「拝承(はいしょう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「拝承(はいしょう)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳・その他の日立用語についてわかりやすく解説します。

「拝承(はいしょう)」の意味をスッキリ理解!

拝承(はいしょう):謹んで承(うけたまわ)ること

非常に敬意の高い表現です。ビジネスシーンにおいて多く使われます。

「拝承(はいしょう)」の意味を詳しく

「拝承(はいしょう)」は、謹んで承(うけたまわ)ることという意味です。

日立製作所を中心とした日立グループで頻繁に使われることから「日立用語」と言われることもあります。

「拝承(はいしょう)」の使い方

  1. 面談日程変更の件、拝承しました。
  2. 貴信(きしん)拝承しました。
  3. プロジェクトに関するご依頼拝承致しました。

①の例文は、相手の連絡をたしかに受け取ったということを表しています。

②の例文は、相手からの手紙やメールを受け取ったことを表しています。

③の例文は、相手からの依頼を受け取ったことを表しています。「拝承致しました」という表現は厳密には二重敬語ですが、慣用表現として使われています。

「拝承(はいしょう)」の語源

「拝承(はいしょう)」は、用いられている漢字に注目すると、語源から意味を理解できます。

「拝承」の漢字の意味はそれぞれ以下の通りです。

「拝承」の漢字の意味
  • :体をかがめて敬意を表す、おじぎをする
  • :うけたまわる、他人の意図を受け入れる

この二つの漢字を組み合わせて「拝承」は「謹んで承(うけたまわ)ること」という意味で使われるようになりました。

「拝承(はいしょう)」の類義語

「拝承(はいしょう)」には以下のような類義語があります。

  • 承諾:他人の依頼や要求を引き受けること
  • 承知:聞き入れること
  • 了解:理解すること
  • 了承:事情をくんで納得すること
  • 同意:相手と同じ考えであることを意思表示すること
相手の要求を受け入れることを表す敬語表現はたくさんありますが「拝承」は、その中でも特に敬意の高い表現です。状況に応じた使い分けをしましょう。

社会人なら知っておきたい「了解」「了承」「承知」「承諾」の違い

「拝承(はいしょう)」の対義語

「拝承(はいしょう)」には以下のような対義語があります。

  • 拝送(はいそう):送付することを表す謙譲語

「拝承」が「受け入れること」であるのに対し「拝送」は「送付すること」を表す謙譲語です。目上の方やお客さんにメールや手紙を送る際に使います。

「拝承(はいしょう)」の英語訳

「拝承(はいしょう)」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • being informed
    (拝承)
  • understanding
    (了解)
  • I get it
    (わかった)

“being informed” が比較的敬意の高い表現であるのに対し、 “understanding” や “I get it” は日常会話でも使うことのできるくだけた表現です。

その他の日立用語

日本を代表する電機メーカー日立では、独自の文化や用語が根付いています。

中でも、一般的にはあまり使わないが日立グループで頻繁に使う言葉を「日立用語」と呼びます。「拝承」も日立用語のひとつです。ここでは、その他の日立用語を紹介します。

その他の日立用語
  • 毎々
  • 「~を頂きたく」「~致したく」「~をお願いしたく」「~を使用したく」で文章が終わる。

まとめ

以上、この記事では「拝承(はいしょう)」について解説しました。

読み方拝承(はいしょう)
意味謹んで承(うけたまわ)ること
語源拝(体を曲げて敬意を表す) + 承(他人の意図を受け入れること)
類義語承諾、承知、了解、了承、同意など
対義語拝送(はいそう)など
英語訳being informed、understanding、I get it

社会に出ると敬語を正しく使うことが求められます。今回紹介した「拝承」には、似た意味の敬語がたくさんあります。状況に応じて使い分けられるようになるといいですね。