四字熟語「剛毅果断(ごうきかだん)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「剛毅果断(ごうきかだん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「剛毅果断」の意味をスッキリ理解!

剛毅果断(ごうきかだん):意志がしっかりとしていて、思い切って事を行うこと。

「剛毅果断」の意味を詳しく

「剛毅果断」は「剛毅」と「果断」という2つの語句から構成されています。

「剛毅」は、「こわい」「つよい」という意味の「剛」と、「意志がつよい」「思い切りがよい」という意味の「毅」という2つの漢字から成り立っています。つまり「剛毅」は、「強い意志を持っていて、思い切りがよいこと」を意味します。

「果断」は、「果物を断つ」と訓読することができます。木が弱って果物が不味くなってしまうことを防ぐために、思い切って果物を断つことを表す言葉です。そこから、「大胆な決断をすること」「思い切った行動をすること」を意味するようになりました。

 

したがって、これら2つの単語が合わさってできた「剛毅果断」は、強い意志を持って、思い切って事を行うことを意味します。

スポンサードリンク

「剛毅果断」の使い方

  1. 彼の上司は皆から慕われているが、その要因が何と言ってもその剛毅果断な決断力だろう。
  2. 自分の立場や名声を守ることも大事だが、時には剛毅果断に攻めてみることも必要だ。
  3. 世の中には答えがないことばかりなので、ずっと考えていないで剛毅果断に行動してみることが重要だ。
  4. 指示を与える側に自信がなかったら、指示を受ける側は不安になってしまう。剛毅果断に指示をすることが部下のためだ。
  5. 迷っているときには、剛毅果断なアドバイスをくれる人のもとを訪れるのが一番だ。

「剛毅果断」の類義語

剛毅果断には以下のような類義語があります。

  • 勇猛果敢(ゆうもうかかん):危険や困難を恐れることなく、勇気をもって思い切りよく決断をして行動すること。
  • 勇猛果断(ゆうもうかだん):勇気をもって思い切りよく決断して行動すること。
  • 勇猛精進(ゆうもうしょうじん):勇気をもって精力的に物事に取り組んでいくこと。
  • 進取果敢(しんしゅかかん):決断力をもって積極的に取り組み、失敗を恐れることなく行動すること。

「剛毅」に似た言葉に「勇猛」があります。

スポンサードリンク

「剛毅果断」の対義語

剛毅果断には以下のような対義語があります。

  • 優柔不断(ゆうじゅうふだん):気が弱く思い切り決断できないこと。
  • 右顧左眄(うこさべん):周囲の状況を気にして、自分の態度をなかなか決められないこと。
  • 意志薄弱(いしはくじゃく):物事を最後までやりとげようとする気持ちや、自分で決断を下そうとする気持ちに欠けること。
  • 薄志弱行(はくしじゃっこう):意志が弱く、決断することができないこと。

「剛毅果断」の英語訳

剛毅果断を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • dauntless and decisive; with fortitude and resolution

    (毅然とした決意を持ち、豪胆で決断力のある)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「剛毅果断」について解説しました。

読み方剛毅果断(ごうきかだん)
意味意志がしっかりとしていて、思い切って事を行うこと。
類義語勇猛果敢(ゆうもうかかん)、勇猛果断(ゆうもうかだん)、勇猛精進(ゆうもうしょうじん)、進取果敢(しんしゅかかん)など
対義語優柔不断(ゆうじゅうふだん)、右顧左眄(うこさべん)、意志薄弱(いしはくじゃく)、薄志弱行(はくしじゃっこう)など
英語訳dauntless and decisive; with fortitude and resolution(毅然とした決意を持ち、豪胆で決断力のある)

「剛毅果断」な人物が必要な場面は、前例がなく答えがない問題に直面したときです。こうした状況では、どれだけ情報を集めても、どれだけ悩んでも答えは出ません。最適だと思う選択肢を選んでやってみるほかありません。

しかし、こうした状況で決断し実行できる人はそう多くはありません。皆失敗を恐れ、責任を逃れたいものです。

 

近年急速にAIが発達し、計算や事務処理は人間がやる必要のない時代がすぐにやってきます。しかし、AIは前例のない答えのない問題を解くことは苦手です。

AIに出来ない仕事をしたいと望むのならば、責任を負って思い切って決断することができる「剛毅果断」な人間になることが重要です。

スポンサードリンク