような行いをすれば、幸福がやってくる
因果応報は類義語ではない

因果応報は、「陰徳あれば陽報あり」の類義語ではありません。

因果応報は「行いの良し悪しに関わらず、行いのすべが報いとなって返ってくる」ということを表します。

そのため、「ひそかに良い行いをすれば報われる」ということだけを表す「陰徳あれば陽報あり」とは、意味の範囲が異なるのです。

「陰徳あれば陽報あり」の対義語

陰徳あれば陽報ありには以下のような対義語があります。

「陰徳あれば陽報あり」の英語訳

陰徳あれば陽報ありを英語に訳すと、次のような表現になります。

  • He who lend to the poor, gets his interest from God.
    (貧しい人に貸す人は、神からの利益を得る)
  • He that sows good seed shall reap good corn.
    (良い種をまく者は、良い麦を収穫する)
  • A good turn deserves another.
    (1つの良い行いをすれば、別の良いことが返ってくる)

「陰徳あれば陽報あり」のまとめ

以上、この記事では「陰徳あれば陽報あり」について解説しました。

読み方陰徳(いんとく)あれば陽報(ようほう)あり
意味ひそかに良い行いをすれば後で必ず報われるということ
由来『淮南子(えなんじ)』の「人間訓(じんかんくん)」
類義語陰徳は果報の来る門口
隠れたる信あらば顕れたる験
積善の家には必ず余慶あり など
対義語悪因悪果
英語訳He who lend to the poor, gets his interest from God.
(貧しい人に貸す人は、神からの利益を得る)
He that sows good seed shall reap good corn.
(良い種をまく者は、良い麦を収穫する)
A good turn deserves another.
(1つの良い行いをすれば、別の良いことが返ってくる)

「陰徳あれば陽報あり」は、「誰からも感謝されなかったとしても、良い行いをすれば必ず報われる」という励ましになりますね。

日々の生活のなかで、このことわざを意識していきましょう。