ネット用語「微レ存」の意味と使い方をわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「微レ存(びれぞん)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語についてわかりやすく解説します。

「微レ存」の意味をスッキリ理解!

微レ存(びれぞん):微粒子レベルで存在している

「微レ存」の意味を詳しく

「微レ存」とは、微粒子レベルで存在しているという意味のネットスラングです。「微粒子」「レベル」「存在している」の3つの言葉の頭文字を取った略語です。

可能性はないに等しいが、ゼロではないという意味です。つまり、ほんの僅かな可能性があるということです。

元が「微粒子レベルで存在している」という文章であるため、「びれぞん」ではなく「びれそん」と読む人もいますが、主流なのは「びれぞん」です。

また、「微」を「微粒子」ではなく「微妙」の略だと捉え、「微妙なレベルで存在している」という意味で使われることもあるようですが、これは誤用です

「微レ存」の使い方

  1. 遅刻の可能性が微レ存…?
  2. まだ諦めるのは早い、成功する可能性も微レ存
  3. 残業の可能性が微レ存

どの例文でも僅かな可能性を表現するために「微レ存」を使用していますね。何らかの可能性が低い場面で使うようにすれば、誤用は避けられます。

①では語尾にクエスチョンマークをつけて使用していますが、この使い方は次のトピックでご紹介する「微レ存」の由来に関係があります。

また、2017年頃に「微レ存ちえみ」という派生が流行したこともあります。これは、「ブルゾンちえみ」さんというお笑い芸人の「ブルゾン」という言葉の響きが「微レ存」と似ているため、使われていたと考えられます。

「微レ存」の由来

「微レ存」の由来にはいくつか説がありますが、ここでは有力とされている説をご紹介します。

インターネット掲示板2ちゃんねるの就職トピック、もしくはガイドライントピックにて、「真夏の夜の淫夢」という映像作品の話題になりました。

その感想を語り合う過程で、「~が微レ存」という書き込みに対し、「~が微粒子レベルで存在している…?」という略語を理解した完璧なレスポンスがされたことで、この意味と略語が定着したようです。

それが作品のトピックでも流行して書き込まれるようになり、さまざまな変化を経て「微レ存」という略語としてインターネットやSNS上で幅広く使われるようになったようです。

 

元が疑問系で使われていたため、クエスチョンマークと併せて使うのが望ましいとする人もいます。

「微レ存」の類義語

「微レ存」には以下のような類義語があります。

「微レ存」はネットスラングであるため、正確な類義語はありませんが、似たような意味で使うことができる言葉をご紹介します。

  • ワンチャン:もしかしたら、ひょっとしたら。one chanceの略語。

こちらの「ワンチャン」は若者言葉で、「僅かに可能性がある」という状況で使う言葉です。語源は麻雀用語ですが、one chanceの略語として使われています。

「微レ存」よりもポジティブな印象で使われることが多いですが、類義語として使える場面もあるでしょう。

「微レ存」の対義語

「微レ存」には以下のような対義語があります。

  • 巨レ存:可能性が高いこと。

こちらは、単純に「微」の対義語として「巨」を用いているだけであるため、何らかの文章の略語だという訳ではありません。「微レ存」の意味が周囲にわかる状況であれば使うことができるでしょう。

まとめ

以上、この記事では「微レ存」について解説しました。

読み方微レ存(びれぞん)
意味(可能性などが)微粒子レベルで存在していること
由来2ちゃんねるの書き込み
類義語ワンチャン など
対義語巨レ存 など

「微レ存」は、表現自体は独特ですが、さまざまな場面で使える意味を持っています。「微レ存」の意味を正しく理解し、適切な場面で使えるといいですね。