「誤字(ごじ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「誤字(ごじ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「誤字」の意味をスッキリ理解!

誤字(ごじ):誤って書かれた、正しくない文字

「誤字」の意味を詳しく

誤字とは、誤って書かれた正しくない字のことです。

たとえば、「よろしくお願い致します」と書くところを「よろしくお願い至します」と書いたり、「完璧」の「璧」を「壁」と書いたりすることは、誤字だと言えます。

手書きの文字だけでなく、パソコンやスマートフォンで打ち込まれた漢字の誤変換も、誤字の一つです。

スポンサードリンク

「誤字」の使い方

  1. 履歴書を書く際は、誤字に十分注意すべきだ。
  2. 作成した資料に誤字が多いと、社会人として常識を疑われかねない。
  3. 校正の仕事は、誤字脱字を見つけたり、表現の間違いを見つけたりすることだ。

「誤字」の類義語

誤字には以下のような類義語があります。

  • 誤記(ごき):文字を入れ替えてしまったり、脱落させてしまったりすることで起きる書き誤り
  • 誤植(ごしょく):印刷された物における文字や記号の誤り
  • 脱字(だつじ):書き落とした字

誤記は、誤表記とも言います。

脱字は、誤字と合わせて「誤字脱字」という表現をすることもあります。

スポンサードリンク

「誤字」の対義語

誤字には以下のような対義語があります。

  • 正字(せいじ):正しい書き方をした漢字

「誤字」の英語訳

誤字を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • erratum
    (誤字、正誤表)
  • illiteracy
    (誤字)
  • typo
    (誤字、タイプミス)

“erratum” の意味の一つである正誤表とは、印刷物になってから誤字などが見つかった場合、その箇所をまとめた表のことです。

“illiteracy” は、「読み書きの能力」という意味を持つ “literacy” の対義語です。“typo” には「誤字」のほかに、「非識字率」という意味もあります。「非識字率」とは、15歳以上の人口のうち、生活に必要な読み書きの能力がない人の割合のことです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「誤字」について解説しました。

読み方 誤字(ごじ)
意味 誤って書かれた、正しくない文字
類義語 誤記、誤植、脱字
対義語 正字
英語訳 erratum(誤字),illiteracy(誤字),typo(誤字、タイプミス)

コンピュータが発達し、手書きで文章を書くことが珍しくなって久しい現代ですが、どちらの場合でも「誤字」はつきものです。注意をしながら書くことはもちろんですが、綴(つづ)ろうとする言葉の意味を考えながら書くようにすると、「誤字」を減らせるでしょう。

スポンサードリンク