「履き違える」の意味を解説!「取り違える」との違いや例文も紹介!

言葉

「履き違える」とは「ズボンなどを間違えて履く」または「物事の意味を間違えて理解する」という意味です。

「取り違える」や「勘違い」など、似ている単語も多く、意味の違いが気になる方も多いのではないでしょうか。

また、直接の英語訳がない表現であるため、どう英語に訳していいか悩む方もいるでしょう。

この記事では、「履き違える」の意味や例文に加え、類義語との違いや英語訳も紹介します。

「履き違える」の意味

ちがえる

  1. ズボンなどを間違えて履く
  2. 物事の意味を間違えて理解する
    例:自由と自分勝手を履き違えるな。

「履き違える」には、「ズボンなどを間違えて履く」と「物事の意味を間違えて理解する」の2つの意味があります。

やや文語的な言い方の場合、「履き違う(はきたがう)」とも言います。

もとは「ズボンなどを間違えて履く」という意味でしたが、転じて「2つの物事を間違えて理解すること」という意味でも使われるようになりました。

今は主に2つめの「(2つ以上の)物事の意味を間違えて理解する」という意味で使われています。

「履き違える」と「穿(は)き違える」の違い

「穿き違える」は「履き違える」の表記違いであり、読み方も一緒です。

「穿く」と「履く」には、以下のような意味の違いがあります。

  • 履く
    靴や靴下などの履物を足につけること、履くこと
  • 穿く
    ズボンや袴などの衣類に足を通し、下半身に身につけること
「ズボンなどを間違えて履く」という意味の場合は厳密には漢字を気にする必要がありますが、「物事の意味を間違えて理解する」という意味であれば、どちらの漢字でも問題ありません。

「履き違える」の使い方


「履き違える」には、以下のような表現があります。

  1. 言葉を履き違える
  2. 立場を履き違える
  3. 目的を履き違える
  4. 意味を履き違える
このように、「履き違える」の前に名詞を置くことで「何を履き違えているのか」と明白にすることができます。

それぞれの表現について、詳しく見ていきましょう。

使い方①:言葉を履き違える

1つめの表現は「言葉を履き違える」です。

「言葉を履き違える」とは、言葉の意味を勘違いすることです。

また、「勘違いに伴ってずれた行動をしてしまうこと」というニュアンスも含まれます。

例文には、以下のようなものがあります。

  • 信頼という言葉を履き違えていた。
  • 励ましの言葉を履き違えて、勝手に落ち込むのはよくない。

使い方②:立場を履き違える

2つめの表現は「立場を履き違える」です。

「立場を履き違える」とは、自分の置かれた立場を勘違いすることです。

主に、自分の立場が低いのにもかかわらず高く見積もってしまい、失礼な言動をすることを指します。

例文には、以下のようなものがあります。

  • 立場を履き違えた行動をすると、クビにもつながりかねない。
  • あなたはひどいことをした側なのだから、立場を履き違えないで。

使い方③:目的を履き違える

3つめの表現は「目的を履き違える」です。

「目的を履き違える」とは、仕事などにおける目的を間違えたり、見失ったりすることです。

例文には、以下のようなものがあります。

  • 仕事の目的を履き違えると、努力が徒労に終わってしまう。
  • 頼み事の目的を履き違えた結果、かえって相手を困らせてしまった。

使い方④:意味を履き違える

4つめの表現は「意味を履き違える」です。

「意味を履き違える」とは、何かしらの意味を勘違いすることです。

「履き違える」には、もともと「意味を勘違いする」という意味が備わっているため、厳密に言えば二重表現になります。

しかし、「〇〇の意味を履き違える」という形で使うことによって、何を履き違えているのかを明確化する効果があります。

 

例文には、以下のようなものがあります。

  • 君の言ったことの意味を履き違えて、君を悲しませてしまった。
  • 彼は「遊ぶ」と「だらける」の意味を履き違えている。
「意味を履き違える」は厳密には二重表現

「意味を履き違える」は、厳密に言えば二重表現です。

二重表現とは、「頭痛が痛い」などのように、一つのフレーズの中で意味が重複してしまっているフレーズのことを指します。

しかし、前述の通り、何を履き違えているのかを明確化する目的で「意味を履き違える」というフレーズを使う人もいます。

公的な文書などでは避けた方が良いですが、日常会話であれば通じる言い回しです。

「履き違える」の由来


「履き違える」は、もともと「履物を間違える」という意味で使われていました。

人の履いているものを間違えて履いてしまう、という意味が転じて、物事の意味を間違えて理解する様子を指すようになりました。

「履き違える」の類義語


「履き違える」には以下のような類義語があります。

  • 取り違える
    物事や内容を誤った意味で受け取ること
  • 思い違い
    事実とは異なることを思い込むこと
  • 考え違い
    物事に間違った考えを抱くこと
  • 勘違い
    物事に間違った認識を抱くこと
  • 誤解
    言葉や物事を間違って解釈すること
  • 錯誤
    事実とは異なる認識をしてしまうこと
  • 心得(こころえ)違い
    思い違いや誤解をすること
  • 早飲み込みする
    早く理解しようとしたあまり、間違って認識してしまうこと
  • 曲解(きょっかい)
    他人の言動や物事をあえて間違えて解釈すること
  • 早合点(はやがてん)
    完全に理解する前に理解したと思ってしまうこと
  • 誤謬(ごびゅう)
    間違いのこと
  • 過誤(かご)
    間違いのこと

「誤解」と「誤認」の違いとは?意味から使い方の例まで解説

特に似ている類義語との違いをまとめてご紹介します。

「履き違える」と「取り違える」「勘違い」の違い

「履き違える」「取り違える」「勘違い」の3語は、いずれもほぼ同じ意味で使えますが、以下のようにニュアンスが少し異なります。

履き違える取り違える勘違い
使い方「もともと知っているべきこと」に特によく使う「誰かから言われたこと」に特によく使ううっかりしたミスなどによく使う
自由と無責任を履き違える言われたことの意味を取り違える約束の時間を勘違いする

なお、「取り違える」を「履き違える」と同じ意味で使いたい場合は、「意味を取り違える」という表現で使うことが多いです。

「履き違える」と「思い違い」「考え違い」の違い

「履き違える」と「思い違い」や「考え違い」には、以下の違いがあります。

  • 履き違える
    主に2つ以上のことがらの意味を間違えて/取り違えて理解する
  • 思い違い/考え違い
    ある物事の意味を間違えて理解する
主な違いは、「履き違える」は2つ以上の物事に使うことが多いのに対し、「思い違い」や「考え違い」は1つの物事に対しても使えるという点です。

そのため、「思い違い」や「考え違い」の方がより広い意味で使うことができます。なお、「思い違い」と「考え違い」はほぼ同じ意味です。

逆に、「履き違える」は「2つ以上のことがらを逆に捉えてしまった」という意味を一語で表すことができるため、その点で便利な表現になります。

「履き違える」と「誤謬」の違い

「履き違える」と「誤謬」には、以下の違いがあります。

  • 履き違える
    主に2つ以上のことがらの意味を間違えて/取り違えて理解する
  • 誤謬
    主に知識や論証などにおいての間違い
「履き違える」よりも「誤謬」の方が使われにくいです。

「履き違える」の英語訳


「履き違える」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • mistake
    (間違える)
  • misunderstand
    (誤解する)
  • have a mistaken/wrong idea
    (間違った考えや認識を持つ)
  • confuse A with B
    (AをBと混同する)
  • take A for B
    (AをBと取り違える)
「履き違える」の直訳にあたる英語はないため、使いたい意味や文脈に応じた英語訳を選びましょう。

「履き違える」のまとめ

以上、この記事では「履き違える」について解説しました。

読み方履き違える(はきちがえる)
意味①ズボンなどを間違えて履く
②物事の意味を間違えて理解する
由来「履物を間違える」という意味の「履き違える」
類義語取り違える
思い違い
考え違い など
英語訳mistake(間違える)など

「ズボンなどを間違えて履く」という意味から派生して「(主に2つ以上の)物事の意味を間違えて理解する」という意味になったことを覚えておきましょう。

ABOUT US

Rie
Rie
日英バイリンガル東大生。 10年間小説を書き続けているため、文章力には自信があります。 いくつかの小説投稿サイトで掲載/連載している他、教育系NPOでもライターをしています。