四字熟語「勇猛果敢(ゆうもうかかん)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「勇猛果敢(ゆうもうかかん)」です。

言葉の意味・使い方・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「勇猛果敢」の意味をスッキリ理解!

勇猛果敢(ゆうもうかかん):勇ましく、高い決断力と意思を持ちながら物事を実行すること

「勇猛果敢」の意味を詳しく

「勇猛果敢」は、ある物事に対して、一度決めたらとことん取り組んでいくという非常に勇ましい様子を表す四字熟語です。「勇」は勇気などに用いられる漢字で、勇ましいという意味です。

「猛」は猛者などに使われる漢字で、とても勢いがある様子を表しています。つまり、「勇猛」は勇ましてくて勢いのある様子を表しています。

そして、「果」は結果に用いられる漢字です。ある原因によって起こる出来事を表しています。「敢」は敢結果をあまり考えずに取り組む姿勢を表しています。「果敢」は、大胆であるという意味です。

これらの熟語が集まって、「勇猛果敢」の意味になるのです。

スポンサードリンク

「勇猛果敢」の使い方

  1. サッカー日本代表の戦いぶりは、勇猛果敢だった。
  2. 彼は勇猛果敢に友達に告白した。
  3. リスクを恐れず、勇猛果敢に起業という夢に挑戦する。

①の例文は、スポーツの日本代表を表した例文です。戦いや試合で、そのチームに勢いがあり、勇ましい様子な場合は「勇猛果敢」であると言えます。ぜひ覚えて使ってみると役に立ちます。

②の例文は、恋愛に関する例文です。自分のことを好きではないと分かっていても、抑えきれない想いが恋愛にはあります。例えば、相手に告白したとしても、受け入れてもらえる確率は0に近いとします。

しかし、それでも思い切って想いを伝える人もいます。このように、うまくいきそうになくても高い決断力を持って行動する様子を「勇猛果敢」と表現するのです。

 

③の例文は、起業家の気持ちを表した例文です。全国の大学生は大学の4年生になると就職活動を始めます。企業に就職すると比較的安定した生活を送れるからです。しかしながら、その安定性を投げ出してでも自分のやりたいことをやろうとする人たちもいます。

もしかしたら大学在学中に起業を行うかもしれませんし、企業での勤めを辞めて起業する人もいます。いずれにせよ、みんなと同じように企業で働いていれば将来安定でした。

 

起業したからといって、すべての事業が上手く行くとも限りませんね。それにも関わらず、起業という道を選ぶのはまさに「勇猛果敢」です。

起業した結果がどうであれ、会社を辞めて事業を始めるという高い決断力を持って行動する様子はとても勇ましいです。「勇猛果敢」はこのように、ビジネスの経歴を表すときにも使える四字熟語なのですね。この使い方を覚えているときっと役に立ちます。

「勇猛果敢」の英語訳

「勇猛果敢」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • bravely
    (勇敢に)
  • daring
    (大胆な)

「勇猛果敢」は英語の場合、副詞一語で表せます。bravelyは勇敢にという意味を持つ英単語ですが、使用頻度は高いです。例えば “He fight against enemy bravely. (彼は勇敢に敵と闘う)” というように、文の中に挿入すればすぐに使えます。

四字熟語を英訳するとフレーズになる場合が多いですが、「勇猛果敢」は簡単な英語に置き換えることが可能なわけです。英作文にも応用できるので、この単語もぜひ覚えておくとようでしょう。

 

daringは、大胆なという意味を持った英単語です。daring actと表記すれば、大胆な行動という意味になります。また、その助動詞にdareがあります。思い切って何かをするという意味です。

この用法と意味がよく分かる例文に、How dare you talk to meというものがあります。「よくもそのような口を聞けたな」という意味で、海外ドラマなどでよく使われます。

直訳で「それほど口を聞く勇気がある」ということなので、勇気があるという意味が皮肉の意味で使われていることが分かりますね。こちらも合わせて覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「勇猛果敢」について解説しました。

読み方勇猛果敢(ゆうもうかかん)
意味非常に勇ましく、高い決断力と意思を持ちながら物事を実行すること
英語訳bravely(勇敢に)、daring(大胆な)

「勇猛果敢」は、日常生活ではあまり使いません。しかしながら、歴史上には「勇猛果敢」な人が多かったのです。明治時代以降、日本が発展してきたのは、「勇猛果敢」な先人たちのおかげです。こういった「勇猛果敢」な姿を私たちも見習うべきです。

そのためにも、まずはこの記事で、「勇猛果敢」についてしっかりと理解を深めて、きちんと日常でも使用することができる人になりましょう。

スポンサードリンク