「ブラッシュアップ」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ブラッシュアップ」です。

「ブラッシュアップ」の意味、使い方、語源、類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ブラッシュアップ」とは?

ブラッシュアップ(brush-up):磨き上げること

「ブラッシュアップ」の意味を詳しく

「ブラッシュアップ」とは、磨き上げることです。

単に磨き上げることと言っても、掃除をすることやブラシを使ってものを磨くという意味ではありません。本来持っている技術や能力にさらに磨きをかけて質を高めるという意味で用いられます。

したがって、1から物事を始める時にこの言葉を用いることはありません。また、「ブラッシュアップ」はビジネスシーンでよく使用されます。

スポンサードリンク

「ブラッシュアップ」の使い方

  1. 昨日、会社の会議で話し合ったいくつかの案をブラッシュアップする。
  2. この提案は手応えがあるので、さらにブラッシュアップを図る。
  3. 今日学校で学んだことを忘れないようにブラッシュアップする。

上の例文のように、文中では「ブラッシュアップ」に続いて「する」や「図る」などの言葉が用いられます。

①のブラッシュアップは、さらに磨きをかけるという意味を表しています。つまり、会議で出た提案のネガティブな要素を見直し、もとの提案よりもさらに良い提案にすること、という意味になります。

②のブラッシュアップも、①と同様に「もとあるものに磨きをかける」という意味で用いられています。

③の場合は、「復習する」という意味を表しています。例えば、新しい英語の文法を学校で習ったので忘れないように家に帰って復習すると同様の意味で用いられます。

「ブラッシュアップ」の語源

ブラッシュアップの語源は英語の brush-upです。

英語のbrush-upは「ブラシをかける」や「身だしなみを整える」などの意味を持ち、「衰えていたことに磨きをかけて取り戻す」といった意味で用いられます。英語の意味とビジネスシーンで用いられる意味は違うので注意が必要です。

スポンサードリンク

「ブラッシュアップ」の類義語

ブラッシュアップには以下のような類義語があります。

  • スキルアップ:腕前を磨くこと
  • 向上:良い方向に向かうために努力すること
  • 改良:欠点を見つけ、改めること

「スキルアップ」は新しい技術を身につけ、腕前を磨くことを意味しています。たとえば、「すでに英検2級を取得しているので、英検1級を取得しスキルアップする」というように用いられます。すでに持っているものにさらに磨きをかけるという意味でブラッシュアップと似ていますね。

「向上」は良い方向に向かって努力することをいいます。「向上心を強く持って行動する」というようにブラッシュアップの「磨きをかける」という意味に加えて「努力する」というニュアンスがあります。

「改良」は物事のを見つめ直し欠点を改め改善するという意味です。文中では「このヒット商品は改良に改良を重ねて作られた。」というように用いられます。商品の欠点を見つけて改善するという作業を繰り返して作り上げたという意味です。

上記3つの言葉はどれも「良い方向に向かう」というポジティブな共通点がありますね。

まとめ

以上、この記事では「ブラッシュアップ」について解説しました。

英語表記ブラッシュアップ(brush-up)
意味磨き上げること
語源英語の brush-up
類義語スキルアップ、向上、改良など

ブラッシュアップの意味を正しく理解できたでしょうか。ブラッシュアップの意味には、本来の英語の意味とビジネスシーンでよく使われるカタカナ語の意味に違いがあるので、気をつけましょう。特に、英語で行われる会議の場合は日本語と英語の意味が混じり合わないように要注意です。

スポンサードリンク