ことわざ「会うは別れの始め」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「会うは別れの始め(あうはわかれのはじめ)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「会うは別れの始め」の意味をスッキリ理解!

会うは別れの始め(あうはわかれのはじめ):出会った人とは、必ず別れなければならないということ。

「会うは別れの始め」の意味を詳しく

会うは別れの始めは、「出会った人とは、必ず別れなければならない」という意味です。この世での出会いは必ず別れをもたらすという、世の無常さを表すことわざです。

無常とは、「すべてのものは、生じたり変化したりして一定ではない」という仏教の教えの一つです。会うは別れの始めには、「別れはいつか必ず訪れるものであるから、別れがくるまでの時間を大切にしなさい」という意味も込められているのです。

ちなみに、「会う」は「逢う」とも書き、「逢うは別れの始め」とも表記します。

スポンサードリンク

「会うは別れの始め」の使い方

  1. 会うは別れの始めであるから、ひとつひとつの出会いを大事にしなければならない。
  2. 誰かと別れるのは寂しいが、会うは別れの始めと言うから、涙を流すのはもうやめよう。

「会うは別れの始め」の由来

仏教の教えが書かれている『法華経(ほっけきょう)』の中に、無常観を説明したものとして次のような文があります。「愛別離苦(あいべつりく)、是故会者定離(これゆええしゃじょうり)」。これは、「出会った者同士には、必ず別れが訪れるため、憂い(うれい)を抱いてはいけない」という意味です。

また、『遺教経(ゆいきょうぎょう)』にも「会う者は必ず離るることあり、憂悩(うのう)を抱くことなかれ」という記述があります。

また、白居易の詩集『和夢遊春詩一百韻』の中にも、「合者離之始(あうはわかれのはじめ)」という詩があります。

スポンサードリンク

「会うは別れの始め」の類義語

会うは別れの始めには以下のような類義語があります。

  • 会うは別れ(あうはわかれ)
  • 会うが別れの始め(あうがわかれのはじめ)
  • 会うは別れの基(あうはわかれのもと)
  • 別れなくして出会いなし(わかれなくしてであいなし)
  • 合わせ物は離れ物(あわせものははなれもの):合わせてつくったものは、いつか離れるということ。

上に挙げた類義語は、「合わせ物は離れ物」以外はすべて「出会った人とは、必ず別れなければならない」という意味です。

「合わせ物は離れ物」は、夫婦や男女の別れなどを表現する際に使います。

「会うは別れの始め」の英語訳

会うは別れの始めを英語に訳すと、次のような表現になります。

  • We never meet without a parting.
    (別れなくして出会いはない)
  • The best of friends must part.
    (出会いは別れの始まり)

“The best of friends must part.” は、直訳で「どんなに仲のよい友達でも別れる」という意味です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「会うは別れの始め」について解説しました。

読み方 会うは別れの始め(あうはわかれのはじめ)
意味 出会った人とは、必ず別れなければならないということ。
由来 『法華経』、『遺教経』、白居易『和夢遊春詩一百韻』
類義語 別れなくして出会いなし、合わせ物は離れ物など
英語訳 We never meet without a parting.(別れなくして出会いはない),The best of friends must part.(出会いは別れの始まり)

過去にこだわったり、後回しにしたりするのではなく、今を大事にしていきたいですね。

スポンサードリンク