「拝見(はいけん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「拝見(はいけん)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「拝見」の意味をスッキリ理解!

拝見(はいけん):自分が見る行為をへりくだって言うこと

「拝見」の意味を詳しく

「拝見」とは、自分が見る行為をへりくだって言うことです。メールや手紙、資料などを見たことを目上の相手に伝える際に使います。

「拝見」は「見る」の謙譲語なので、自分自身の行為をへりくだって言うときに使います。そのため、相手の「見る」という行為に対して「拝見」を用いることは、目上の相手でも目下の相手でも失礼に当たるので注意しましょう。

目上の人の「見る」行為に対して敬語を使いたい場合は、尊敬語の「ご覧になる」が正しい表現です。見て欲しいとお願いする際には「ご覧ください」と言います。

「拝見」の使い方

  1. 入館証を拝見しますので、お手元にご準備ください。
  2. 先日いただいた企画書を拝見しました。
  3. とても話題になっている作品なのでぜひ拝見したいです。
  4. 本人確認のため、お顔を拝見してもよろしいですか。

「拝見」はメールや資料などの文書を確認することを伝えるために使います。謙譲語なので、「見た」ことを伝える相手は、会社の上司や取引先の相手など自分より上の立場の人です。

「拝見します」は、今後「見る」予定であることをあらかじめ伝える際に使います。

「拝見しました」は、過去に自分が「見た」ことを伝える際に使われる丁寧な表現です。ビジネスのシーンにおいて、会話の前にあらかじめ送られてきていたメールや資料などを読んでおいた場面で使われることが多いです。

「拝見したい」は何か文書を見たいとき、相手にお願いをする際に使います。丁寧に相手にお願いをするときには「拝見してもよろしいでしょうか」と尋ねましょう。

 

誤用:「拝見」の二重敬語に注意

「拝見いたします」「拝見させていただきます」は二重敬語にあたり、誤った使い方です。 ついつい敬語表現にしようとして二重敬語を使ってしまう場合があるので注意が必要です。

「拝見」は謙譲語の1つです。「いたす」は「する」の謙譲語で、「させていただく」は動詞の連体形につながる補助動詞の謙譲語です。どちらも謙譲語が2つくっついた二重敬語になっています。

ただし、現在では「拝見いたします」「拝見させていただきます」が一般化されており、定着してきている表現であります。多用はしないほうがいいですが、相手が不快に感じない程度であれば使用しても問題ないと言えます。

「拝見」の語源

「拝見」を構成する漢字の意味は、それぞれ以下の通りです。

  • :謹んで
  • :見る

「拝」は相手を上げて敬意を示す言葉です。「拝聴」などの言葉にも同じように使われています。

「拝見」の類義語

「拝見」には以下のような類義語があります。

  • 拝読:読むことをへりくだって言うこと
  • 観覧:見物する、眺めること
  • 閲覧:書類などを調べようと読むこと
  • 確認:確かにそうだと認めること
  • 査収:よく確認した上で受け取ること
「拝見」と「拝読」の違い
  • 拝読:文章を読むことに対してのみ使用可
  • 拝見:文字で書かれた文章だけでなく、絵や図、表などに対しても使用可
「拝見」よりも「拝読」のほうがじっくりと目を通して読んだことが伝わりやすい表現です。

「拝見」の英語訳

「拝見」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • take a look at
    (見る)
  • see
    (見る)
  • confirm
    (確認する)

英語に敬語表現は存在しないので、「見る」を英訳すると “see” や “take a look at” になります。「拝見」を資料を確認するという意味合いで用いる場合には “confirm” などと訳すこともできます。

「拝」のつく敬語表現

「拝見」の他にも「謹んで」の意味をもつ「拝」の漢字を用いた表現の例は以下が挙げられます。

  • 拝聴:つつしんで聞くこと
  • 拝読:つつしんで読むこと
  • 拝受:つつしんで受け取ること
  • 拝謁:つつしんでお目にかかること
  • 拝覧:つつしんで見ること

まとめ

以上、この記事では「拝見」について解説しました。

読み方拝見(はいけん)
意味自分が見る行為をへりくだって言うこと
語源「謹んで」「見る」という意味の漢字から
類義語拝読、観覧、閲覧など
英語訳take a look at, see, confirm

「拝見」は敬語表現なので、使い方に注意する必要があります。正しい使い方を今一度確認しましょう。