「泡沫(ほうまつ・うたかた)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「泡沫」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「泡沫」の意味をスッキリ理解!

泡沫(ほうまつ・うたかた):水面に浮かぶ泡 ・はかなく消えやすいもののたとえ

「泡沫」の意味を詳しく

「泡沫」の意味は、「水面に浮かぶ泡 ・はかなく消えやすいもののたとえ」です。

意味が上のふたつに分かれており、どちらの意味で使われているかによって漢字の読み方が異なります。それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

「水面に浮かぶ泡」という意味

「泡沫」のひとつ目の意味は「水面に浮かぶ泡」です。この場合は、「ほうまつ」と読みます。

「泡」とは、「液体が空気を包んでできた玉」のことです。「泡」は、「あわ」とも「あぶく」とも読みます。石鹸や洗剤のもこもこした泡ではなく、「空気が水に浮かんでできる玉」などを指します。

「はかなく消えやすいもののたとえ」という意味

「泡沫」のふたつ目の意味は、「はかなく消えやすいもののたとえ」です。この場合は「うたかた」と読みます。

「水面に浮かぶ泡」がすぐに消えてしまうことから、こちらの意味が生まれました。

「すぐに消えてしまうもの」や「趣があるもの」を表すときに使われています。

「泡沫」の使い方

  1. 池の鯉が吐き出した空気が泡沫となって浮かんできた。
  2. ジュースを勢いよくグラスに注ぐと、たくさんの泡沫ができた。
  3. 彼との時間は泡沫のように終わってしまった。
  4. 命は泡沫の存在であるのだと、あらためて思い知った。

➊➋の「泡沫」は「ほうまつ」と読み、「水面に浮かぶ泡」という意味で使われています。

➌➍の「泡沫」は「うたかた」と読み、「はかなく消えやすいもののたとえ」として使われています。

「泡沫の○○」と後ろに名詞を置く形か、「泡沫のように」という形で使われることが多いです。

「泡沫」の語源

「泡沫」のそれぞれの漢字には、以下の意味があります。

  • :液体が空気を包んでできた玉・あわ・あぶく
  • :水のあわ・水のほとばしり・水しぶき

「泡」も「沫」も「あわ」という意味がある漢字だとわかります。同じ意味の漢字を2回重ねて構成されている熟語です。

また、水のあわはすぐに消えてしまうことから、「すぐに消えてしまうはかないもの」というたとえに使われるようになりました。

また、このたとえの場合の読み方である「うたかた」の由来は以下のように複数の説があります。

  1. 浮玉形(うくたまかた)が略されたもの
  2. 浮きて得難きもの(うきてえがたきもの)が略されたもの
  3. わがた(輪型)の「わ」が「うた」に変化したもの
  4. 空形(うつかた)が変化したもの

「泡沫」の類義語

「泡沫」には以下のような類義語があります。

  • 水泡:水のあぶく・苦労や努力が無駄に終わることのたとえ
  • 仮初め(かりそめ):うつろいやすいこと・一時的なもののたとえ
  • かげろう:はかないもののたとえ
  • 夢幻泡影(むげんほうよう):はかないもののたとえ

これらはすべて「はかないもの」という意味の「泡沫」の類義語です。

「泡沫」の対義語

「泡沫」には以下のような対義語があります。

  • 不滅:滅びないこと・なくならないこと
  • 永久(えいきゅう・とわ):果てしなく続くこと

これらはすべて「はかないもの」という意味の「泡沫」の対義語です。

「泡沫」の英語訳

「泡沫」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • bubbles floating on the surface of the water
    (水面に浮かぶ泡)
  • Ephemeral
    (はかないもの)

まとめ

以上、この記事では「泡沫」について解説しました。

読み方泡沫(ほうまつ・うたかた)
意味水面に浮かぶ泡 ・はかなく消えやすいもののたとえ
語源「あわ」「あぶく」を表す漢字から
類義語水泡、仮初め、かげろう、夢幻泡影
対義語不滅、永久
英語訳bubbles floating on the surface of the water(水面に浮かぶ泡)
Ephemeral(はかないもの)

読み方の違いに注意して使いましょう。