「吃驚(びっくり・きっきょう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「吃驚(びっくり・きっきょう)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「吃驚」の意味をスッキリ理解!

吃驚(びっくり・きっきょう):驚くこと、またはわずかに動く様子のこと

「吃驚」の意味を詳しく

「吃驚」には、以下の2つの意味があります。

「吃驚」の意味
  1. 驚くこと
  2. わずかに動く様子
それぞれの意味について、詳しく見ていきましょう。

意味①:驚くこと

「吃驚」の1つめの意味は、「驚くこと」です。

こちらの意味は、「びっくり」と読む場合も「きっきょう」と読む場合も共通しています。事柄の良し悪しに関係なく使うことができます。

たとえば、「びっくりした」は、驚いた表現として老若男女ともによく使います。これを漢字で書くと「吃驚した」になります。なお、漢字で書くことはあまりありません。

意味②:わずかに動く様子

「吃驚」の2つめの意味は、「わずかに動く様子」です。

この意味を持つのは、「びっくり」という読み方のときのみです。多くの場合、否定語を伴います。

類語に「びくり」があります。たとえば「びくりともしない」の代わりに、「吃驚(びっくり)ともしない」と書くことができます。

 

「吃驚」を構成する漢字は、それぞれ訓読みすると以下のような意味になります。

「吃驚」の漢字の意味
  • 吃る:どもる
  • 驚く:おどろく
このように、「吃驚」は驚いて声も出ない様子や、驚いて声を飲み込む様子を表しています。
なお、まれに「喫驚(びっくり・きっきょう)」と書くこともあります。「吃」は常用漢字ではありませんが、「喫」は常用漢字であるため、公文書などで使う場合は「喫驚」または「びっくり」が望ましいです。意味の違いはありません。

「吃驚」の使い方

「吃驚」には、以下のような言い回しがあります。

「吃驚」の言い回し
  • 吃驚(びっくり)する
  • 吃驚仰天(びっくりぎょうてん)
このように、「吃驚」を使う場合、基本的には「びっくり」と読みます。

それぞれの言い回しについて、詳しく見ていきましょう。

「吃驚する」の使い方

「吃驚する」とは、「突然のことや意外なことに驚く」という意味です。

漢字で書くと知らない単語のように見えますが、「びっくりする」自体は日常的にも頻繁に使う言葉でしょう。

例文
後ろから突然叫び声が聞こえて、私は非常に吃驚した

「吃驚仰天」の使い方

「吃驚仰天」とは、「ものすごく驚くこと」という意味です。

こちらも「びっくり仰天」または「びっくりぎょうてん」という表記であれば、馴染みがある人が多いでしょう。番組や本のタイトルになることもある言い回しです。

例文
16歳のいとこが結婚するなんて、吃驚仰天だ。

「吃驚」の語源

「吃驚」は、もとは中国の熟語です。「びっくり」という単語に、同じ「驚く」という意味の中国の熟語を当て字したため、「吃驚」が「びっくり」と読まれるようになりました。

その「びっくり」の由来は「びくり」からきています。驚いて体を少し揺らす様子を表す「びくり」が、次第に「びっくり」という単語に変化し、驚くことそのものを意味するようになりました。

「びっくり」の由来として、第一次世界大戦でドイツが負けた際に、徳島の捕虜収容所にてドイツ人捕虜が “Wirklich(ブィルクリッヒ)” と口々に叫んだのが始まりだという説もかつて唱えられていました。 “Wirklich” は「本当に」という意味です。

しかし、第一次世界大戦よりもっと前に「びっくり」という単語が存在していることがわかっているため、この説は誤りとされています。

「吃驚」の類義語

「吃驚」には以下のような類義語があります。

  • 驚く:予期していなかったことを体験したときに起こる感情
  • 驚愕(きょうがく):非常に驚くこと
  • 驚嘆(きょうたん):驚いて感心すること
  • 仰天(ぎょうてん):非常に驚くこと
  • 一驚(いっきょう):驚くこと
  • 震撼:震え上がるほど驚くこと
  • 卒爾(そつじ):予期していないことが突然起こること
  • 意表:全く考えていなかったこと
  • 腰を抜かす:驚きのために立ち上がれなくなること
  • 目を見張る:驚きなどの感情に目を見開くこと
  • おったまげる:非常に驚くこと
  • 茫然自失(ぼうぜんじしつ):呆気に取られて我を忘れること
  • 顔面蒼白(がんめんそうはく):動揺して顔色が青くなること
  • 瞠弱驚嘆(どうじゃくきょうたん):素晴らしい出来事などに驚いて目を見開くこと
  • 驚天動地(きょうてんどうち):世間を非常に驚かせること

「吃驚」と「驚愕」の違い

「吃驚」と「驚愕」には、以下の違いがあります。

  • 吃驚:驚くこと
  • 驚愕:非常に驚くこと
「驚愕」よりも「吃驚」の方が驚きの度合いが軽いです。

「吃驚」と「驚嘆」の違い

「吃驚」と「驚嘆」には、以下の違いがあります。

  • 吃驚:驚くこと
  • 驚嘆:驚いて感心すること
「驚嘆」には感心のニュアンスが必ず含まれますが、「吃驚」はどちらにでも使えます。

「吃驚する」と「驚く」の違い

「吃驚する」と「驚く」には、以下の違いがあります。

  • 吃驚する:主観的
  • 驚く:客観的
「吃驚する」は主観的なニュアンスが強いため、あまり人間以外には使いませんが、「驚く」は客観的なニュアンスが強いため、犬などの生物にも使います。

 

関連:「吃驚仰天」の類義語

吃驚仰天には、以下のような類義語があります。

  • 茫然自失:呆気に取られて我を忘れること
  • 顔面蒼白:動揺して顔色が青くなること
  • 驚天動地:世間を非常に驚かせること
それぞれ、表している状況が違うため、注意が必要です。

「吃驚」の英語訳

「吃驚」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • get surprised
    (驚く)
  • be surprised
    (驚く)
  • be scared of〜
    (〜が怖い)
  • scary
    (怖い)
  • spook
    (びっくりする)
  • what a surprise
    (びっくりした)

まとめ

以上、この記事では「吃驚」について解説しました。

読み方吃驚(びっくり・きっきょう)
意味驚くこと、またはわずかに動く様子
語源わずかに動く様子を表す語「びくり」から
類義語驚嘆、驚愕、震撼など
英語訳be surprised(驚く)など

漢字で書かれることはあまりありませんが、実際には馴染みの深い単語です。

ABOUT US

Rie
Rie
日英バイリンガル東大生。 10年間小説を書き続けているため、文章力には自信があります。 いくつかの小説投稿サイトで掲載/連載している他、教育系NPOでもライターをしています。